Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

お花見はここ!豊臣秀吉が愛した京都醍醐寺の桜と駐車場情報

      2017/09/02

豊臣秀吉の「醍醐の花見」、ご存じの方も多いのでは?
醍醐寺で豊臣秀吉が開いたお花見では、正室のねねや淀君をはじめ、側室や家来1000人以上が楽しんだといわれています。
あの派手好きで有名な豊臣秀吉が愛した桜、一度は見てみたいものですよね。
太閤気分を味わえるかもしれません。
ここでは醍醐寺の桜の見ごろや見どころ、アクセス情報をご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.醍醐寺の桜の特徴は?見ごろはいつ?

醍醐寺の桜の特徴は桜の期間の長さ!

寺院内に1000本以上ある桜はしだれ桜やソメイヨシノ、山桜、八重桜と多品種のため、咲き始めてから散るまでの期間が3週間と、他の名所に比べて長いです。

なので、「せっかく来たのにもう散っていた」「先週来ればよかった」とお花見にありがちな失敗の心配はなし!

醍醐寺で桜が咲き始める3月中旬~散る4月中旬までの期間、いつ訪れてもお花見を楽しむことができますよ。

さらに、寺院入り口の桜のトンネルや醍醐三宝院、霊宝館の桜が満開になる4月第1週が、醍醐寺の桜のハイライトです。

醍醐寺1
 

2.醍醐寺の桜、おすすめスポットは?

醍醐寺では1000本以上の桜を見ることができますが、その中でも特に見ごたえがあるのは、仁王門、醍醐三宝院、霊宝館です。

仁王門では参道沿いの桜を楽しむことができます。

お花見のプロローグといったところでしょうか。

人ごみに負けず、ゆっくり歩きながら、桜の風情を楽しみましょう。

醍醐三宝院では名物の大玄関前の大紅しだれ桜を見てください。

霊宝館には、醍醐寺の中でも特に有名な大しだれ桜があります。

樹齢なんと180年!豊臣秀吉の時代には少し足りませんが、圧倒的なスケールの桜です。

美しいだけでなく、歴史の重み、ロマンを感じることができますよ。

 
【醍醐寺 霊宝館のしだれ桜】


 
醍醐寺2
 

3.醍醐寺、お花見シーズンのイベントは?

醍醐寺では、豊臣秀吉の「醍醐の花見」にちなんで、毎年4月の第2日曜日に「豊太閤花見行列」が行われます。

三宝院からスタートする行列はまさに豪華絢爛!輿に乗った豊臣秀吉を見物することができますよ。

この日の境内は終日満員、豊臣秀吉の開いたお花見の賑わいもこのようであったのだろうと想像しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

豊太閤花見行列の様子はこんな感じです。

 
【豊太閤花見行列】


 

また、豊太閤花見行列当日はとてつもない人出になりますが、その前日は境内の人は少なくなります。

なので、この日はお花見の狙い目!ゆっくりお花見を楽しみたい方は、4月の第2土曜日に訪れてみてください。

醍醐寺3
 

4.醍醐寺へのアクセス。駐車場はあるの?

電車の方は、JRから京都市営地下鉄線に乗り換え、地下鉄醍醐駅で下りてください。

醍醐駅から醍醐寺までは徒歩で約10分です。

車の方は名神高速道路京都東インターで下車、奈良街道から醍醐方面に向かってください。

京都東インターから醍醐寺までは約20分です。

阪神高速道路8号線の方は、京都線山科出口で下車してください。

新十条通りから外環状線に入り醍醐方面に向かいます。

醍醐寺までは約20分です。

ただ、お花見の時期はどちらの道路も渋滞するので要注意!

時間に余裕を持って出発してくださいね。

醍醐寺周辺については醍醐寺のホームページでご確認ください。

【醍醐寺】
https://www.daigoji.or.jp/index.html

醍醐寺には100台分の駐車場が用意されています。

しかし、桜の時期は、100台なんてまさに焼け石に水!

まず駐車できないと心得ておきましょう。

車の方は、醍醐寺駅前にあるパセオダイゴローの駐車場を検討してみてください。

こちらの収容台数は170台です。

パセオダイゴローの駐車場の詳細についてはこちらから確認してください。

【パセオダイゴロー駐車場のご案内】
http://www.paseo-daigoro.co.jp/facility/parking.html

営業時間が5:00からなので、お花見の際は少し早起きをして早めに到着するのがおすすめ。

醍醐寺の開門時間は9:00なので、8:00過ぎであれば余裕で駐車場にとめることができますよ。

ちなみに醍醐寺の駐車場も8:00に開きます。

こちらの駐車場、ショッピング施設の駐車場なので、基本的には買い物客用の駐車場です。

なので、パセオダイゴローを利用するときには、お店で買い物をしましょう。

1000円以上の買い物をすると駐車料金が2時間無料になるのでお得です。

醍醐寺4




 

まとめ

以上が、醍醐寺の桜の見どころや見ごろ、駐車場情報でした。

桜の花を愛でるだけでなく、歴史に思いを馳せることができるのもまた、醍醐寺ならでは。

醍醐寺のお花見の醍醐味です。

今年はぜひ、醍醐寺の桜で、太閤気分を味わってください。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - お花見・紅葉