Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「ビストロ」と「バル」の違いを解説!意味は?どこの国の言葉?

      2018/10/31

Pocket
LINEで送る

私が初めて「ビストロ」という言葉を知ったのは残念ながら終了してしまったテレビ番組の「ビストロスマップ」でしたが、最近は日本でも「ビストロ」や「バル」のお店が増えていますよね。

「レストラン」や「バー」なら大体イメージできるけど「ビストロ」って一体……それに「バル」って?

カタカナ語って難しいです(-_-;)

ということで、今回は「ビストロ」や「バル」の意味の違いについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「ビストロ」とは?意味は?

「ビストロ」とはフランス語で、「小さい居酒屋」とか「小さい定食屋」という意味です。

カジュアルで服装の規則などもないのが「ビストロ」、日本でいえば気楽に服装なども気にせず利用できる居酒屋のことです。

ちなみに「レストラン」もフランス語なのです。

現在の日本では様々な形態の料理店を「レストラン」とひとくくりにしていますが、本来の「レストラン」とはコースで食事をしたり服装の規則や子供の年齢制限などもある、高級なお店を意味しています。

つまり、高級な「レストラン」と比較すると、気軽に服装も気にせず入れるのが「ビストロ」ということになります。

ビストロでは、ワインや様々な料理を楽しむことができます。

ビストロ1

フランスでは、以下のような順番で料理店のランクが付けられています。

・カフェ

その名のとおりで喫茶と軽食のお店です。

・ブラッスリー

ビストロと同等のカジュアルな料理店です。
もともとは「ビアホール」の意味で、食事だけでなくビールなど様々なアルコールも楽しめます。

・ビストロ

ブラッスリーと同等のカジュアルな小料理屋、居酒屋です。
料理もワインも楽しめます。

・オーベルジュ

宿泊施設があるレストランのことで、レストラン同様に高級な料理店です。
服装規則があります。

・レストラン

高級な料理店で、服装規則があります。

・グランメゾン(グランドメゾン)

和製フランス語で、フランスではミシュランの三ツ星のお店のことです。
最も高級な料理店で、厳しい服装規則がありますのでスーツ必須となります。

 
日本では「レストラン」の定義がバラバラですので、なんとも言えないところですが、気軽にいつでもふらっと入れるお店が「ビストロ」という感じでよいと思います。
 

スポンサードリンク

 

2.「バル」とは?意味は?

「バル」とは、イタリアやスペインなどでお酒やコーヒー、食事を楽しむことができる飲食店のことです。

「バル」は、英語の「Bar(バー)」と同じ綴りで、スペイン語では「Bar(バル)」、イタリア語では「Bar(バール)」といいます。

日本では、「バー」はお酒を楽しむお店のイメージですが、「バル」とは「バー」と「料理店」が一緒になったイメージです。

本場ヨーロッパのバルは、朝から夜まで営業しています。

特にスペインでは、生活には絶対欠かすことのできないコミュニティーの場となっており、一日に何度も利用するのが当たり前になっています。

ビストロ2

ちなみに、イタリアでの飲食店のだいたいのランク付けは以下の通りです。

・カフェ

喫茶と軽食のお店です。

・ピッツェリア

ピザ専門店です。

・バール(バル)

お酒と料理が楽しめるお店で、立ち飲み屋も多いです。

・オステリア

カジュアルな飲食店で、服装規則はありません。

・トラットリア

カジュアルな飲食店で、服装規則はありません。

・リストランテ

イタリア語の「レストラン」です。
高級な料理店で服装規則があります。

 
「リストランテ」を除けば、どこでも気軽に入ることができますので、それほど格付けの明確な差はありません。

また、イタリアではピザは軽食やファストフードです。

なので、リストランテではピザは出てきません。

イタリアでピザを食べたいときは、リストランテに行ってはだめ!

リストランテはもっと高級な料理を楽しむ飲食店です。

日本でいえば、うどんやお好み焼きを食べたいときに料亭や割烹に行かないのと同じかもしれません。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「ビストロ」と「バル」の意味や違いについてでした。

「ビストロ」はフランス語で、気楽に利用できる飲食店のことです。

デートや女子会、家族と一緒に、テーブルについてゆっくり料理やお酒を楽しみたいときには「ビストロ」がぴったりですね。

「バル」は「バー」と「料理店」が一緒になったようなイメージで、もともとはスペインやイタリアなどの飲食店です。

日本ではスペイン料理や南欧料理の立ち飲み屋さんや飲食店を「バル」ということが多いですね。

 - 暮らし・生活・雑学