お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「組織」と「体制」の違いを解説!具体例でわかりやすく意味を紐解く

更新日:

小学生の頃、某人気マンガで「黒の組織」というのがあって、初めて「組織」という日本語を知りました。

子供って不思議なもので、初めて聞く言葉で、しかも意味もよく理解していないのに、「ああ、組織ね」という感じでなんとなく理解したり覚えたりしちゃうんですよね。

で、次からは違う場面でも普通に「組織」という言葉を使ってしまう……意味もちゃんと理解していないのにね(笑)

曖昧な理解のまま、言葉だけを増やしていくことができるのは、人間の一つの能力だと思います。

私、今日にいたるまで、「組織」を辞書で引いたことがありませんでした。

なんていっても、やっぱり曖昧のままで使い続けるのはよくありません。

ということで、今回は「組織」と「体制」の意味の違いなどについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「組織」と「体制」の意味の違いは?

では、人生で初めて「組織」を広辞苑で引いてみます。

【組織】

・組み立てること。組み合せて一つのまとまりを作ること。

・(organization[オーガニゼーション])社会を構成する各要素が結合して有機的な働きを有する統一体。また、その構成の仕方。

 
次は「体制」、こっちは引いてみるとマーカーで印がついていました。

同音異義語が多い試験頻出ワードなので、きっと、受験勉強のときに調べたのでしょう。

記憶はありません(笑)

【体制】

・社会組織の構造や様式。社会を1個の有機体に見立てていう。

・政治支配の形式。特に、既存の支配勢力。

 
「組織」とはある目的のために集まった団体で、さらに成員(構成メンバー)一人一人に何らかの役割がある団体です。

成員は組織の活動のために分業し、組織の目的を実現させるべくがんばります。

会社や企業、省庁などが組織です。

組織1

「体制」とはその組織の仕組みやシステムのことです。

たとえば、ある企業(組織)の経営状況が悪化した場合よく「経営の体制を立て直す」といいますが、その組織の仕組みを改善させるという意味ですね。

また、北朝鮮でいえば朝鮮労働党という一つの組織が政権を担い、そのシステムは社会主義体制です。

 
【組織・体制の使用例】
・旧態依然とした体制をこわし、風通しのよい組織に生まれ変わる。
・うちの会社はなんでも社長の鶴の一声で決まるワンマン体制だ。
 


 

2.「組織」と「集団」「団体」とは違う?

「組織」は英語では「organization(オーガニゼーション)」、「集団」「団体」は「group(グループ)」です。

「集団」とは複数人が集まった状態・集まってできるまとまりのことで、集団には目的などはありません。

烏合の衆が集団です。

「集団下校」「集団訴訟」「集団行動」のように「集団」の下に集団の目的をつけて、集団の目的や性質をはっきりさせることもあります。

「団体」とは同じ目的のもとに複数の人が集まってできるまとまりのことです。

こういうと「組織」と似ていますが、「団体」では目的はあっても、組織のように成員それぞれが役割を担うなどきちんとした分業システムがないことが多いです。

例)団体旅行、団体割引、非営利団体

組織2
 

3.「体制」と「態勢」「体勢」とは違う?

「体制」には同音異義語が多いのでどの「たいせい」を使うか悩んでしまいますよね。

「体制」の意味は前項の通り、組織の仕組み・システムのことです。

例)資本主義体制、ベルサイユ体制、体制側につく

「態勢」「物事に対するかまえや状態。(広辞苑より)」です。

例)受け入れ態勢、万全の態勢、増産態勢

「体勢」「からだのかまえ。姿勢。(広辞苑より)」です。

例)体勢をくずす、不利な体勢、防御の体勢をとる

「体勢」はわかりやすいですね。

体の姿勢のことです。

組織3

「体制」と「態勢」はちょっと似ているかな。

【「体制」と「態勢」の使い分け】

・体制は長期的、態勢は一時的・短期的

・体制は大きな組織に使う、態勢は個人についても使う。

 
「体制」は変わらないものです。

変わるときには革命などの大事がおきたときです。

「態勢」は状況に合わせて変化していくものです。

また、自分自身の心構えについても「態勢」は使うことができます。
 

スポンサードリンク

 

「顧客」と「お客様」の意味の違いをご存知ですか?

詳細については、下の関連記事をご覧ください。

「顧客」と「お客様」の違いと使い分けを解説!ん…意味が違うの?

 
 

まとめ

以上が、「組織」と「体制」の意味の違いなどについてでした。

実際に目にしたり、仲間に入ることができるのは「組織」です。

「体制」は目で見ることはできません。

「集団」と「団体」は人が集まる点で似ていますが、団体には集団にはない目的があります。

ただし、「集団」と「団体」は実際に同じ意味で使われることも多いです。

「態勢」は心がまえのこと、「体勢」は体の姿勢のこと、漢字の違いで意味の違いを理解しておくとよさそうです。

会社で仕事をするうえで必ず使う言葉が「企画」や「計画」。

「企画」と「計画」の違いについては、下の記事を覗いてみてください。

「企画」と「計画」の違いを解説!意味や使い分けは?英語では?

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.