Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

モスキート音で嫌がらせ?モスキート音発生装置の効果を徹底調査!

      2017/09/02

モスキート音で迷惑な若者を撃退して街の治安を守るという取り組みがあるそうです。
モスキート音というと、たしか10代の若者にしか聞こえない高周波音のことですよね。
私も自分の耳年齢が気になってモスキート音を使った耳年齢チェックを試してみたことがあります。
結果は……まあ、微妙なお年頃です(´・ω・`)
ということで、今回は若者の深夜タムロによる被害の実態とモスキート音の効果について調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.若者の深夜タムロによる被害の実態は?

若者の深夜タムロによる騒音やごみ、落書き、治安の悪化などの被害は都市部や住宅街を中心に深刻です。

地域差はありますが、具体的な被害は以下のとおりです。

【コンビニ】
深夜のコンビニの前で若者がタムロについては、ごみの放置や奇声を上げる、大騒ぎするなどの被害が増えています。
タムロの雰囲気で一般のお客様が入店しにくくなりお店の売り上げにも影響が。

【公園等】
公園でもコンビニと同様の被害があります。
奇声や大声、大音量で音楽をかけたり大勢で騒ぐなどで公園周辺の住民は耳栓をして寝るということも!
また、深夜他人の目がなくなることで、様々な違法行為や暴力沙汰など治安の悪化も起きます。

【その他の場所】
ごみを片付けたり、若者による落書きを消すためにお金がかかります。
また、夏は花火や爆竹で遊んだゴミをそのまま放置したり…。

 
若者の深夜タムロの被害に困っている人や地域は多いです。

モスキート音1
 

2.若者は退散?モスキート音の効果とは?

モスキート音とは10代から20代前半の若者の耳にだけ「キーン」と超える高周波音のことです。

蚊の羽音に似ていることからモスキート音と呼ばれるようになりました。

モスキート音は17000Hzです。

この17000Hzのモスキート音は20代後半以降の大人には聞こえないし、モスキート音を聞くことができる若者の耳には「キーン」というとても不快な音として響くので、深夜の迷惑な若者を撃退するのには効果的です。

何よりも、このモスキート音の「嫌がらせ」を行うことで、自然に退散してもらうのが大きな効果です。

退散した若者は、口頭で注意した時とは違い、誰に対しても恨み・嫌悪感・不快感を抱くことがないのですから。

ただ、迷惑でない若者にも聞こえてしまいます。

人通りの多い道路に面した場所や10代20代のバイトが多いコンビニなどに設置するときには注意が必要ですね。

モスキート音は若者だけでなく、犬や猫、ネズミ、さらに蚊やハエの撃退にも効果があります。

「超音波発生装置」については次項(3項)でご紹介しますが、アプリケーションもあります。

「超音波バリア」というアプリは「モスキート音」を発生させるアプリで、周波数を変えることで、ハエや蚊も撃退することができます。

考えてみれば、「モスキート音」で「蚊(モスキート)」を退治?ってなんだろ??

【超音波バリア】
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.useeng.UltrasoundBarrier&hl=ja

・人(若者)の撃退には15000Hz
・ハエには16000Hz
・蚊には17000Hz
・犬には18000Hz
・猫には19000Hz
・ネズミには20000Hz

ボタン一つで周波数を変えることができるので、蚊や野良猫の被害に困っている方はぜひ試してみてください。

 
【モスキート音『耳年齢テスト』】


 
モスキート音2
 

3.モスキート音発生装置紹介

モスキート音で迷惑な若者を撃退したい!というときにはメルクの「若者たむろ防止装置モスキート」がおすすめです。

レンタルで利用することができますし、駐車場や公園、お店などどこにでも設置することができます。

【メルク】
http://www.mosquito-jp.com/index.html

 
 
それからお手軽な商品として、モスキート音発生装置とモバイルバッテリーが合体した商品もあります。

こちらのモスキート音は、「蚊よけ」です。

【蚊よけ付きモバイルバッテリー】

 
モスキート音3
 

まとめ

以上が、若者の深夜タムロによる被害の実態とモスキート音の効果についてでした。

深夜の若者のたむろやそれに伴う騒音・治安悪化は困りものですよね。

モスキート音での「嫌がらせ」なら、安全簡単に迷惑な若者を撃退することができます。

ただ、モスキート音を導入するときは、周辺の住民や他の利用者の理解を得たうえで、モスキート音を流す時間や場所を十分に検討してください。

使い方を一つ間違えると迷惑でない若者にまで不快な思いをさせてしまいますし、人によっては体調不良や聴力の低下などが起きます。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学