Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「ICU」と「HCU」の違い!「CCU」も含め徹底解説!

      2017/09/06

病院を舞台にしたドラマや映画を見たり、小説を読んでいるとき「ICU」が登場することがありますよね。
この「ICU」って一体何をするところ?
ということで、今回は「ICU」や「HCU」などについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「ICU」とは?

「ICU」とは「Intensive Care Unit」のことで、日本語に直すと、「集中治療室」です。

日本集中医学会では「内科系、外科系を問わず、呼吸、循環、代謝そのほかの重篤な急性機能不全の患者を収容し強力かつ集中的に治療看護を行うことにより、その効果を期待する部門である」と定義しています。

急性心不全や脳卒中などで救急車で運ばれたときや、高度な術後管理が必要な手術を受けたときにICUに入るそうです。

医師や看護士が24時間体制で高度な治療や容体管理をしてくれます。

つまり、ICUにいるうちは、いわゆる「峠」だとか「予断を許さない状況」だということですね。

ICUとは上記の通りの場所なので、お見舞いだとか面会は通常の病室のようにはできません。

治療の邪魔になってしまいますし、患者さんも面会できるほど元気じゃありません。

ICUの面会の可否や面会時間のルールは病院ごとに決まっています。

また患者さんごとに「面会ができるかどうか」を主治医が判断します。

病院によるICUの面会ルールの例は以下のとおりです。

【大阪労災病院】
平日14:00~14:15、18:30~20:00
土日祝日14:00~14:15、18:30~20:00
※1回の面会は15分間だけ、面会できるのは家族や親族だけ
http://www.osakah.johas.go.jp/nyuin/menkai.html

 
【熊本労災病院ICU・救急医療体制】


 
ICU1
 

2.「HCU」とは?

「HCU」とは「High Care Unit」のことで、日本語に直すと「準集中治療室」や「集中管理病棟」「高度治療室」「重病患者病棟」です。

ICUと一般病棟の中間で、ICUでの治療を終え容体も安定してきた患者さんが一般病棟に入る前や手術後の回復室として一時的に入ることが多いようです。

つまりICUとHCUの違いは、若干HCUの方が軽症といったところですが、ICUと同様に24時間体制で治療・容体管理が行われています。

HCUの面会時間もICUと同様、一般病室とは異なります。

ICUと同じルールだったり、ICUよりは面会時間が少し長いという病院が多いようですね。

面会の可否や時間は患者さんの容体にもよりますから、主治医や看護師に問い合わせてみてください。

ICU2
 

3.「CCU」「NICU」「PICU」とは?

「CCU」とは「Coronary Care Unit」のこと、「冠疾患集中治療室」です。

循環器系、特に心臓血管系の患者さんを治療する集中治療室です。

「NICU」とは「Neonatal Intensive Care Unit」、「新生児集中治療室」です。

未熟児や障害・病気を持って生まれてきた新生児の治療をする集中治療室です。

「PICU」とは「Psychiatry Intensive Care Unit」、「精神病集中治療室」です。

主に精神科病院にあり、急性期の精神病患者の治療にあたる個室や隔離室のことです。

また、精神病に加え内科疾患を患っている患者さんを治療するための集中治療室のことを指すこともあります。

こちらの場合は、隔離室ではなく通常の集中治療室です。

「CCU」や「NICU」・「PICU」などは、特定の病気や患者のための集中治療室なので、面会のルールや可否はICUと同じです。

面会ができるかどうかは、病院や主治医に確認してください。

ICU3
 

まとめ

以上が、「ICU」や「HCU」などについてでした。

家族や友達がICUに入ったとき、すぐにお見舞いに行ったり容態を確認したくなりますが、容態が安定するまでは医師や看護師の邪魔にならないようにおとなしくした方がよさそうですね。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学