Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

「及び」と「並びに」の使い分けは?意外な違いをわかりやすく解説!

   

「及び」と「並びに」は使い分けの必要な接続詞です。
特に、法律に出てくる「及び」と「並びに」は注意が必要!
法律用語では両者がきちんと使い分けられているからです。
ということで、今回は「及び」と「並びに」の使い分けを調べてみました。

スポンサードリンク

1.「及び」「並びに」の使い分けは?違いがあるの?


「及び」と「並びに」はどちらも、二つ以上の語句を並列的に結びつける接続詞、英語のandです。

しかし、この二つには違いがあります。

「及び」は前後に、同じレベル・同じ種類の言葉をつけます。

「A及びB」といったとき、AとBは同じレベル・同じ種類の言葉です。

一方の「並びに」では前後につく言葉は同じ種類ではありません

なので、両者の使い分けは以下の通り。

・A and B(りんごandみかん)→りんご及びみかん(どちらも果物)

・A,B and C(りんご、みかんandぶどう)→りんご、みかん及びぶどう(三者とも果物)

・A and B, and C(りんごandみかん、andピーマン)→りんご及びみかん、並びにピーマン(AとBは果物、Cは野菜)

・A,B and C, and D(りんご、みかんandぶどう、andピーマン)→りんご、みかん及びぶどう、並びにピーマン

「並びに」で前後をくっつけるときの前後のバランスは、「(A+B)+C」となります。

及び1

2.「又は」「若しくは」の使い分けは?違いはあるの?


ついでに、英語でいうところのorの接続詞、「又は」と「若しくは」の使い分けについてもまとめておきます。

こちらも法律用語ではきちんと使い分けられています。

「又は」と「若しくは」はどちらも選択的接続詞です。

「又は」は前後につく言葉は同じレベル、同じ種類です。

A又はBといったとき、A=Bです。

例)りんご又はみかん(りんごもみかんも果物)
例)りんご、みかん又はぶどう

「若しくは」は小さな選択的接続詞で、大きな選択的接続詞が「又は」です。

両者の使い分けは以下の通り。

・(A or B)or C→A若しくはB又はC(りんご若しくはみかん又はにんじん)
・(A,B or C) or (D or E)→A、B若しくはC又はD若しくはE(りんご、みかん若しくはぶどう又はにんじん若しくは大根)

このときの選択には制限があります。

まずは、「若しくは」のグループの中からそれぞれ選び、最後に「又は」の前後で洗濯します。

・りんご、みかん若しくはぶどう又はにんじん若しくは大根
①…りんご、みかん、ぶどうの中から選択
②…にんじん、大根の中から選択
③…①と②のうちどちらかを選択

例)①でりんご、②で大根を選択、最後にりんごを選択

及び2

まとめ


以上が、「及び」と「並びに」の使い分けや「又は」と「若しくは」の使い分けについてでした。

どちらも、無意識のうちに使い分けしているような気がしなくもない……でも、「どう使い分けているの?」と問われてもきちんと答えることができなかったので、やっぱり正確には理解できていなかったということでしょう。

この機に、両者の違いや使い分けをきちんと覚えたいと思いました。

スポンサードリンク

 - 暮らし・生活・雑学