Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

梅雨の時期!洗濯・部屋干しの極意!生乾きの悪臭防止のポイント!

      2017/09/01

梅雨、洗濯した衣服の部屋干し・生乾きの臭いが気になりますよね。
部屋干しや生乾きの臭いの原因は、衣服に繁殖したカビや雑菌、落としきれなかった汚れの酸化です。
つまり、部屋干し・生乾きの衣服は「臭いが不快」というだけでなく、臭いの分だけ汚れや雑菌がついているということ。
これは、あまり知りたくなかった現実ですね。
とはいえ、泣き言を言っても始まらない!梅雨は目前に迫っている!
ということで、ここでは、梅雨に負けない!洗濯・部屋干しの極意をご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.洗濯機で衣類の汚れを完璧に落としましょう。

まずは、洗濯機のポイントからご紹介します。

梅雨の衣類の臭いの大元は、洗濯で落としきれなかった汚れやカビ、雑菌です。

実は、ただ洗濯機を回したでは衣類の汚れは案外落ちていないもの。

洗濯直後の衣類に汚れが残ってしまっています。

梅雨は高温多湿、衣類に残った汚れにカビや雑菌が繁殖し臭いを作り出してしまいます。

なので、梅雨の洗濯は、いつもよりも「衣類の汚れを落としきる」ことを意識しましょう。

お風呂の残り湯は、梅雨の間は洗濯に使わないでください。

残り湯には多くの雑菌が繁殖しています。

洗濯したつもりが、かえって衣類に残り湯の雑菌がつけてしまうことに。

梅雨の間は水道水で洗濯するようにしましょう。

洗濯の際、衣料用漂白剤を使いましょう。

カビや雑菌を殺菌・除菌することができます。

漂白剤の代わりに、少量のをすすぎのときに入れても除菌効果がありますよ。

洗剤の用量を守りましょう。

よく汚れが落ちるようにと、つい洗剤を多く入れてしまいがちですが、実は洗い残しの洗剤もカビや雑菌の温床です。

洗剤が衣類に残らないように、洗剤の用量を守ってください。

部屋干しをするときには、脱水はいつもよりも強めにかけましょう。

衣類に含まれる水分をできるだけ少なくすることで、部屋干しでも短時間で乾きます。

28梅雨1
 

2.部屋干しでは隙間を確保!風の通り道を作りましょう。

衣類を部屋干ししたとき、梅雨の部屋では湿度が80~90%に達します。

この湿度では、何時間干したところで、衣類から水分は蒸発しません。

濡れたまま何時間も放置されることで、衣類のカビや雑菌が増殖してしまいます。

部屋干しをするときは、衣類から水分が蒸発するよう工夫をしましょう。

干すときは、衣類と衣類の間に隙間を作ります。

隙間は衣類から蒸発した水分の逃げ道になります。

最低でも10cmはあけるようにしてください。

ズボンやフード付きの衣服などは、乾きやすいようになるべく生地を広げて干します。

ハンガーを2つ使って生地を広げるように干すと、衣服の中にも風の通り道ができるので早く乾きますよ。

ズボンなどポケットのついたものは裏返して干します。

部屋干しの干し方のコツはこちらの動画を参考にしてください。

 
【洗濯物を早く乾かす干し方】


 

扇風機やサーキュレータの風を衣類に当てましょう。

蒸発した水分を逃がし、乾いた空気を送るためです。

このとき、風の向きが大切です。干した衣類の正面から風を送るのではなく、衣類と衣類の間の隙間に向かって風を送りましょう。

28梅雨2
 

3.梅雨の洗濯のおすすめアイテム

28梅雨3
部屋干し・生乾きの臭いを防ぐおすすめアイテムをご紹介します。

まずは洗剤。

「部屋干し用」と銘打った洗剤や柔軟剤がおすすめです。

これらには臭いの原因となるタンパク質を分解する酵素が配合されているため、通常の洗剤よりも洗浄力や抗菌効果が強く、部屋干しをしても臭いがつきません。

衣類を干す部屋では、エアコン除湿器を使いましょう。

部屋全体の湿度を下げることで、衣類が乾きやすくなります。

新聞紙も優秀な除湿剤になります。

部屋干しした衣類の下にくしゃっと丸めた新聞紙を置いておきましょう。

新聞紙が湿気を吸うので、衣類の乾きが早くなります。
 
 

まとめ

以上が、梅雨に負けない!洗濯・部屋干しの極意についてでした。

梅雨の洗濯、乾かない衣類が部屋に溜まってくると、イライラしますよね。

また、せっかく洗濯した衣類から嫌な臭いがするとがっかりです。

上記の方法で洗濯・部屋干しをすれば、こんな嫌な思いをすることが少なくなりますよ。

また、普段まとめて洗濯をしている方、梅雨の時期はこまめに洗濯機を回すようにしましょう。

部屋干しで隙間を作りながら干すためには、一度の洗濯物の量は少なくした方がよいからです。

今年の梅雨は上記の方法を参考に、部屋干し・生乾きの臭い対策をしてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学