お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「項目」と「科目」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

投稿日:

 
「項目」と「科目」。

まぎらわしいです…。
 
 
ですが、普段使うのは「項目」が圧倒的に多く…。

「科目」は会計処理の時だけのような…。

ということは、「項目」と「科目」には違いがあるということか???
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみました!

意外な事実が判明しましたよ!
 
 
本記事では、「項目」と「科目」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「項目」と「科目」の意味の違い!

最初に、「項目」と「科目」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「項目」と「科目」は、どちらもある物事を小分けにした一つ一つのこと。

ただし、「科目」には、学校教育の教科の区分という意味もあります。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「項目」と「科目」の意味とは!

「項目」と「科目」は、どちらも物事を小分けにした一つ一つのこと。

この意味は、お互いの共通点。
 
 
たとえば、「運転の安全確認」を小分けにすると、「①後方車両の動き②前方車両の動き③歩行者の動き④制限速度」といった、様々なものに分類されます。

この一つ一つ、つまり①から④までのそれぞれが「項目」であり、「科目」でもあるということ。
 
 
 
また、「予算科目」という言葉がありますが、これは「予算項目」といった呼び方もされます。

具体的には、「水道光熱費」「広告宣伝費」「消耗品費」など、たくさんありますよね。
 
 
これは、「勘定科目」といった呼び方をしますが、大きなくくりでは「予算科目」や「予算項目」と呼んだりします。

また、「勘定科目」が一般的ですが、まれに「勘定項目」といった使い方もされますよ。

寡婦2
 

②「科目」独自の意味とは!

「科目」は、「物事を小分けにした一つ一つ」という意味の他に、「学校教育の教科の区分」という意味もあります。

これは、学校の授業で習う、「国語」「社会」「理化」「体育」といったそれぞれのこと
 
 
「五時間目の科目は国語です」といった使い方をします。

また、「美術と音楽は選択科目となっています」といった使い方も。

「項目」には、この意味はありません。

教科1
 

③「項目」と「科目」の違いを整理!

それでは、ここで一度「項目」と「科目」の違いを整理します。
 
 
ある物事を小分けにした一つ一つが「項目」と「科目」。

この部分では、「項目」と「科目」の意味は同じ。
 
 
ただし、学校教育の教科の区分という意味があるのは「科目」だけです。

 


 

2.「項目」と「科目」の辞書での意味!

続いて、辞書による「項目」と「科目」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「項目」の辞書での意味!

【項目】

・ある物事を内容の上から小分けにした一つ一つ。小分けにした箇条。「いくつかの―に分ける」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。
 

②「科目」の辞書での意味!

【科目】

①小区分した個々の項目。「勘定―」

②箇条。

③教科の区分。「選択―」

引用元:旺文社国語辞典

意味①と③は説明どおりです。

意味②は「箇条」となっていますが、「箇条」は分けて書き並べるという意味ですので、意味①とだいたい同じといえます。

チェックリスト
 

3.「項目」と「科目」の使い方!

次に、「項目」と「科目」の使い方を例文で紹介します。
 

①「項目」の使い方!

・意欲という項目が諸外国と比べて著しく低い。

・さまざまな項目から企業の持続可能性を評価する。

・水道法で定められている水質の検査項目

・協調性や独立性など、25項目の行動特性を分析。
 

②「科目」の使い方!

・財務諸表における表示科目

・一般病院における診療科目数の動向。

・新テストの出題科目も内容もさらに変わりそうだ。

・令和元年度10月から必修科目として開講します。

講義
 

4.「項目」や「科目」には似た意味の言葉がたくさんある!

「項目」や「科目」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「項目」と「科目」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「項目」と「科目」は、どちらもある物事を小分けにした一つ一つ。
 
 
ただし、「科目」には独自の意味があります。

それは、学校教育の教科の区分のこと。
 
 
「項目」と「科目」は、完全に一致するものではないということです。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.