お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「中断」と「停止」の違い!わかりやすく具体例で徹底解説!

投稿日:

 
「中断」と「停止」。

まぎらわしいですよね…。

ほとんど同じ意味に思えてしまいます…。
 
 
「試合が一時的に中断される」

「試合が一時的に停止される」

というように、どちらも使います…。

これではいけません。
 
 
 
何がどう違うのか、ハッキリさせなくてはいけませんね。

ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!
 
 
本記事では、「中断」と「停止」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「中断」と「停止」の意味の違い!

最初に、「中断」と「停止」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「中断」とは、続いていることが途中で断ち切れること。

「停止」とは、続いていることが止まること。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①一般的な「中断」と「停止」の違い!

最初に、一般的な「中断」と「停止」の意味の違いから詳しく説明します。
 
 
「中断」は続いていることが途中で断ち切れることで、「停止」は続いていることが止まること。

断ち切るのが「中断」で止まるのが「停止」ですね。

まぎらわしいのですが、微妙に違います。
 
 
 
「中断」と「停止」は、よく総合格闘技の試合で両方が使われますよ。

たとえば、総合格闘技の試合で出血があった場合、リングドクターが選手の怪我の度合いを診て試合続行の可否を判断します。

この時は、試合は一時「中断」し、怪我をした選手はドクターのもとへ、もう一方の選手はコーナーで待機の状態。
 
 
これが「中断」。

進んでいた試合を、一時的に時計を止めて一休みするようなイメージです。
 
 
 
そして、試合が再開されて、選手同士がロープ際での寝技の攻防になった時。

ロープが邪魔になり、試合続行に支障があると判断した時にレフリーは「停止」を宣言します。

正確には、「ストップ!!ドントムーブ!!」ですね。
 
 
これは、両選手に対して「そのまま!!動くな!!」と言っているのです。

これが「停止」、つまりストップすることですね。

そして、両選手の体勢を変えることなく、位置をロープ際からリング中央へ移動し、試合は再開されます。
 
 
 
すごく似ているのですが、続いているものが一時的に断ち切れるのが「中断」、動きを止めるのが「停止」。

ちなみに、「中断」は英語で「break(ブレーク)」「timeout(タイムアウト)」。

「停止」は「stop(ストップ)」です。

総合格闘技
 

②法律上の「中断」と「停止」の違い!

実は、法理上の「中断」と「停止」は、少し意味が違ってきます。

特に「時効の中断」と「時効の停止」。
 
 
 
「時効の中断」は、時効の進行がリセットされることで、ゼロから再スタートという意味です。

たとえば、ある事由が発生し、数年後に提訴したとしまね。
 
 
通常は、事由が発生した時点が起点となって時効があります。

ですが、提訴して判決が出た段階で時効期間はリセットされて、ゼロからカウントされるのですね。

これが「時効の中断」。
 
 
 
そして、「時効の停止」は、時効の進行がストップし、進まないという意味

「時効の停止」は、もうすぐ時効が成立してしまうといった、切羽詰まった時に時効の進行をストップさせること。
 
 
たとえば、天災などで裁判が不可能となった場合などに適用されます。

「時効の停止」は、ストップすることであり、リセットされることはありません。

裁判所
 

③「中断」と「停止」の違いを整理!

それでは、ここで一度「中断」と「停止」の違いを整理します。
 
 
続いていることが途中で断ち切れるのが「中断」。

続いていることが止まるのが「停止」。
 
 
「ブレークタイム」が「中断」で、「ストップ」が「停止」といえますね。

 


 

2.「中断」と「停止」の辞書での意味!

続いて、辞書による「中断」と「停止」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「中断」の辞書での意味!

【中断】

・続いているものが途中でたち切れること。また、たち切ること。「会議を―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容ですね。
 

②「停止」の辞書での意味!

【停止】

①動いているものが途中で止まること。途中で止めること。「エンジンが―する」

②続けていたことをやめること。やめさせること。「営業―」「貸し出しを―する」

引用元:旺文社国語辞典

意味が2種類に分かれていますが、言っていることはほぼ同じ「ストップ」です。

通行止め7
 

3.「中断」と「停止」の使い方!

次に、「中断」と「停止」の使い方を例文で紹介します。
 

①「中断」の使い方!

・爆破予告のため学校は授業を一旦中断し生徒を体育館に避難させた。

・保護者が意識を失ったため学校側は運動会を中断した。

・その後しばらく開発は中断されていました。

・英国での原発建設計画を中断する方針を固めた。
 

②「停止」の使い方!

・消防によりますと2人とも心肺停止の状態だということです。

・メルマガ管理ページから配信停止手続きをする。

・施設でのウラン濃縮活動の停止を発表。

・3日間の営業停止処分とした。

過失
 

4.「中断」や「停止」には似た意味の言葉がたくさんある!

「中断」や「停止」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「中断」と「停止」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「中断」は、続いていることが途中で断ち切れること。

「停止」は、続いていることが止まること。
 
 
断ち切れる「中断」と、止まる「停止」の違いです。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.