Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

チンチラ(ネズミ)の値段は?ブリーダーから買うの?寿命は?解説!

   

チンチラというと猫?と思う方が多いと思いますが、モルモットに似た動物の方です。
襟巻なんかになるやつ……ごめんなさい、例えがそれしか思い浮かばなかった(;´・ω・)
でも、ペットショップで見かけるとずんぐりした体や大きな耳がかわいいですよね。
大きさはモルモットや小型のウサギくらいかな。
チンチラは犬や猫に比べると一般的なペットではありませんが、最近では一人暮らしでも飼いやすいことから人気が高まっているそうです。
ということで、今回はチンチラの値段や飼育について調べてみました。

スポンサードリンク

1.チンチラの値段は?どこで購入するの?


チンチラはペットショップやブリーダーから購入します。

私の家の近くのホームセンターにペットショップが入っているのですが、そのお店でも売っていますね。

チンチラは希少なペットではないので、小さなペットショップではおいていないかもしれませんが、大きめのペットショップなら販売していると思います。

チンチラの相場は2~8万円、値段は毛色によって異なります。

一番安いのが野生種に近いグレーのチンチラで、高いのはバイオレットやホワイトです。

・グレー:2万円前後

・シナモン:3万円前後

・ベージュ:3~4万円

・ブラックベルベット、ブラックエボニー:4~6万円

・パール:4.5~6.5万円

・バイオレット:7万円前後

・ホワイト:7~8万円

チンチラ1

2.チンチラの飼育は難しい?寿命や注意点は?


チンチラは一人暮らしでも飼育できるなど飼いやすい面もありますが、一方で飼育には注意点が多い動物でもあります。

まずはチンチラの基本データからおさえておきましょう。

【基本データ①】
・夜行性で夜は活発に行動する。
ジャンプもするので大きめのケージが必要。
また、ケージから出して遊ばせる必要あり。

[チンチラ お散歩タイム ご機嫌ジャンプ!!]

【基本データ②】
・体長は25~35cm、400~650g。

【基本データ③】
・体臭や排泄物の臭いはほとんどない。

【基本データ④】
・鳴き声もなし。
近所迷惑の心配はありません。

【基本データ⑤】
・主な食べ物は牧草、チンチラ用のペレット。
餌代は1ヶ月あたり2~3千円。

[チンチラグロース1kg]

【基本データ⑥】
・毎日の砂浴び必要。

[砂浴び後、おうちに帰るチンチラ]

【基本データ⑦】
・しつけはできない。

【基本データ⑧】
・コードや観葉植物をかじることがある。
かじり木が必要。

【基本データ⑨】
・寿命は10~15年。

【基本データ⑩】
・原産国は南アメリカアンデス地方。

上記をふまえたうえで、チンチラを飼育するときの注意点がこちら。

【注意点①】
・ケージは高さも広さもある大きめのものを用意すること。
かじり木や給水容器、回し車、砂浴び容器(砂)も用意すること。

[チンチラ ケージ(62×50.5×78cm)]

【注意点②】
・トイレのしつけはできないので、掃除はこまめにすること。

【注意点③】
・毎日1時間はケージから出して遊ばせること。
このとき、コードや観葉植物(チンチラにとっては毒)をかじらないように注意すること。

【注意点④】
・室温は15~20℃を保つこと。
夏はクーラー、冬はエアコンやヒーターが必須。

【注意点⑤】
・砂浴びは毎日行います。

[プレイ バス チンチラ《砂が飛び散りにくい》]

[チンチラサンド 1.5kg]

特に温度管理が大変ですね。

日中、家にいないときもチンチラのためにエアコンはつけっぱなしにする必要があります。

電気代が大変なことになりそう、チンチラを飼育するときは電気代には目をつぶる覚悟が必要です。

チンチラは病気になりにくく丈夫な動物で、寿命も猫や犬と同じくらいあります。

ハムスターなんかだと1、2年なんですけど、チンチラは長生きですね。

なので、チンチラを飼いたいときには10年は飼育することを前提に考えてください。

たとえば、一人暮らしで今後引越しをする予定がある方、次のアパートがペット不可だったら困りますよね。

チンチラを購入するときには、今後10年15年の自分の生活を想像したうえで、飼育できるかどうかを考える必要があります。

チンチラ2

まとめ


以上が、チンチラの値段や飼育するときの注意点でした。

チンチラの値段は毛色によって決まり、価格帯も広いです。

自分の予算に合わせて選んでくださいね。

どの色のチンチラもかわいいですよ(´艸`*)

チンチラは散歩をする必要がないし、臭いや鳴き声も気にならない、エサもペレットということで、飼いやすい動物である一方、温度管理にはお金がかかります。

また、ケージから出して遊ばせるときには、コードを噛んだり誤飲しないように注意する必要があります。

スポンサードリンク

 - ペット