Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

花粉症の原因は?花粉症の症状と対策・対処法や予防法を一挙大公開

   

寒さもゆるむ初春、憎きあいつが南風に乗ってやってくる。
春一番が吹いたというニュースではなく、鼻のムズムズ、目のかゆみで春の訪れに気付くという方も多いのでは?
そう、今回は花粉症のお話です。

スポンサードリンク

今や、日本人の四人に一人がかかっているともいわれている花粉症、国民病といっても過言ではありませんね。
ここでは、花粉症の原因や対処法、予防法などについてご紹介します。

1.花粉症の原因は?

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎ともいわれる通り、アレルギー症状の一つです。

くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こす花粉症のアレルゲンはスギやヒノキなどの植物の花粉です。

イネやブタクサの花粉がアレルゲンとなる方もいます。

花粉症の主な症状は、

・鼻水、鼻づまり
・くしゃみ
・目のかゆみ、充血
・肌のかゆみ

というような、まあ、ごく普通のアレルギー症状です。

ごくごくまれに呼吸困難などのアナフィラキシーショックが起きることもありますが、蕎麦を食べたり蜂に刺されたりして起きる確率に比べたら、可能性はとても低いです。

花粉症の中でもイネ科の花粉でアナフィラキシーショックが起きやすいと言われています。

49花粉症1

2.花粉症の対処法は?

花粉症のアレルギー症状が起きたときの対処法をご紹介します。

まずは、鼻水・鼻づまりから。

鼻水、鼻づまりは、鼻孔から入ってくる花粉に体が反応して起こるアレルギー症状です。

鼻水はかむしかありません。

かんだ後、鼻の頭が赤くなったりひりひり痛くなったときには、冷たいタオルなどで冷やし、ワセリンを塗ってください。

鼻づまり解消には、鼻筋を温めるのが効果的です。

電子レンジで温めたタオルを鼻筋に当ててみてください。

鼻づまりがひどいときには、点鼻薬がおすすめです。

点鼻薬は市販されているので、ドラッグストアで探してみてください。

鼻水、鼻づまりにはツボ押しも効果的みたいです。

ぜひお試しあれ。

花粉症に効く ツボ 亀岡市 南丹市 しゅはら鍼灸整骨院

目のかゆみ、充血には洗眼液がおすすめです。

外出先から帰宅したとき、かゆみがひどいとき、洗眼液で目を洗いましょう。

また、普段コンタクトレンズを使用している方、花粉症の季節は眼鏡をかけてください。

目は侵入してきた花粉を涙で流す自前の洗浄効果があります。

しかし、コンタクトレンズをしていると、涙が流れず、花粉がいつまでも目に残ったままになってしまいます。

花粉症にコンタクトレンズは禁物、眼鏡にかえてください。

49花粉症2

肌のかゆみ、赤みには冷却と保湿が効果的です。

肌がかゆくなると思わず爪でかいてしまいそうになりますが、そこはぐっと我慢、保冷剤や冷やしたタオルで患部を冷やしてください。

冷やすことでかゆみがひきます。

その後、保湿クリームを塗っておきましょう。

3.花粉症の予防法は?

花粉症は空気中の花粉の量に比例して症状が悪化します。

こんな日は花粉の飛散量が多くなるのでご注意ください

・気温が高く、空気が乾燥した(湿度が低い)晴れまたは曇りの日。植物がここぞとばかりに花粉を飛ばします。

・前日が雨。植物は前日花粉を飛ばせなかったことでうずうずしています。

・やや強い南風が吹き、その後北風に変化したとき

こんな日は花粉が多く飛んでいるので、注意が必要です。

花粉症の予防では、「花粉を体内に入れないこと」を意識してください。

・外出を控える。

・外出するときは、帽子・眼鏡・マスクなどで完全防備!眼鏡は花粉症用のものがおすすめです。

・コートや上着は花粉のつきにくいツルツル素材を選ぶ。レインコートのような生地がおすすめです。

・帰宅したら、玄関に入る前にコートや髪の花粉を払い落す。

・帰宅後はまず、洗顔・手洗い・うがい。その後、部屋着に着替えましょう。

・屋内にいるときは、ドア・窓をきっちり閉めておく。換気は、花粉の少ない夜に行ってください。

・掃除はこまめに!ただし、布団を干すのは控えましょう。

・空気清浄機を利用しましょう。空気清浄機がないときは、加湿器でもよいですよ。

日常生活で上記のことに注意しましょう。花粉症の症状を和らげることができます。

49花粉症3

まとめ

以上が、花粉症の原因や対処法、予防法などについてでした。

花粉症の方、ぜひ参考にしてください。

上記に加えて、栄養価の高い食事・十分な睡眠・規則正しい生活で体力をつけることで、花粉症の症状が軽くなります。

花粉症の方は、食事や睡眠を十分にとり、体力アップを目指しましょう。

スポンサードリンク

 - ヘルスケア, 花粉症