Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「寺院」と「寺」の違いを徹底解説!お寺の院と寺で意味が違う?

   

「寺院」と「寺」、この二つは同じもの?それとも違うもの?
「こっちは○○寺で、こっちは○○院」と、名前の付け方に明確な決まりはあるのかしら。
ということで、今回は「寺院」と「寺」の意味や違いなどについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「寺院」と「寺」の意味の違いとは?

いろいろと事典を調べてみました。

【寺】
は宗教儀式ができるところ、宗教施設

【寺院】
は宗教儀式と僧侶が宿泊できるところ、宗教施設+宿泊施設

 
とありました。

さらに、広辞苑も調べてみました。

【寺】
仏像を安置し、僧・尼が居住し、道を修し教法を説く建物。(以下略)

【寺院】
(「院」は支院を指す)寺(寺)。

 
広辞苑を見ると、「寺」も僧侶の居住スペースも含んでいるみたいです。

どうやら参考図書の上では、「寺」と「寺院」には明確な違いはないみたいですね。

実は、○○寺や○○院というのは通称名で、寺の正式名称(山号院号寺号)の一部を切り取ってつけられています。

たとえば、浄土宗総本山の「知恩院」は、正式には「華頂山知恩院大谷寺」ですが、真ん中の「知恩院」の名前で親しまれています。

「金龍山伝法院浅草寺」は最後の「浅草寺」が通称名ですね。

寺の名前の○○寺、○○院というのは、正式名称のどの部分を切り取ったかの違いだけということです。

つまり、呼びやすいような名称に省略するときに、「寺」「院」のどちらを含むか、ということですね。

寺院1
 

2.「霊園」や「仏閣」と「寺」の違いとは?

多磨霊園などの「霊園」とは、寺院に属さない墓地のことです。

寺院に属さないので、宗派宗旨は不問です。

宗教法人などが運営する民営霊園と、市町村や都道府県が運営する公営霊園があります。

「仏閣」とは「寺の建物。寺院。仏堂。(広辞苑より)」のことです。

これを見ると、「仏閣」は「寺・寺院」と大体同じ意味ですね。

また、「仏閣」は「神社仏閣」という形で使うことが多いです。

「神社仏閣」とは、「神社と寺」という意味です。

寺院2
 

3.「神宮」や「神社」と「寺」の違いは?初詣はどっち?

「神宮」も「神社」も同じ、神道の神をまつるところです。

「神宮」や「神社」、さらに「大社」などは社号といいます。

「神宮」皇室の祖先神や天皇を祀る神社や、大和平定に功績のある特定の神を祀る神社につけられる社号です。

明治維新以前は、「神宮」は伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3つだけでしたが、現在は24社あります。

【主な神宮】神宮(祭神など、系統)

・伊勢神宮(天照大神、皇室祖先神)

・鹿島神宮(武甕槌神、その他)

・香取神宮(経津主神、その他)

・橿原神宮(神武天皇、天皇)

・宇佐神宮(応神天皇・神功皇后、天皇)

・赤間神宮(安徳天皇、天皇)

・明治神宮(明治天皇、天皇)

 
この中でも別格なのは「伊勢神宮」です。

明治以前は、ただ単に「神宮」というときには「伊勢神宮」のことを指していました。

 
【伊勢神宮】


 
そして「大社」がつくのは、格式が高く大規模な神社です。

出雲大社が有名ですね。

つまり、神社は神社でも、「神宮」と「大社」はちょっと別格ということですね。

新年に初詣に行くのは神社や神宮、大社、お寺どちらでも構いません。

昔は、「神」「仏」とも同一視されていたのですね。

ただし、大晦日の除夜の鐘はお寺にしかありません。

なので、大晦日の夜はまずはお寺で除夜の鐘をつき、その後、神社や神宮に初詣に行くのもよいのではないでしょうか。

いろいろな神社、お寺を何度も回るのはNGではありません。

私は、大晦日の夜は寝ます(笑)

寺院3
 

まとめ

以上が、「寺院」と「寺」の意味や違いなどについてでした。

「寺院」と「寺」には、明確な違いはありません。

「霊園」はお寺の墓地以外の墓地のことです。

そして「仏閣」と「寺」にも違いはありません。

「神宮」や「神社」は神道の神をまつるところで、そのうち、皇室祖先神や天皇などをまつるところを「神宮」といいます。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学