お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「格納」と「収納」の違い!意外な差を徹底解説するよ!

投稿日:

 
「格納」と「収納」。

似ていますが、「納」が共通点。
 
 
「納」は「しまう」という意味がありますので、どちらも「しまうこと」です。

では、「格納」と「収納」では何がどう違うのか???ですよね…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、微妙ではありますが、違いがありました!
 
 
本記事では、「格納」と「収納」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「格納」と「収納」の意味の違い!

まずは、「格納」と「収納」の意味の違いを端的にお伝えします。

「格納」とは、物をキチンとしまい入れること。

「収納」とは、物をしまい入れること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「格納」の意味とは!

「格納」は、物をキチンとしまい入れること。

「収納」も「格納」も、どちらもしまい入れることなのですが、「格納」はそれに「キチンと」が加わります。
 
 
「格納」の「格」は、「止める」「固定する」という意味があります。

要するに、簡単に持ち出しされると危険であるような物を、キチンと固定してしまっておくということ

この部分が「収納」にはない、「格納」の意味のポイントです。
 
 
 
たとえば、「航空機の車輪が格納できず引き返す」といったニュースを聞いたことがありませんか?

これは、通常飛行機が離陸すると不要になる車輪を機体にしまいますが、それが故障によりしまえない状態ということ。

こういった、危険が伴うような大切なものに対して「格納」は多く使われます。
 
 
飛行機本体をしまう場所も「格納庫」といった言い方をしますね。

その他にも、「原子炉格納容器」といった使い方をします。
 
 
 
身近なものでは、「ダウンロードしたデータが、○○フォルダへ格納される」といった使い方。

パソコンデータやプログラムといったものは、簡単にいじられたり改変されたら困るような大切なものですよね。

こういった、コンピューターが関係するものにも「格納」は多く使われます。

PIN1
 

②「収納」の意味とは!

「収納」は、物をしまい入れること。

「格納」は「キチンとしまい入れる」ですが、「収納」はただ「しまい入れる」です。
 
 
 
普通にしまうことですので、日常生活で頻繁に使われる言葉。

たとえば、「収納ラック」や「収納家具」といった使い方をします。

どれも、物をしまうためのものですね。
 
 
 
ちなみに、「収納」は物をしまい入れるという意味の他に、役所がお金など受け取るという意味があります。

「住民税を収納する」といった使い方。
 
 
 
その他に「農作物を取り入れる」という意味もあります。

「収穫」と似ていますが、同じような意味として「収納」も使われます。

露地栽培のメリット1
 

③「格納」と「収納」の違いを整理!

それでは、ここで一度「格納」と「収納」の意味の違いを整理します。
 
 
物をキチンとしまい入れるのが「格納」。

物をしまい入れるのが「収納」。
 
 
「格納」は、危険なものや大切なものに対して多く使われます。

 


 

2.「格納」と「収納」の辞書での意味!

続いて、辞書による「格納」と「収納」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「格納」の辞書での意味!

【格納】

・きちんとしまい入れること。

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。
 

②「収納」の辞書での意味!

【収納】

①役所が金品を受け取りおさめること。「税の―」

②農作物などを取り入れること。

③品物を、押し入れや箱などにしまうこと。「―家具」

引用元:旺文社国語辞典

意味が3種類で、内容も説明どおりです。

飛行機
 

3.「格納」と「収納」の使い方!

最後に、「格納」と「収納」の使い方を例文で紹介します。
 

①「格納」の使い方!

・自動運転化を見越してハンドル格納機能を搭載する。

・核燃料が溶け落ちた格納容器内の線量。

・消火器具を保管する格納ボックス。

・長期間にわたり効率的に保存できるデータ格納機能。
 

②「収納」の使い方!

・ランドセルや教科書等を収納する設備。

・カラーボックスを使った便利な収納アイデア。

・暮らしと空間を整える整理収納サービスを行う会社。

・日本収納検定協会が主催するイベントに参加した。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「格納」と「収納」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「格納」は物をキチンとしまい入れることで、「収納」は物をしまい入れること。

意味はほとんど同じですが、「格納」の方は「キチンと」が加わります。
 
 
「格納」は航空機や原子炉、コンピューター関連で多く使われる言葉です。

「格納」と「収納」の意味の違いを説明しましたが、「収納」と似た意味の言葉で「収容」があります。

「収納」と「収容」も、同じようで実は微妙に違いますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「収容」と「収納」の違い!具体例でわかりやすく解説するよ!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.