Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「屁の河童」の由来/語源は?「へのかっぱ」って何?徹底調査!

      2017/06/11

「このくらいのこと、屁の河童」といって失敗する私、甘い見通しで油断して、余裕ぶっこいた挙句、失敗するのですから、格好悪いことこの上ない(^^;)
最近は、無言実行で失敗が目立たないようにしています。
で、人知れず落ち込んだり自分のしりぬぐいをしています。
ところで「屁の河童」って、なぜ「屁」?なぜ「河童」?
理由や語源は分かりませんが、どことなく屈辱感を覚える並びですよね。
馬鹿にされた感じがします。
ということで、今回は「屁の河童」の由来や語源を調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「屁の河童」の意味は?語源・由来は?

広辞苑によると、「屁の河童」とは「何とも思わないこと。へっちゃら。」という意味です。

楽勝や朝飯前と似たような意味ですが、「お前なんか屁の河童だ」と言われた方が、屈辱的な感じがしますね。

「屁の河童」を逆さまにして「河童の屁」ということもあります。

意味は同じです。

「屁の河童」の語源を調べてみると、「河童の屁」が先にできたみたいです。

「河童の屁」が転じて「屁の河童」になりました。

「河童の屁」の語源は二つの説があります。

第1の説

「木っ端の火」が転訛して「河童の屁」になった。

「木っ端の火」とは、「木っ端の燃える火は長く持たないことから、たわいもない物事のこと」です。

「こっぱのひ→かっぱのへ」です……って、オヤジギャグかよ(;´Д`)

「河童の屁」を思いついた人はきっとオヤジです。

第2の説

河童は水中で屁をするため屁に勢いがないことから、取るに足りないという意味になった。

 
どちらの説が正しいかは不明です。

ちなみに、「木っ端」だけでも取るに足りないという意味があり、「木端大名」といえば、取るに足りない小禄の大名のことです。

「屁の河童」の例文は、

・こんな仕事、屁の河童だ。
・英語なんか屁の河童だ。
・喧嘩なら受けて立つぜ。お前なんか屁の河童だ。

などです。

屁の河童1
 

2.河童ってどんな妖怪?

妖怪の中でも、河童は鬼(鬼が妖怪なのかは議論が必要ですが)と並んでポピュラーな妖怪ですよね。

妖怪のプロフィールをまとめると、

・河や沼に棲む
・人間や牛、馬を襲い、水中に引きずり込む
・尻子玉(肛門内にあると想像された架空の臓器)を抜く
・きゅうりが好き
・頭の皿の水が乾くと弱くなる
・相撲が好き
・河童に勝つためには、取り組みの前におじぎをすること
・甲羅がある

私のイメージでは、河童の口はくちばしなのですが、皆さんはどうですか?

くちばしじゃない河童もいるような、いないような……あと、毛むくじゃらの河童もいますよね。

これだけポピュラーな妖怪で、日本中の水辺に棲んでいるようですから、日本津々浦々で姿も性格も色々な河童がいそうですね。

河童は、川童・水蛇・猿猴と呼ばれることもあります。

そういえば、猿猴橋や猿猴川があるわ……そっか、あそこには河童が棲んでいたのか!
Σ(・ω・ノ)ノ!

河童が有名なのは、合羽橋や福岡の筑後、岩手県の遠野などです。

遠野は河童の聖地というよりも、河童以外の妖怪もいそうですね(^^;)

 
【河童伝説(広島市南区7大伝説)】

【岩崎川の河童伝説 福島県いわき市常磐長孫町の河童伝説】


 
屁の河童2
 

まとめ

以上が、「屁の河童」の意味や語源についてでした。

屁の河童、日常生活ではあまり使わないかな。

心の中でつぶやくことはあるかもしれませんね。

私はどちらかというと、甘い見通しで後で泣くタイプなので、「屁の河童」は封じて、何事も手抜きせず取り組むようにしたいと思います。
 

スポンサードリンク

 


 - 暮らし・生活・雑学