Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

暑中見舞いの書き方!時期は?目上の人や上司には?友人には?文例集

      2017/08/31

暑中見舞いは、梅雨から本格的な猛暑へ突入する小暑~立秋の間に送ります。
2016年の小暑は7月7日、立秋は8月7日です。
暑中見舞いと一言で言っても、送る相手によって書き方やマナーは色々、きちんとマナーを知っていなければとんだ失礼を働いてしまうかもしれません。
ここでは、相手別暑中見舞いの書き方マナーと文例をご紹介します。
今年の暑中見舞いを書く前に、一度マナーを確認しておくと安心ですよ。
ぜひ参考にしてください。
 

スポンサードリンク

 

1.暑中見舞い、基本の書き方は?

まずは暑中見舞いの基本の書き方からご紹介します。

暑中見舞いの構成は次の通り。

・季節の挨拶
「暑中お見舞い申し上げます。」

・先方の安否や健康を尋ねる。
「猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。」

・先方の無事を祈る。
「まだまだ暑さは続きますが、くれぐれもご自愛ください。」

・日付

暑中見舞いはこの構成・この順番で書きます。

季節の挨拶は、いわば暑中見舞いのタイトルなので、他の項目よりも一回り大きな文字で書くと、見た目のバランスがよくなります。

31暑中見舞い1
 

2.目上の人への暑中見舞い、書き方や文例は?

会社の上司や恩師など目上の人への暑中見舞いで気を付けるべきマナーは、最初の季節の挨拶です。

実は、「暑中お見舞い申し上げます。」の中の「お見舞い」、この言葉は同列か目下の人に向かって使う言葉です。

なので、目上の人に使うのは失礼!

目上の人への暑中見舞いでは、「暑中お伺い申し上げます。」と書きましょう。

では、文例をご紹介します。

『暑中お伺い申し上げます。
猛暑の日々が続きますが、○○様におかれましてはますますご壮健のことと存じ上げます。
暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。』

文例のうち、間違いやすいのが「自愛」の使い方。

最初に「体」をつけて「お体をご自愛ください」という使い方をされる方がいますがこれは間違いです。

注意しましょう。

「自愛」は「体を大切に」という意味なので、わざわざ最初に「体」をつける必要はありません。

31暑中見舞い2
 

3.親戚への暑中見舞い、書き方や文例は?

実家や親戚への暑中見舞いには、あなたの近況を書いておきましょう。

文例はこちらです。

『暑中お見舞い申し上げます。
猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
私どもはおかげさまで、特に病気も夏バテもせず、無事毎日を過ごしております。
今年のお盆は帰省する予定なので、今からお会いするのを楽しみにしています。
まだまだ暑さは続きますが、くれぐれもご自愛ください。』

両親への暑中見舞いでは、子どもの近況を書いておくことも忘れずに。

両親が一番楽しみにしていることですよ。

『○○は毎日、プールに公園にと元気に遊び回っています。
宿題はいつするつもりなのやら。』

というように書くとよいですよ。

31暑中見舞い3
 

4.友人への暑中見舞い、書き方や文例は?

友人への暑中見舞い、お互いの健康を気遣い、再会の約束を書いておきましょう。

文例はこちらです。

『暑中お見舞い申し上げます。
だいぶご無沙汰ですが、元気で過ごしていますか。
私は夏バテや食欲減退の気配もなく、毎日元気に過ごしています。
久しぶりに○○ちゃんとゆっくり話したいです。
秋に京都へモミジ狩りなどはいかがでしょうか。
まだまだ炎暑酷暑が続くけど、お互い健康に過ごしましょうね。』

友人ですから、少しくだけた文章でもよいですね。

暑中見舞いにお礼もかねるときには、

『先日は素敵なお土産をどうもありがとう。
主人と一緒に大切に使っています』

というように書きましょう。

また暑中見舞い、絵葉書を送ってもよいですね。

暑中見舞いの自作の動画を載せておきます。

ぜひ参考にしてください。

 
【暑中見舞い「朝顔」描き方】


 
31暑中見舞い4
 

まとめ

以上が、相手別、暑中見舞いの書き方と文例でした。

暑中見舞いを書くときは上記の通り、まずは基本の書き方をおさえ、あとは相手によって書き方を変えましょう。

また、暑中見舞いは印刷でもよいですが、送る相手が少ないときは手書きがおすすめです。

印刷の場合も、一筆書いておくとよいですよ。

暑中見舞いは、送る期間が決まっています。

暑中見舞いの時期が過ぎたら次は残暑見舞いになるので、暑中見舞いの時期に遅れないように早めにポストに投函してください。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 年賀状・暑中見舞い・寒中見舞い・挨拶状他