Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

紅茶の水出し方法を解説!紅茶を水出しでちょっと違った楽しみを!

      2017/06/19

暑い季節においしいアイスティー、私はティーバッグの紅茶(缶の茶葉は高いので(^^;))を濃い目に抽出させてから、氷を入れたグラスに投入!一気に冷やして作ります。
氷がとけて薄まる分を考慮して、最初に濃い目に淹れておきます。
しかし、暑い季節にはお湯を沸かすのがめちゃくちゃ暑い”(-“”-)”ということで、なかなか自宅でアイスティーを淹れようかという気にはなれません。
どこまでも怠け者な私(笑)
そんな私にぴったりの方法がありました。
それが、水出し紅茶!水で紅茶を抽出する方法です。
でも、水で本当に抽出できるの?
うっすい紅茶になるんじゃないの(; ・`д・´)
怠け者のくせに疑り深い性格です。
ということで、さっそく水出し紅茶について調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.水出し紅茶とは?魅力は?

水出し紅茶とは、お湯ではなく水で淹れる紅茶のことです。

お湯よりも抽出しにくい分、時間をかけて紅茶を淹れます。

お湯を沸かさなくてもよいので紅茶を淹れるだけで汗だくということはありませんが、「喉がかわいた~、今すぐアイスティーをのみた~い」というときには水出し紅茶は無理ですね。

水出し紅茶は朝、アイスティーを飲む習慣があるとか、午後にお客様が来るときなど、アイスティーを飲む予定があるときに前もって作っておくものです。

水出し紅茶の魅力は、暑くないという他に、

・渋味が少ない
・軽やかな味わい

要は、お湯よりも紅茶が抽出しきっていないということですね。

紅茶の渋味が苦手、お子様が飲むというときにはよいかな。

ただ、紅茶の楽しみである香りも、水出し紅茶はお湯で淹れたときよりも少ないです。

紅茶の水出し方法1
 

2.水出し紅茶の作り方は?

水出し紅茶の作り方をご紹介します。

・冷蔵庫用のポット(ハンディークーラー)を使う場合

ハンディークーラーに水と茶葉を入れます。

水100mlに対し茶葉1gの割合、1000ml用のハンディークーラーでは大さじ山盛り2杯です。

冷蔵庫に入れ、4~8時間かけて抽出してください。

朝飲むのであれば夜、寝る前に冷蔵庫に入れるとちょうどよいですね。

飲むときは、茶葉をこしてグラスに注ぎます。

水出し紅茶は冷蔵庫で十分冷えているので、氷は不要です。

【HARIO (ハリオ) 水出し茶ポット 1000ml】

 

・ティーポットを使う場合

ティーポットに水と茶葉(茶葉多め、300mlのティーポットなら6~10gの茶葉)を入れ、冷蔵庫に入れます。

紅茶の香りを逃がしたくないときには、ティーポットをサランラップに包んでおくのがおすすめです。

 

・ティーバッグを使う場合

ハンディークーラーやペットボトル、麦茶用の冷蔵容器でも作ることができます。

水1000mlに対しティーバッグの紅茶5個を入れてください。

4~8時間かけて冷蔵庫の中で抽出したら、グラスに注ぎます。

 
水出し紅茶におすすめの茶葉はダージリンや柑橘系のフレーバーティー(アールグレイなど)です。

アールグレイは癖が強いので、苦手な方は多いかも?ダージリンがおすすめです。

水出し用のティーバッグを使うときは、商品の抽出方法で淹れてください。

通常のティーバッグよりも短い時間で抽出できるものがあります。

【ウェッジウッドの紅茶『ピュア ダージリン』ティーバッグ25袋入り】

【ティーズティー オレンジ&アールグレイ 水出しティーバッグ(15包) 】

 
水出し紅茶はお湯で淹れた紅茶よりも渋味や味わいが控えめなので、ストレートティーで飲むのがおすすめです。

ミルクは入れない方がよいですよ。

また、水出し紅茶は日持ちはしません。

できれば、その日のうちに飲み切ってくださいね。

 
【水だし紅茶の作り方 – 夏にぴったりの簡単レシピ】


 
紅茶の水出し方法2
 

まとめ

以上が、水出し紅茶についてでした。

暑い季節に涼しくアイスティーを楽しみたい方は、水出し紅茶がおすすめです。

ぜひお試しあれ。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学