Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

アロエ化粧水の作り方!焼酎とアロエで化粧水ができる!明快解説!

      2017/06/19

アロエ化粧水は昔から人気ですよね。
アロエ化粧水は市販品でも手頃な価格、他の美容成分のようにびっくりするような値段で売られていることはほとんどないので、市販品を購入してもよいのですが、自宅にアロエがある、あるいは添加物が心配という方は手作りするのもよいですよ。
今回はアロエ化粧水の効果や作り方についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.アロエ化粧水の効果は?

アロエ化粧水の主な効果は保湿と抗炎症、さっ菌効果です。

アロエのゼリー状の葉肉に含まれるムコ多糖類に保湿の効果があります。

アロエの粘り気がムコ多糖類です。

アロエに含まれるアロエチンという成分にさっ菌効果、アロエエキスに抗炎症作用があります。

ニキビや肌荒れ、火傷に効果があります。

さらに、アロエにはこんな効果も!

①アロエシンがチロシナーゼ(メラニン色素を合成する酵素)の働きを阻害する。
美白効果やシミ予防。

②コラーゲンの生成を助ける。
肌の潤いやハリ。

③肌の新陳代謝を助ける。
肌荒れ予防や美白効果、アンチエイジングも。

アロエ化粧水の作り方1
 

2.アロエ化粧水の作り方は?

アロエ化粧水のアロエは、キダチアロエかアロエベラを使います。

【観葉植物/アロエベラ4号鉢 2株セット】

用意した生葉は水洗いしてください。

まずは焼酎(ホワイトリカー)を使ったアロエ化粧水の作り方をご紹介します。

焼酎(ホワイトリカー)を使ったアロエ化粧水の作り方

①保存容器(ビンなど密閉できる容器)に入れたホワイトリカー(焼酎の一種、35度以上)1.8lにグリセリン100ccを加える。

【グリセリン500ml】

②薄切りにしたアロエ500gと、同じく薄切りにしたレモン5個(あれば)を入れ、ふたをして冷蔵庫に入れる。
このまま1~3ヶ月、寝かせておきましょう。

③3ヶ月後、アロエエキスが抽出されたら、アロエとレモンを取り除きます。
これでアロエ化粧水の出来上がり!

芋焼酎などの焼酎のアルコール度数は25度です。

25度のアルコール度数では化粧水作りには低いので、35度以上の焼酎(ホワイトリカー)を用意してください。

梅酒などの果実酒を作るときに使うものです。

保存容器は煮沸消毒やアルコール消毒をしておきましょう。

【保存容器2リットル】

 
次に簡単なアロエ化粧水の作り方もご紹介します。

アルコールを使用しない即席アロエ化粧水の作り方

①洗ったアロエからトゲと外の皮(緑色の部分)を剥き、中の葉肉(ゼリー状の部分)だけにします。
アロエベラの皮の剥き方はこちらの動画を参考にしてください。

【アロエベラのぜんざい】

②粗く刻んだ葉肉をガーゼや布でくるみ汁をしぼり出します。

③アロエ汁10に対し、精製水とグリセリンを混ぜたもの(精製水100ccに対しグリセリン小さじ1の割合)を2加えます。
(アロエ汁:精製水=10:2)
即席のアロエ化粧水の出来上がり!

【精製水】

精製水のアロエ化粧水は日持ちしないので、必ず冷蔵庫で保管し1週間以内に使いきってください。

 
手作りのアロエ化粧水ではアレルギーが起こることがあります。

初めて使うときは、事前にパッチテスト(腕の内側に一滴垂らし、赤みやかゆみが起きないかチェック。アレルギー症状はすぐにあらわれるとは限らないので24時間は様子を見てください。次にフェイスラインにつけて、アレルギー反応がないかを確認します。)を行ってください。

特に、ぜんそくやじんましんのある方、花粉症の方、フルーツアレルギーの方はアロエのアレルギーが出やすいので注意が必要です。

さらに、風邪などの体調不良のとき、生理中は普段よりも肌が敏感なので、アレルギーが起きやすいです。

アロエ化粧水の作り方2
 

まとめ

以上が、アロエ化粧水の効果や作り方についてでした。

アロエ化粧水は入浴剤として使用するのもおすすめです。

お風呂に加えると、お風呂上がりの肌が乾燥しません。

ぜひお試しあれ。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学