Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「きな臭い」の「きな」とは?意味や語源/胡散臭いとの違いを調査!

   

ニュースや新聞を見てぽつり「きな臭くなってきたな」と呟くと、ちょっとハードボイルドっぽい気分になりますよね( *´艸`)
そんなことない?うーん、ドラマや映画の見過ぎかな。
「きな臭い」、日常生活ではあまり使わない言葉かなと思います。
意味もきちんと理解できているかな?あれ、自信がなくなってきたぞ。
ということで、今回は「きな臭い」の意味や語源、「胡散臭い」との違いなどについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「きな臭い」の「きな」って何?意味や語源は?どんな臭い?

「きな臭い」を広辞苑で引くと、

①紙・綿・布などのこげるにおいがする。こげくさい。

②硝煙のにおいがする。戦いや物騒なことが始まりそうな気配がする。

③なんとなくあやしい。うさんくさい。

 
の3つが載っていました。

①が「きな臭い」の元々の意味で、紙や布が燃えたときに硝煙や火薬のような臭いがすることから②の意味ができました。

「きな臭い」を漢字で書くと、「衣臭い」「布臭い」あるいは、「焦臭い」「木な臭い」「香な臭い」などです。

「きな臭い」の「きな」は衣や布だったのですね。

ちなみに、「きな臭い」の「臭い」は「~臭い(~らしい)」の「臭い」ではなく、そのまま「臭う(におう)」の意味です。

「木な臭い」「香な臭い」では、「の」が転じて「な」となっています。

「水の門→みなと(港)」「手の心→たなごころ(掌)」の「な」と同じです。

きな臭い1
 

2.「きな臭い」と「胡散臭い」は違うの?胡散のにおいはどんなにおい?

きな臭いによく似た言葉に「胡散臭い」があります。

「胡散臭い」を広辞苑で引くと、「どことなく疑わしい。何となく怪しい」という意味、「胡散」に怪しい・疑わしいの意味があります。

「胡散臭い」の「臭い」は「臭う(におう)」ではなく「~らしい(いんちき臭いなど)」の「臭い」です。

きな臭いと胡散臭い、どちらも「何となく怪しい」という意味がありますが、「きな臭い」の方は「怪しい」だけでなく危険な香りもします。

まあ、きな臭いの場合はなんといっても、焦げていますからね、もう火事一歩手前なので、そりゃあ、危険です。

なので、「きな臭い事件」というと、「真相はよく分からないけど、まだ何か起こりそうな予感がする、大事件に発展しそうな気がする」というニュアンスですが、「胡散臭い事件」というと「テレビのインタビューに答えている人、胡散臭いわあ。関係者じゃないの?」「秘書の自さ〇で幕引きなんて胡散臭い結末。真相は闇の中か」など「真相がよく分からない事件」という意味だけで、こちらに降りかかる火の粉や危険の予感はありません。

たとえば、自〇つに見せかけているけど本当は他さ〇?というとき、刑事や探偵が「胡散臭い事件(現場、犯人)だな」と言います。

刑事が「きな臭い」と言ったときは、CM明けにきっと爆弾が爆発するか、政治家が暗さ〇されます。

きな臭い2
 

3.「きな臭い」と「胡散臭い」の例文紹介

「胡散臭い」の例文は、
・「あんな胡散臭い男、やめときな。絶対泣かされるよ」
・「胡散臭いなあ、その話、本当?」(嘘でしょの意味)

「きな臭い」の例文は、
・作業場がきな臭い:本当に焦げているパターン
・中東がきな臭い:戦争や事件が起こりそう、想定外のことが起こりそう
・あの男はきな臭い:胡散臭いとほぼ同じ意味ですが、「危険な男」の意味もあります

きな臭い3
 

まとめ

以上が、「きな臭い」の意味や語源と「胡散臭い」との違いなどについてでした。

やっぱり「きな臭い」は日常生活ではあまり使わない言葉かな。

私は刑事ドラマは好きですが、日常生活は日々穏やかに過ごしたいタイプなので、「きな臭い」はフィクションの中だけで楽しみたいなと思います。
 

スポンサードリンク

 


 - 暮らし・生活・雑学