Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

新入社員必見!4月から新社会人!新生活の準備のポイントは?

      2017/09/04

4月から新社会人になる方、新生活への準備は順調ですか?
人生最後の春休み!と、羽を伸ばして青春を謳歌している方、入社式から逆算して、新生活の準備を始めてくださいね。
ここでは、4月から新社会人になる方のために、新生活の準備のポイントをご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.新生活の準備はいつから始める?

多くの会社では、4月1日が入社式です。

なので、新生活の準備は3月中には終わらせておかなければなりません。

3月中に準備を終わらせるということは・・・・・・逆算すると、2月中には準備を始めておくということです。

一口に新生活の準備といっても、やるべきことは人それぞれ、実家を出て一人暮らしを始める方は、アパート探し・家具家電の準備・住民票の手続きなどやるべきことがたくさん、一人暮らしのアパートを引っ越す方は、引っ越し業者を早めに探しておかなければいけません。

「俺は実家通いだし」と安心している方、スーツの準備はできましたか?

実家暮らしだからといって、準備が何もないわけではありませんよ。

就職先が決まり、春休みが始まったら、まずは自分のやるべきことをリストにして書きだしましょう。

リストとカレンダーを並べて、いつまでに何をするべきかを計画します。

入社式の前日、慌ててスーツを買いに走ることのないように、計画的に準備を進めてくださいね。

新社会人1
 

2.一人暮らしを始める方、引っ越しは余裕をもって行いましょう。

実家を出て一人暮らしを始める方、あるいは学生時代のアパートから引っ越す方、引っ越しの準備は早めに始めましょう。

3月4月は、引っ越しシーズン。

引っ越しをするのはあなただけではありませんよ。

物件・引越し業者の争奪戦に負けないように、がんばってくださいね。

そのうえで、新社会人になる方は早めの引っ越しがおすすめです。

3月中旬には引っ越し、新しい土地での暮らしに慣れておきましょう。

というのも、社会人生活と慣れない土地での暮らしのダブルパンチは辛いもの、4月早々ノックダウン、5月病待ったなしです。

入社式までに、お気に入りのスーパー、くつろげるカフェ、おいしいパン屋さん、このあたりを見つけ新しい土地での暮らしに慣れておくと、新しい生活のストレスが最小限で済みますよ。

新社会人2
 

3.スーツは何着?ネクタイは何本?

社会人の制服、スーツ!

就活でお世話になった一張羅のリクルートスーツだけでは、社会人生活には足りません。

入社式までに、3着のスーツ、3本のネクタイ、1週間分のワイシャツを用意してください。

スーツは濃紺のスタンダードなもの、ネクタイはこれまたシンプルなデザインで赤・紺・水色あたりがよいでしょう。

ネクタイはあなたの顔色がぱっと明るくなる色がよいので、お店に行ったら鏡の前で色々合わせてみてください。ピンクや黄色もおすすめですよ。

さらに、靴や鞄の準備もお忘れなく。

就活の埃は入社式までに落としてくださいね。

新社会人3
 

4.ネクタイはきちんと結べますか?

アパート、家具家電、スーツ、物質的な準備が完了したら、あと必要なのは新社会人になるための気構えです。

春休みのうちに学生気分は捨て、入社式には一人の社会人として臨むように心がけましょう。

さらに、新品のスーツ一式、ハンガーに吊るしておくだけではだめですよ。

忙しい朝でもさっとネクタイを結ぶことができるように、春休みの間に練習しておきましょう。

女性の方はメイクの練習をお忘れなく。社会人のメイクではつけまつげ・カラコンはNGです。

目を大きく見せたい方、他の方法を研究してください。

社会人のおすすめメイクの動画を貼っておきますので、参考にしてください。

 
【就活(スーツ)メイク!】


 
新社会人4
 

まとめ

以上が、新社会人になる方のための新生活の準備のポイントについてでした。

上記の通り、人生最後の春休み、遊ぶことも大切ですが、新生活の準備も同時進行で始めてくださいね。

特に引っ越しをする方、引っ越し業者の予約はお早めに。

せっかく大学進学組や転勤組に比べて早く引っ越しが決まるのですから、それを生かして早めに始動しましょう。

また、住民票の手続きも忘れないでくださいね。

特に、大学進学のとき住民票をうつさず一人暮らしを始めた方、これを機にきちんと手続きをしておきましょう。

社会人生活のスタートは何かと苦労の多いもの、ストレスを少しでも軽くするために、4月までにやり残したことのないように、きちんと準備をしておきましょう。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 新入社員・新生活・ビジネスマナー