Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「ジャケット」と「コート」の違いを解説!「ブルゾン」との違いは?

      2017/11/21

ジャケットとコート、どちらもファッションの定番アイテムですが、両者の違いって?
また、ブルゾンやオーバーは?
ということで、今回はジャケットやコート、ブルゾンの違いなどについて調べてみました。
それにしてもファッション関係って、名前がたくさんあって迷いますね。
しかも、新しい名称が次から次へとうまれてきます。
 

スポンサードリンク

 

1.「ジャケット」とは?

「ジャケット」とは、洋服で前が開く腰丈くらいの上着の総称です。

元々は西ヨーロッパの前が開く腰丈の上着のことで、最初は男性専用のものを「ジャケット」と呼んでいたのですが、やがて男性用と女性用ともに「ジャケット」と呼ぶようになりました。

ですから、スーツの上着もジャケットですし、ブレザーやテーラードジャケット、ツイードジャケット、ミリタリージャケット、全て含めてジャケットです。

生地も、ウールやツイード、麻など色々あります。

また、ブルゾンやジャンパーもジャケットに含まれます。

ジャケット1
 

2.「コート」とは?

「コート」とは、雨除け風除けのために衣服の上から着る丈の長い前開きの上着の総称です。

雨除け風除けや、防寒が目的ですので、外出時に着用します。

丈は、ジャケットよりも長く、足首まであるものもあります。

ジャケットを着たその上に着用するのがコートです。

ダッフルコート、トレンチコート、モッズコートなどが全てコートですね。

「ジャケット」と「コート」の違いは、丈の長さと用途です。

「ジャケット」はだいたい腰丈くらいまで、「コート」は腰丈より長いものです。

また「コート」は寒さなどをしのぐために屋外で着るもので、屋内では着用しません。

ジャケットは、「寒いから着る」ということもありますが、マナーとして暑いときや屋内でも着用しなくてはいけないこともありますよね。

クールビズでも公式の場面ではジャケットは外せません。

コートはマナーのために着るものではなく、「寒いから」「風雨をしのぐため」に着るものです。

なので、機能性重視のファッションアイテムです。

ですから、コートは室内では脱ぐのがマナーですよ。

レストランで食事をしたり、結婚式やパーティーに参加するときは、入り口でコートを脱いでくださいね。

ジャケット2
 

3.「ブルゾン」とは?「アウター」や「オーバー」は?

「ブルゾン」は、ジャケットの一種です。

「ブルゾン」フランス語で「裾をしぼったブラウス」という意味で、ウエスト丈もしくは腰丈の裾をしぼった形のジャケットのことです。

フランス語の「ブルゾン」を英語にすると「ジャンパー」です。

元々は作業着でした。

裾にたるみが入り、ベルトやタックで体に合うように絞ります。
 
 
「アウター」とは「外側に着る衣服」の総称で、コートやジャケット、カーディガンなどがアウターです。

アウターの対義語はインナーで、下着やジャケットの中に着るブラウス、カットソーのことです。
 
 
「オーバー」オーバーコートの略で、外側に着用するコートのことです。

つまり、コートと同じ意味ですね。

ジャケット3
 

まとめ

以上が、ジャケットとコートの違いなどについてでした。

ジャケットは腰丈までの前開きの上着、コートは防寒や風除け、雨除けのために着る前開きの丈の長い上着のことです。

ジャケットは公式の場では暑くても着るのがマナー、コートは寒くても室内では脱ぐのがマナーです。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学