Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「雪平鍋」の由来/語源は?雪平鍋が危険って本当?徹底調査!

      2017/08/10

料理するとき、お気に入りのお鍋ってありますよね。
何を作るときもなぜかこのお鍋を使っちゃうという使い勝手のよいお鍋、私も野菜をゆでるのも煮物やホワイトソースを作るのも、めんつゆを作るのも行平鍋を使うことが多いです。
特に、めんつゆを作るときは行平鍋が手軽で便利です。
ところで、行平鍋ってどうして行平鍋というのかしら。
それに行平鍋に危険な噂が!?
ということで、今回は行平鍋の由来や語源、行平鍋の安全性について調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.行平鍋(雪平鍋)とは?由来・語源は?

行平鍋とは、「注ぎ口と取っ手がついていてふたのある鍋」……えっ、ふた?

まあ、ふたつきもあるけどさ。

「厚手の陶製の鍋で土鍋の一種」……土鍋(。´・ω・)?

「加熱がおだやかで保温力が高いことから、粥や重湯を作るのに最適」……いやいや、ちょっと待って。

これ私が知っている行平鍋じゃない。

動揺を隠せなかったのですが、さらに調べてみると、ようやく私が知っている行平鍋が出てきました。

「アルミニウムや銅の打出鍋で、木製の柄のついた片手鍋」そうそう、これが私が知っている行平鍋です。

行平鍋と呼ばれる鍋には二種類あって、元々は注ぎ口や取っ手がありふたのついた土鍋を行平鍋と言っていたのですが、昭和20年代頃からアルミニウム製の行平鍋が普及したそうです。

この頃は軍需品に出回っていたアルミニウムが民間に普及した時期で、軽くて安価なアルミニウム製の鍋が一気に広まったのですね。

たしかにアルミニウムの鍋は軽いです。

そして元々の行平鍋の由来、始まりは、在原行平(ありわらのゆきひら818~893)が須磨の海女に海水から塩を焼かせたこと、塩を作るためのお鍋だったのですね。

在原行平が考案したから行平鍋です。

ということで、行平鍋の語源は平安時代の歌人、在原行平(ありわらのゆきひら)の名前です。

また、アルミニウムや銅の行平鍋には槌目(つちめ)の模様があります。

この槌目が雪のように見えることから、「雪平鍋」とも書くようになりました。

雪平鍋の「雪」のもう一つの由来が、在原行平の指示で海水から塩を作った際、その時の鍋に着いた塩が雪のように見えたという説もあります。

雪平鍋1
 

2.行平鍋(雪平鍋)とフライパンの違いは?

行平鍋は何にでも使えるお鍋ですが主な用途は、「ゆでる、煮る、炊く」です。

一方のフライパン、これもなかなか使い勝手のよいお鍋で私はフライパンで煮物を作ることもありますが、やっぱりフライパンの一番の得意は「焼く、炒める」です。

行平鍋とフライパン、どちらも片手のお鍋・加熱用の調理器具で形が似ていますが、用途が若干違います。

アルミの行平鍋は焦げやすいので、焼いたり炒めたりするときにはフライパンの方がよいですよ。

たとえば行平鍋で筑前煮を作るとき、最初に鶏肉や具を炒めますよね。

この段階でいつも焦がしてしまうという方は、フライパンで炒めてから行平鍋にうつす、もしくは最初から最後までフライパンで作るとよいです。

雪平鍋2
 

3.行平鍋(雪平鍋)が危険?

アルミニウム製の調理器具は人体に危険性があるとアメリカ政府が公式に発表しました。

また、アルミニウム製の調理器具の販売を規制する国も出てきています。

これを見ると、行平鍋が危険なわけじゃなくて、アルミニウムが危険なのですね。

アルミニウムの摂取はアルツハイマーやパーキンソン病、内臓疾患の原因になるという研究結果があるようです。

また、アルミニウムは融点が低いため、調理中の加熱でアルミニウムが溶けやすいということもあるようです。

なるほど、そういえばベーキングパウダーでも最近アルミニウムフリーのものがありますね。

アルミニウムは人体によくないというのはたしかのようです。

ただしよくよく調べていきますと、1日3回の食事をアルミニウム製の鍋で調理したとしても、危険といわれる摂取量には程遠いので、人体への悪影響はなくあんまり気にする必要はないといった説もあるようですね。

明確な危険があるならば国が規制するはずですし、規制がないということはまああんまり気にしなくてもよいのかもしれません。

行平鍋はアルミニウム製だけではありません。

銅製などもあるので、気になる方は、アルミニウム製以外の行平鍋を使ってみてください。

アルミニウムの黒ずみが気になる方にもおすすめです。

 
【アルミ鍋の黒ずみ落としのやり方】


 
雪平鍋3
 

まとめ

以上が、行平鍋の由来や語源、行平鍋の安全性についてでした。

アルミニウムの過剰摂取が人体に与える影響もたしかにこわいけど、私が行平鍋を使っていてこわいなと思うのは、エプロンや服のポケットや裾に取っ手を引っ掛けそうになること。

あやうく鍋をひっくり返しそうになったことがあります。

お子様が行平鍋を使用するときには注意してあげてください。

また、握力の弱い方やお年寄りには、片手の行平鍋よりも両手鍋の方が扱いやすいです。
 

スポンサードリンク

 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学