Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

豆乳の効果とは?男の髪に変化がでるの?豆乳の効果/効能を解説!

      2017/04/24

豆乳、飲んでいますか?
美容や健康のために飲んでいる方は多いようですね。
私は苦手……でも、豆腐を食べているから豆乳は不要です。
今回は豆乳の効果と、髪の毛に与える効能について調べてみました。
豆乳で薄毛や若白髪が改善するかも!?
ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク


1.豆乳の効果効能は?髪の毛が増えるの?


豆乳の原料は大豆です。

にがりを加えると豆腐になります。

大豆なので、豆乳を飲む方はおそらくタンパク質の摂取を目的に飲んでいるのだろうと思います。

低脂肪高タンパクの飲み物なのですね。

もしかしたら牛乳代わりに飲んでいる方がいるかもしれませんが、豆乳でカルシウムを摂取することはできません。

背を伸ばしたい方は、素直に牛乳を飲んでください。

タンパク質を摂る以外の豆乳の効果効能は以下のとおりです。

豆乳の効果効能


・サポニンで脂肪吸収を抑制、コレステロールを排除、太りにくくなる

・ビタミンB群やビタミンE、コラーゲンで乾燥肌や髪がツヤツヤになる

・リノール酸で血中のコレステロールが減少、コレステロールが血管にはりつくのを防ぐ

・レシチンで高血圧改善、血流がよくなる

・イソフラボンで女性ホルモンが増え男性ホルモンの分泌量が減る、その結果肌や髪がきれいになり骨も丈夫に!男性の場合はひげや胸毛などの体毛がうすくなる


髪の毛に対する豆乳の効果効能


髪の毛に関していえば、豆乳を飲むと血流がよくなり頭皮に多くの血液が送られます。

その結果、発毛や育毛が促進されます。

また、男性では男性ホルモンにより薄毛が進行します。

イソフラボンにより男性ホルモンの分泌が抑制されれば、その分、薄毛の進行を食い止めることができます。

さらに女性ホルモンには発毛育毛の効果があるので、イソフラボンで女性ホルモンを増やすことで、髪の毛が増えます。

さらに、豆乳(大豆)の植物性タンパク質は体内でアミノ酸に分解された後、一部はケラチンに合成されます。

ケラチンには髪の毛を作る作用があります。

豆乳に含まれるシスチンにも育毛効果があります。

シスチンは髪の毛を太く丈夫にしてくれます。

また、体内の活性酸素を取り除いてくれるので、老化による抜け毛や白髪を予防する効果もあります。

シスチンはストレスで消費されるので、豆乳で補いましょう。

まとめると、豆乳には薄毛を予防する・発毛育毛を促す・ぱさぱさの髪をツヤツヤにする・髪の毛を太くする・白髪を防ぐという効果があります。

豆乳の効果とは1


2.豆乳の効果を得るための適量・飲む時間は?注意点は?


豆乳の効果を得るためには、毎日継続して飲むことが大切です。

血圧低下や中性脂肪の減少という効果が出るまでは約1ヶ月、髪の毛についていえば効果が出るまでに1~3ヶ月かかります。

なので、「全然効果ないじゃん。もういいや、や~めた」はだめ!

最低でも1ヶ月は飲み続けましょう。

女性ホルモンは夜分泌されます。

なので、髪の毛のためにはホルモン分泌のタイミングに合わせて夜、夕食のときや寝る前に飲むのがおすすめです。

ただ、寝る前に飲むと太りやすいです。

血糖値や血圧を改善するためなら、朝、もしくは食事前に飲むのがおすすめです。

豆乳の1日の摂取量の目安は、200mlリットル、多くても400mlにおさえましょう。

「多ければ多いほど髪の毛が増える」といって飲みすぎてはだめ!

太りやすいですし、人によってはお腹をこわします。

また、男性では豆乳で女性ホルモンが増えすぎた結果、体内のホルモンバランスが乱れることがあります。

体毛がなくなる、抑うつなどの副作用が出るので、豆乳の飲みすぎには気を付けてください。



【豆乳2.4リットル】パパッと飲み比べ【木下ゆうか】


豆乳の効果とは2


まとめ


以上が、豆乳の効果や豆乳の飲み方についてでした。

豆乳を飲めば髪の毛がどんどん生えるというほどの効果は、豆乳にはありません。

あまり期待しすぎないように!

薄毛を予防する・現状維持を目指すというくらいの期待でお願いします。

豆乳が苦手な方は、豆乳以外の大豆製品を食べてください。

豆腐でも納豆でも、おからでも何でもよいですよ。

スポンサードリンク


 - ヘルスケア, 脱毛予防・育毛・増毛