Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「矛盾」の意味と由来を解説!実は由来がなかなか面白い!必見!

      2017/06/19

「君、さっき言っていることと矛盾しているじゃないか」とけんか相手から冷静に指摘されると、かちんときますよね。
私は感情とその場の勢いだけで生きているような人間なので、「論理的に~」なんて言われると、言い返せなくて悔しい(´;ω;`)ウッ…っていうか、さっき言ったことすら覚えていないし。
ところで、「矛盾」という言葉、どこからやってきた言葉なのでしょうか。
意味は?語源は?使い方は?
ということで、今回は「矛盾」について調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「矛盾」の意味と由来・語源は?

「矛盾」(むじゅん)とは、「物事や話の内容のつじつまが合っていないこと」です。

「A=B」かつ「A≠B」というのが「矛盾」です。

「矛盾」という言葉は、「韓非子」の故事に由来します。

「韓非子」は楚の国の書で、約2000年前に書かれました。

ちなみに、著者の韓非は中国戦国時代の法家です。

ときは戦国、戦のための武器を売る商人は自分のところの商品を指して曰く、「この矛(ほこ)はどんな盾(たて)でも突き通しますぞ」、今度は傍らの盾を指して曰く、「この盾(たて)はどんな矛(ほこ)も防ぎますぞ」と。

そこに居合わせたのが一人の老人、老人曰く「あんたの矛(ほこ)であんたの盾(たて)を突いたらどうなるのか」

老人に一本取られた商人、返答に窮してしまいました、チャンチャン。

 

おもしろい話ですね、なんて他人のことを笑っている場合じゃないや。

私も「結婚相手は顔じゃない。どこかに福山雅治みたいな人、転がっていないかな」が口癖になっています(笑)

矛盾1
 

2.「矛盾」の使い方は?

「矛盾」の例文がこちら。

・「君は犯行現場で彼を見たと言うが、彼はその時間、犯行現場はおろか東京にもいなかったと言っているんだ。君と彼の証言が矛盾しているよ」
「そんなの俺の知ったこっちゃない。俺は見たことを証言したまでだ。調べるのはおたくらの仕事だろ」

・「おいおい、犯行時刻に東京にいた人間が大阪で被害者と会うことは不可能だ。君は僕を犯人にしたいようだけど、君の推理は矛盾しているよ。それとも何かい?僕のアリバイを崩せるとでも言うのかい?」

・「こんな矛盾だらけの世の中じゃあ、何を信じていいのか分からないよ」

また、「矛盾」の類義語は、

・自家撞着
(「じかどうちゃく」同じ人の言行が前と後とでくいちがって、つじつまの合わないこと。広辞苑より)

・平仄が合わない
(「ひょうそくがあわない」話のつじつまが合わない。広辞苑より)

平仄とは、中国語の発音上のルールのことです。

「矛盾」を英語でいうと、

・Out of one mouth to blow hot and cold.
(同じ口から温かいものと冷たいものをふきだす)

 
【どうしてこうなった いろいろと矛盾している画像集】


 
矛盾2
 

まとめ

以上が、「矛盾」の意味や語源、使い方などについてでした。

私は「矛盾しているよ」と指摘されたら、「そういう意味で言ったんじゃないもん」と言い返したり、「そんなこと、言ったっけ」ととぼけたりしています。

自分の言葉には責任を持たなきゃいけないなあと思いつつ、無理につじつまを合わせようとすると本当に言いたいことからどんどん遠ざかる……難しいものですね。
 

スポンサードリンク

 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学