お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「条文」と「条項」の違い!具体例でわかりやすく徹底解説!

投稿日:

 
「条文」と「条項」。

法律などが関係してくると出てくる言葉です。

仕事をする上で、法や社内規定をまもるのは当然ですからね…。
 
 
ところで、この「条文」と「条項」、結構勘違いが多いようで…。

会話がかみ合わないなんてことも、チラホラと…。
 
 
 
そういったすれ違いを防ぐべく、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみました!

意外に、間違って使っているかもしれませんよ!
 
 
本記事では、「条文」と「条項」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「条文」と「条項」の意味の違い!

最初に、「条文」と「条項」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「条文」とは、法律などの箇条書きの文章のこと。

「条項」とは、箇条書きにした一つ一つの項目。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「条文」の意味とは!

「条文」は、法律などの箇条書きの文章のこと。

「文章」のことで、具体的には以下の「日本国憲法」で説明しますね。

日本国憲法

第1章 天皇

第1条

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

引用元:日本国憲法

これは日本国憲法の「第一章」「第一条」ですが、その中の「天皇は~基づく」とありますが、この文章が「条文」の中の一つということ。

つまり、「何をいっているのか」という部分です。

あくまでも文章のことであり、見出しや項目を指しているのではありません。
 
 
 
日本の法律は、「編」「章」「節」「款」「目」や、「条」「項」「号」といったように細かく区分けされています。

この区分けされた「条」のことを、「条文」と間違われことがあるようですが、この「条」ではありません。

あくまでも、「天皇は~基づく」などといった、文章のことです。
 
 
 
ちなみに、「条文」は法律以外でも「条例」や「条約」などでも使われます。

理事1
 

②「条項」の意味とは!

「条項」は、箇条書きにした一つ一つの項目。

「条文」は「何をいっているのか」といった内容を指していましたが、「条項」は文章の中身ではなく区分けされたその一つ全体を指しています。
 
 
先ほどの日本国憲法にたとえますね。

日本国憲法の「第一章」「第一条」には、「天皇は日本の象徴ですよ。そして、今後のその地位は日本国民全員の意見で決められますよ」と言っています。

この言っていることが「条文」ということ。

そして「条項」は、この言っている内容のことではなく、この「第一条」全体を指しているのです。
 
 
 
ちなみに、この「条項」についても、先ほどの「編」「章」「節」「款」「目」や、「条」「項」「号」と間違われるケースがあるようです。

ですが、この区分けされた「条」や「項」のことではありません。

区分けされたその一つ全体のことです。
 
 
 
この「条項」は、法律以外でも、民間企業などの「規約」や「規則」、「契約書」といったもので、広く使われています。

プロポーザル2
 

③「条文」と「条項」の違いを整理!

それでは、ここで一度「条文」と「条項」の違いを整理します。
 
 
法律などの箇条書きの文章が「条文」。

箇条書きにした一つ一つの項目が「条項」。
 
 
「何を言っているのか」という部分が「条文」で、区分けしたその一つが「条項」です。

法律の、「編」「章」「節」「款」「目」や、「条」「項」「号」のことではありませんよ。
 


 

2.「条文」と「条項」の辞書での意味!

続いて、辞書による「条文」と「条項」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「条文」の辞書での意味!

【条文】

・法律などの箇条書きの文。

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「条項」の辞書での意味!

【条項】

・箇条書きにした一つ一つの項目。「免責―」

引用元:旺文社国語辞典

「条項」も説明どおりですね。

憲法
 

3.「条文」と「条項」の使い方!

次に、「条文」と「条項」の使い方を例文で紹介します。
 

①「条文」の使い方!

・そういった犯罪を処罰する条文はかなり複雑になっています。

・それぞれの歴史を背負った特徴的な条文がある。

・パリ協定の各条文を解説します。

・被告人の権利を認めた条文がある。
 

②「条項」の使い方!

・同社はこうした条項を含む契約の違法性を訴える。

・協定には通貨切り下げを自制する為替条項を含める。

・本人の希望で契約を解除できる条項が含まれている。

・公正取引委員会に契約条項の削除などの改善策を申し出る。

契約書
 

4.「条文」や「条項」には似た意味の言葉がたくさんある!

「条文」や「条項」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「条文」と「条項」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「条文」は、法律などの箇条書きの文章のこと。

「条項」は、箇条書きにした一つ一つの項目。
 
 
書いてある内容が「条文」、区分けした一つが「条項」です。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.