Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

中学校の入学祝い!プレゼントのおすすめは?相場やマナーは?

   

中学校の入学祝、「小学校のときよりは多め?」「渡すのは親?それとも本人?」など、小学校の入学祝とはまた違った悩みが出てきますよね。ここでは、春を前に悩み深き方のために、中学校の入学祝の相場やマナー、さらにオススメのプレゼントまで、中学校の入学祝についてのあれこれをご紹介します。

スポンサードリンク

中学校の入学祝、相場やマナーは?

中学入学祝1

中学校の入学祝の相場は、知人・友人で3千円~5千円、親戚で5千円~1万円、身内(祖父母)で1万円~3万円です。

親戚とは伯父伯母(叔父叔母)やいとこのことですね。相場はあくまで相場、金銭感覚は親戚・身内内でそれぞれあるはずなので、それに従って入学祝の金額を決めるのが一番です。

また、知人・友人については、「相手にもらったことがある」などの事情がない限り、渡す必要はありません。これまでの相手との付き合い、これからの付き合い方を考慮して、入学祝を渡すかどうかを決めてください。

中学校の入学祝は、入学式の1ヶ月~1週間前を目安に渡しましょう。入学祝は、実際に相手がどう使うかは別にして、建前上は「これで入学に必要なものを買ってくださいね」というお金です。

なので、入学式前に渡すのがマナーですよ。また、中学生ともなれば、もう子どもではありません。小学校までは入学祝は親に渡すことが多いですが、中学校の入学祝は本人に渡してあげましょう。

とはいっても、親の見ている前で渡します。祝儀袋の渡し方はこちらの動画を参考にしてください。

ご祝儀袋渡し方

現金以外ではこのプレゼントがオススメ!

中学校の入学祝を現金以外で渡すときのオススメプレゼントをご紹介します。

まず1つ目は電子辞書!電子辞書で、さらにいっそう学業に励んでいただきましょう。

電子辞書は、英語や広辞苑など中学校の授業で必要な辞書が入っているものがオススメ、反対にテレビなど学業の邪魔になる機能・コンテンツが入っているものは、本人のためにも避けてあげましょう。

もちろん、紙の辞書を贈ってもよいですよ。

中学入学祝2

2つ目のオススメは腕時計!特に電車やバス通学が始まる子へのプレゼントに最適です。

腕時計はG-SHOCKなど子ども向けのものではなく、大人になっても使えるものがオススメ、また腕時計には男性用女性用がありますよね。

男子には男性用、女子には女性用の腕時計を選びましょう。

3つ目のオススメはシューズやラケットなど部活で使うものです。

これは、入部する部が決まっている子にオススメのプレゼント、うっかり入学祝を渡すのが遅れてしまったときにもよいですね。

中学校では、制服や靴、鞄、場合によっては入学金や定期券代など、入学するだけでお金がかかります。

だから親は大変!なかなか部活までお金を回せませんよね。こんなときこそ、おじさんの出番!シューズやラケットをプレゼントしてあげましょう。

これはダメ!入学祝ではやめた方がいいプレゼント

まず大前提として、入学祝は「中学校でもがんばれよ」という気持ちを込めたプレゼントですから、学業の妨げになるものはダメですよね。ゲームやマンガなどはやめましょう。

また、スマートフォンやパソコン、中学生にもなれば欲しがる子は多いでしょう。「おじさん、買って」とかわいくねだられたら、ついつい買ってあげたくなりますが、これらも入学祝には×です。

スマートフォンやパソコンは思春期の子を持つ親にとっては、とってもデリケートかつ神経を尖らす問題です。各家庭でそれぞれ考え方もあるでしょう。

親戚とはいえ、そのような問題に横槍を入れるような真似はしてはいけません。

さらに、プラダやグッチといったブランドものの財布やバッグも避けます。大人扱いをするからといって、年齢不相応なものをプレゼントしてはいけません。

中学入学祝3

最後に

以上が、中学校の入学祝の相場やマナー、オススメのプレゼントについてでした。中学校の入学祝の金額や渡し方に悩んでいる方、ぜひ参考にしてください。

また、中学校の入学祝、「相手との関係上現金は渡しにくいけれどプレゼントは何を選んだらよいのかわからない」というときには、金券がおすすめです。商品券や文具券、図書券などをプレゼントしましょう。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - お祝い(入園・入学・就職)