Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

映画は素晴らしい!「逃亡者」の人間どうしの駆引きは必見!

   

私の大好きな名作映画をご紹介します。今回は「逃亡者」です。頭の切れる者どうし、医者と保安官の駆引きとアクションは目が離せませんよ!

スポンサードリンク

映画の概要

キャット&マウス・ムービーという英語があります。これは、敵味方に分かれた主人公が迫いつ追われつをくりかえす映画のことです。『逃亡者』は、その典型といってもいい映画だと思います。

ただ、急いで断っておかなければならないことがあります。周知のとおり、この映画の主人公ドクター・キンブル(ハリソン・フォード)は、連邦保安官ジェ一ラード(トミー・リー・ジョーンズ)の執拗な追跡を受ける一方で、片腕が義手の男を地の果てまでも追いつめようとしているのです。

そう、妻をあやめたとの嫌疑を受け、護送中に脱走したキンブルは「追いながら追われ、追われなから追う」というニ重の逃亡生活を送っているのです。

監督のアンドリュー・デイヴィスは、この構造を映画の中心に据え、アクションシーンやスタント場面に工夫を凝らして観客を飽きさせません。

猫もネズミも頭が切れる

ハリウッドお得意のご都合主義や謎解きの凡庸さはやや気になりますが、全体のタイトな印象は一貫しているといっていいでしょう。

なにしろこの映画では、猫もネズミも頭が切れる上に口数が少なく、いざとなれば身体を張った勝負に出ることを厭わないのです。

ちなみにいうと、自分は観ていませんが、この映画の原型となったTVシリーズの『逃亡者』は、1960年代中盤に全米で、いや世界中で圧倒的な人気を博したそうです。放映期間は約4年間。

1967年8月29日に最終回が放映されたときなどは、なんと72パーセントという駕異的な高視聴率を叩き出したそうです。まあ、時代が時代ですから、現在とは比較にはならないと思いますが。



最後に

133分の映画ですが、まるで、目を離す隙がありません。名優ハリソン・フォードとトミー・リー・ジョンズの演技も素晴らしいです。トミー・リー・ジョンズは、コーヒーのCMでコミカルに宇宙人を演じていますが、この映画での演技は凄いですよ。

この映画は、1993年のアメリカ映画です。監督はアンドリュー・デイヴィス、脚本がジェブ・スチュアート、デヴィッド・トゥーヒーです。

おすすめです。ぜひ、DVDかブルーレイを購入して楽しんでみてください。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 映画