Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

スペイン料理のアヒージョ!そのカロリーは?アヒージョを徹底調査!

   

スペイン料理、おいしいですよね。
エビやタコ、貝などの日本人が大好きな海鮮がたっぷり入っているし、ニンニクや鷹の爪、トマトなど日本人の舌に合う味付け・調理法も魅力!
私もスペイン料理は大好きです。
スペイン料理の定番といえば、「アヒージョ」というタパス(小皿料理)、スペイン料理のお店に行ったら必ず出てきますよね。
このアヒージョ、自宅で簡単に作れない?カロリーも気になる!
ということで、今回はスペイン料理のアヒージョについて調べてみました。

スポンサードリンク

1.スペイン料理のアヒージョとは?


「アヒージョ」とは、スペイン語で「ニンニク風味」という意味で、ニンニクや鷹の爪の風味をつけたオリーブオイルで野菜や海鮮などを煮込んだ料理です。

つまり、オイルの煮物ですね。

代表的なアヒージョの食材は、エビやタコ、牡蠣やアサリなどの貝、エスカルゴ、マッシュルームなどのキノコ類、ブロッコリーなどです。

私は、タコのアヒージョが好きです。

アヒージョの楽しみといえば、食材のうまみがたっぷり溶け込んだオイル!

このオイルをフランスパンにつけて食べると、もう……(/ω\)止まりません。

ワインととても合いますよね。

ただ、アヒージョを食べるときには食べ過ぎに要注意です。

オイルの煮物であるアヒージョはカロリーがとても高いです。

たとえば、エビのアヒージョの場合、1人分のカロリーは約330kcal、もしフランスパン2切れをつけると+45kcalで約375kcalになります。

アヒージョは、前菜の一つだと思いますが、それで約400kcal……太りますね(´;ω;`)ウッ…これに、メイン料理を食べて、最後にパエリアなんか食べちゃったときには、一般的な日本人の一日分の必要カロリーをオーバーしちゃいそうです。

では、どうしてアヒージョはこんなにカロリーが高いのか。

実は、アヒージョに入れる食材のエビやタコは低カロリーです。

エビのアヒージョの場合、1人分のエビのカロリーは90kcal程度です。

残りの約250kcalは全てオリーブオイルのカロリーです。

オリーブオイルは大さじ1(12g)あたり111kcal、一般的なアヒージョに使用されるオリーブオイルは1人前あたり大さじ2~3です。

なるほど、アヒージョは油(オリーブオイル)を食べる料理なんですね(^^;)

反対に言えば、エビやタコなどの具を食べるだけなら、それほどカロリーは高くありません。

ただ、アヒージョのオイルを残すことができる人がこの世の中にいるとは思えませんが(^^;)

私には無理、パンにつけて全部食べちゃいます。

スペイン料理のアヒージョ1

2.アヒージョの作り方とおいしい食べ方は?


アヒージョの基本的な作り方は、

①オリーブオイル(エキストラバージンオイル)にニンニクや鷹の爪の風味をつける

②食材を入れる

③95~100℃の温度を保ちながら、数分煮る

オリーブオイルは具が浸るくらいの量が必要です。

鍋や加熱容器の底が広すぎると、ちょっとやそっとのオリーブオイルでは足りないので、小さめの鍋や加熱容器を用意してください。

【スペイン製 耐熱 陶器製 アヒージョ鍋】

【片手アヒージョ 片手鍋 一人用 土鍋】

アヒージョではオリーブオイルの温度がポイントです。

高すぎると「煮る」ではなく「揚げる」、エビのから揚げができてしまうので、温度を上げすぎないように注意してください。

直火やオーブン、トースターでの作り方はこちら。

【直火】
簡単「アヒージョの作り方」Easy「Spanish Garlic Shrimp 」

【オーブン】
How to make Ajillo 熱々おつまみ!エビとマッシュルームのアヒージョの作り方

【トースター】
トースターだけで出来る簡単おしゃれレシピ!鯖のアヒージョ

アヒージョは冷めないうちに召し上がってください。

フランスパンも忘れずに用意してくださいね。

また、アヒージョのオイルが残ったときにはこちらのアレンジがおすすめ。

アヒージョの残りでバーニャカウダソースを作ってパスタにブチ込む料理

アヒージョの締めに♡タコのイタリアン炒飯|C CHANNEL レシピ

スペイン料理のアヒージョ2

まとめ


以上が、アヒージョのカロリーや作り方についてでした。

自宅で作れて、スペインのバル気分を味わえるアヒージョ!

とても簡単なので、ぜひ試してみてください。

食べ過ぎには注意してくださいね。

スポンサードリンク

 - 暮らし・生活・雑学