Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「ずらかる」の語源とは?ずらかるは方言?意味も含めて徹底調査!

      2017/07/27

「さあ、とっととずらかろうぜ」だとか「5限目世界史かよ、たいぎいなあ。ずらかるか」などの「ずらかる」。
逃げるとか立ち去るとか、さぼるという意味だと思うのですが、なぜ「ずらかる」なのか、語源が分からないなあ。
ずら……ヅラ?
ということで(笑)、今回は「ずらかる」の語源や意味などについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「ずらかる」の語源・意味は?方言なの?

「ずらかる」を広辞苑でひいてみると、

【ずらかる】

①逃げる。逃亡する。高跳びをする。

②(他動詞として)盗んだ品物を処分する。

 
とありました。

さらに、「もと盗人などの隠語」とも。

まあ、たしかに、盗人以外にはそうそう使い道のない言葉ですね。

「ずらかる」は逃げるという意味ですが、ただ逃げるだけでなく、「何か悪いことをして」逃げるというのが本来の意味です。

「ずらかる」は明治頃から使われていたそう(ということは、鼠小僧は「ずらかる」とは言っていなかったのか)ですが、なぜ「ずらかる」なのか、正確な語源の根拠についてはいまひとつハッキリしませんでした。

ただ、いろいろと調べた結果、「ずらかる」の「ず」は「頭」で、「かる」は「駆る」ではないかといった意見はありました。

「駆る」は追い立てるといった意味がありますので、ニュアンス的にはなんとなく理解できますが、「頭」って何だろう?

まあでも、盗人発の隠語だもんね、いくら筆まめの国民性とはいえ盗人が「こうこうこういう由来でずらかるというようになりました」なんて書き残してはくれません(笑)

会話をわかりにくくするのが隠語の目的でしょうから…。

また、1980年ごろには学校を無断で早退する、さぼることも「ずらかる」と言うようになりました。

昔の学校は自由ですね。

今だったら、生徒が一人いなくなったとなると、警察が出動する騒ぎです。

ずらかる1
 

2.「とんずら」の語源や意味は?「ばっくれる」は?

「ずらかる」とよく似た言葉が「とんずら」、「とんずらする」だとか「とんずらを決め込む」という使い方をします。

「とんずら」を広辞苑で引くと、

【とんずら】

(「とん」は遁走(とんそう)、「ずら」は「ずらかる」の意)犯罪を犯して逃げることをいう俗語。

 
語源は、遁走+ずらかるで「とんずら」というわけですね。

「とんずら」は「ずらかる」よりも後、昭和頃から使われ始めたといわれています。

また「ばっくれる」も「ずらかる」や「とんずら」と似ていますよね。

【ばっくれる】

(白ばっくれるの変化)

①素知らぬ顔をする。とぼける。

②俗に、逃げる。さぼる。

 
「ばっくれる」は「白ばっくれる」を省略した言葉で、上記のとおりとぼけるとか白を切るといった意味になります。

知らないふりをするという意味が元々、それに加えて逃げる・ずらかるという意味でも使われるようになりました。

「白ばっくれる」の語源は、白々しいという意味の「白々しく」+「化ける」、白々しくするという意味です。

「ずらかる」「とんずら」「ばっくれる」の使い方は、

・おい、ばっくれるな。お前がやったという証拠はあがっているんだぞ。
・この野郎、ばっくれやがって。
・「つまんねえ授業だなあ」「もういいや、(ずらかろうぜ)(とんずらしようぜ)(ばっくれようぜ)」
・バイトを(ずらかる)(とんずらする)(ばっくれる)

いずれも、盗人や不良、そういった方々が主なユーザーです。

ずらかる2
 

まとめ

以上が、「ずらかる」の語源や意味などについてでした。

「ずらかる」「とんずら」「ばっくれる」いずれも、悪さをした後で逃げることです。

「ずらかる」は方言なのかなとも思いましたが、それらしい方言は見つかりませんでした。

うーん、由来が謎だなあ。

「ずら」って一体何なんだ?
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学