Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

他山の石とはどんな石?他山の石の石を調査!意味や使い方は?

      2018/10/31

Pocket
LINEで送る

「他山の石」は誤用が多い言葉だそうです……って聞くと、自分が正しく使うことができているか不安になりますね(-_-;)

また、この「他山の石」の「石」ってどんな石なのでしょうか?

ということで、今回は「他山の石」の意味や使い方、また「他山の石」の「石」について調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「他山の石」の意味は?「石」ってどんな石?

「他山の石」を広辞苑で引いたところ、「他山の石」では載っておらず「他山の石とする」もしくは「他山の石以(もっ)て玉を攻(おさ)むべし」で載っていました。

広辞苑によると出典元は「詩経(しきょう)」です。

「詩経」は中国最古の詩編だそうです。

意味は「(よその山から出た粗悪な石でも、自分の宝石を磨く役には立つという意から)自分より劣っている人の言行も自分の知徳を磨く助けとすることができる。(広辞苑より)」、つまり「他山の石」とは他人の誤った発言や行動も自分の参考になるということなのですね。

ということで、「他山の石」の「石」とはどのような「石」なのか、ということです。

まずは、理想の石は「玉」つまり「宝石」です。

そして「他山の石」の「石」とは、この「宝石」とは対照的な反対の意味の「石」

要するに、「他山の石」の「石」とは、とても貴重な「宝石」とはいえないような「粗悪な石」を意味しています。

「粗悪な石」でも、「宝石」を磨くのには役に立つということですね。

「他山の石」の類義語は「人の振り見て我が振り直せ」です。

また、「反面教師」も類義語です。

【他山の石】


 
ロック1

「他山の石」の誤った解釈で多いのが、「手本にするべき他人の優れた発言や行動」という意味で使うことです。

また、「自分にとっては全く無関係である」という意味の「対岸の火事」と混同している方もいるようですね。

「他人の優れた発言や行動」も「対岸の火事」も、「他山の石」とは全く違う意味なので注意しましょう。
 

スポンサードリンク

 

2.「他山の石」の具体的な使用例は?

「他山の石」は「戒めにすべき他人の誤った発言や行動」のことです。

ということで、「他山の石」の実際の使い方を以下のとおり紹介します。

【「他山の石」の正しい使い方】

・彼の失敗を他山の石として私も気を付けよう。

・先日、他社が起こした産地偽装事件を、他山の石としてチェックの強化をはかってください。

・君はそうやって他人事のように考えているかもしれないが、この件は他山の石とした方がいい。

・私の失敗を他山の石として、君たちにはがんばってほしい。

 
他山の石2
 

【「他山の石」の誤った使い方】

・彼のダイエットの失敗を他山の石とせず、私ももう一度自分のダイエットの方法を見直そう。

※「他山の石」は「対岸の火事」や「他人事」という意味ではありません。
「他山の石とせず」という使い方は間違い!
「他山の石として」が正しい使い方です。

・社長の行いを他山の石として、社員一同がんばります。

※「他山の石」は「参考にすべき他人の誤った発言や行動」であり「他人の優れた発言や行動」ではありません。
そういった意味で目上の人の正しい発言や行動をさして使うのは間違いです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が「他山の石」の意味や使い方などについてでした。

「他山の石」の「石」とは、「宝石」に対する「粗悪な石」のことです。

また、「他山の石」は「戒めにすべき他人の誤った発言や行動」のことで、「他山の石とせず」という使い方はしません。

「他山の石として」という使い方をしてください。

ということで、目上の人の正しい発言や行動を「他山の石」ということはないので要注意!

間違っても社長に向かって「社長を他山の石として」なんて言っちゃだめですよ。

 - 暮らし・生活・雑学