Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

葬式のときのスーツのボタン!一番下はとめるの?金ボタンは大丈夫?

      2017/05/28

男性のビジネススーツでは、一番下のボタンは飾りボタンなのでとめません。
では、お葬式に参列するときの喪服では?
ビジネスマナーとは違うから、ボタンは全部とめるべき?
それとも、やっぱり外す??
また、ブレザーの金ボタンは大丈夫?
ということで、今回は葬式のときのスーツのボタンについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.葬式のときの男性スーツのボタンは全部とめるべき?

葬式では、一般的には準礼服のブラックスーツを着て参列することが多いでしょう。

準礼服の正式は一つ拝みボタンなので、ボタンをとめる/とめない問題で悩むことはそもそもないはずなのですが、最近では準礼服でも二つボタン三つボタンが増えていますよね。

葬式に参列するときも、ビジネスシーンと同様、一番下のボタンはとめません。

いつも通りに準礼服のブラックスーツを着てください。

お通夜や法事でもスーツの着用方法は同じです。

お通夜のスーツについてですが、遺族側ではなく会葬者としてお通夜に参列するときには「とりあえず急いで駆けつけました」という意味で準礼服でない普通のスーツを着てもよいです。

といっても、派手なスーツはだめですよ。

黒や濃紺、ダークグレーで、お通夜で悪目立ちをしないスーツを着てください。

そして、翌日のお葬式に参列するときは、必ず準礼服(礼服)を着てください。

 
【お葬式参列時の服装について】


 
葬式の時のスーツのボタン1
 

2.ブレザーの際の金ボタンは避けるべき?

大人はお葬式にブレザーは着ません。

職業によっては制服がブレザーということもあるのかな。

そのときは、職場の決まり・指示に従うのがよいと思います。

困るのが子どもの制服ですよね。

実は私も中高と金ボタンつきのブレザーで困りました。

こんなときに限って、不幸は重なるもので……(´・ω・`)

制服であろうと、お葬式に金ボタンはあまりふさわしくありません。

指摘する人はいないでしょうが、目立ちます。

何より、本人が一番居心地が悪いですよね。

もし、お葬式に着て行ける私服(黒や濃紺のブレザー、ジャケット、ボレロなど)を持っている場合は、ブレザーの代わりにその私服を着ていくのがおすすめです。

特に、遠方のお葬式に出るときには、制服か私服かなんて、参列者には分かりませんから制服にこだわるよりもマナーに合った私服を着た方がよいでしょう。

どうしてもブレザーを着なければいけないときは、金ボタンを他のものに交換するか、ボタンの上にカバーをつけておきます。
(ボタンカバーは下をご覧ください)

ただ、制服が金ボタンであるのならそれで葬式に参列するのも仕方のないこと、気にせず金ボタンのまま参列しても大丈夫だと思います。

【黒のボタンカバー(1セット5個入り)男女兼用】

 
葬式のときのスーツのボタン2
 

まとめ

以上が、葬式のときのスーツのボタンについてでした。

ビジネスでも冠婚葬祭のフォーマルでも、スーツのボタンマナーは同じです。

下のボタンは外しておきましょう。

ボタンが一つしかついていないときは留めてくださいね。

ボタンがお葬式にふさわしくない色・素材・デザインの場合は、ボタンを取り替えてください。

二つ、三つのボタン、取り替えるのに手間はかからないはずです。

替えのボタンがない、制服だからどうしても金ボタンのブレザーを着なければいけないというときには、仕方ありません。

そのままお葬式に参列してください。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 葬式