Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「ソウル」と「ファンク」の違いを徹底解説!特徴を名曲で紹介!

      2017/11/18

音楽のジャンルは、ロカビリー、ジャズ、フォーク、カントリー、R&B、ソウル、ファンク、ロック、ヒップホップなど様々です。
中でも、ソウルとファンクは流行した時代も近く、特にわかりにくいですよね。
ということで、今回は「ソウル」と「ファンク」の違いや特徴などについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「ソウル(ソウルミュージック)」とは?

「ソウル(ソウルミュージック)」も「ファンク(ファンクミュージック)」もどちらもブラックミュージック、つまり黒人音楽です。

まずは、ソウルミュージックから解説します。

その歴史は、アフリカからアメリカへ黒人が連れてこられた時代、1600年代までさかのぼります。

その後時代が進み、アフリカ系の黒人が宗教音楽の一種として歌い始めたものが「ゴスペル」です。

時代は進み、1940年代になると「リズム・アンド・ブルース」が生まれます。

「R&B」のことです。

そして1960年代にこの「ゴスペル」と「R&B」が融合した音楽が「ソウルミュージック」です。

その後、この「ソウルミュージック」が「ファンクミュージック」へと派生していくのです。

ソウルミュージックの特徴を簡単に解説しますと以下のとおりです。

【ソウルミュージックの特徴】
・ゴスペル由来のコード進行
・たたみかけるようで覚えやすいリズム
・コールアンドレスポンス(呼びかけと応答)
・即興の多様

 
ソウルミュージックはファンクミュージックに比べると、ヴォーカル主体の音楽です。

ソウルミュージックで有名なアーチストは以下のとおり。

【ダニー・ハサウェイ】
What’s Going On

【レイ・チャールズ】
I Can’t Stop Loving You

【マービン・ゲイ】
Sexual Healing


 
ソウル1
 

2.「ファンク(ファンクミュージック)」とは?

「ファンクミュージック」も「ソウルミュージック」と近い時代、1970年代から流行した黒人音楽です。

「ソウルミュージック」から「ファンクミュージック」へと派生していくのですが、ファンクミュージックを簡単に解説しますとソウルミュージックからメロディを排除して、リズムに重点を置いた16ビートが基本の音楽です。

ファンクミュージックの特徴を簡単にまとめる以下のとおりです。

【ファンクミュージックの特徴】
・16ビート
・同じフレーズの繰り返し
・楽器全体を打楽器のように使う
・はねるビート感覚

 
ヴォーカル主体のソウルミュージックに比べて、ファンクミュージックでは楽器演奏やそこで生まれるグルーヴ、つまり高揚感とかノリを重視します。

また、黒人音楽の中でも体を動かしダンスを伴う音楽がファンクミュージックです。

ファンクミュージックで有名なアーチストは以下のとおりです。

【ジェームズ・ブラウン】
Living in America

【スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン】
I Want to Take You Higher

【グラハム・セントラル・ステーション】
Pow

1960年代以降に流行したソウルミュージックやファンクミュージックですが、1970年代後半にはディスコ人気の低迷とともに、人気を失っていきます。

1984年のマービン・ゲイの他界もあり、黒人音楽の流行はHipHop(ヒップホップ)へとうつっていきました。

ソウル2
 

まとめ

以上が、「ソウル(ソウルミュージック)や「ファンク(ファンクミュージック)」の歴史や特徴などについてでした。

ソウルミュージックもファンクミュージックも黒人音楽の一つで、1960年代から流行した音楽です。

ソウルミュージックがヴォーカル主体なのに比べて、ファンクミュージックは楽器の演奏によるグルーヴ感が大切でさらに体を動かしてダンスができる音楽です。

音楽は聞いて覚えるのが一番ですね。

上記で紹介した曲以外に名曲はたくさんありますよ。

さっそくユーチューブで検索してみてください。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学