Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ガラスの森美術館の所要時間を解説!時間はどれくらいかかる?

      2018/08/22

Pocket
LINEで送る

箱根の人気スポットは色々ありますが、その一つが箱根ガラスの森美術館!
中世ヨーロッパ貴族の別荘を模した館内には多くのガラス作品が展示されています。
美しいヴェネチアングラスを見ることができますよ。
また、箱根ガラスの森美術館では展示品だけでなく建物や庭園もすてきですよね。
デートに人気のワケがわかります。
ということで、今回は箱根ガラスの森美術館の所要時間やアクセス、見どころなどをご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.箱根ガラスの森美術館の所要時間とアクセスは?

まずは、箱根ガラスの森美術館の所要時間ですが、ゆっくりと巡って1時間30分~2時間くらいです。

ただし、館内で食事をする場合は食事の時間をプラスしてください。

箱根ガラスの森美術館の場所はここ!国道138号線沿いです。

アクセスは以下のとおりです。

【アクセス】

①JR小田原駅東口から箱根登山バス(湯本駅・宮ノ下・宮城野経由・桃源台行もしくは湖尻行)に乗車、俵石・箱根ガラスの森前で下車【移動時間約35分】

②小田急箱根湯本駅から箱根登山バス(湯本駅・宮ノ下・宮城野経由・桃源台行もしくは湖尻行)に乗車、俵石・箱根ガラスの森前で下車【移動時間約25分】

③自家用車では、東名御殿場I.C.から国道138号線で箱根方面へ【移動時間約20分】

 

スポンサードリンク

 
箱根ガラスの森美術館には駐車場があり、駐車料金は1日300円です。

ガラスの森美術館の営業時間は10:00~17:30(入館は17:00まで)、入館料は大人1500円、大学高校生1100円、小中学生600円ですが、インターネット特別割引チケットを利用すると100円引になります。

箱根ガラスの森美術館の公式サイトにインターネット特別割引チケットのページがあるので、それをプリントして持参するか、スマホやタブレットでページを表示し、チケットを購入するときに係の方に見せてください。

5名様まで割引になります。

【箱根ガラスの森美術館】
http://www.hakone-garasunomori.jp/entrance/ticket/

ガラスの森美術館1
 

2.箱根ガラスの森美術館の見どころは?

ガラスの森美術館には見どころがいっぱいです。

・ヴェネチアングラス美術館と現代ガラス美術館

約100点のヴェネチアングラスや現代ガラス作品を見ることができますし、なんと撮影もできます。

撮影自由の美術館なのです。

ガラス作品だけでなく、中世ヨーロッパ貴族の別荘を模した館内は内装も見どころです。

 

・庭園

中世ヨーロッパ貴族の別荘庭園を模した庭で、ここにもクリスタルガラスオブジェなどのガラス作品が!

室内で見るガラス作品も美しいですが、屋外のガラス作品は太陽の光でキラキラ光ってとても美しいです。

特に人気なのが「光の回廊」、16万粒のクリスタルガラスで作られた高さ約9m、全長約10mのアーチです。

また、この庭園からは大涌谷を眺望することもできます。

 

スポンサードリンク

 

・ガラスの体験工房

見るだけでなく作るのもガラスの楽しみ方!

ガラスの森美術館ではフュージングやサンドブラストというガラス加工の体験をすることができます。

フュージングは色々なガラスを合わせて熱で溶かす技法で、サンドブラストとは砂を吹きかけて削り模様描く技法。

自分だけのガラス器やアクセサリーを作ってみてはいかが?

①サンドブラスト体験
・マイグラス作り
・体験費1300円
・所要時間30~40分

②フュージング体験
・アクセサリー作り
・体験費1700円
・所要時間15~20分

 
また、ガラスの森美術館ではガラスアクセサリーやガラス器、ガラスのインテリアを購入することもできます。

【箱根ガラスの森美術館】


 
ガラスの森美術館2
 

まとめ

以上が、箱根ガラスの森美術館の主要時間やアクセス、見どころなどについてでした。

箱根ガラスの森美術館に行くときの参考にしてください。

ガラスの森美術館は美術館だけでなく庭園も見どころなので、晴れた日に遊びに行くとさらに楽しめますよ!

 - テーマパーク