お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「中止」と「廃止」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

投稿日:

 
「中止」と「廃止」。

この2つの言葉、似ていますよね…。
 
 
ですが、「試合を中止する」といいますが、「試合を廃止する」とはいいません。

また、「校則を廃止する」とはいいますが、「校則を中止する」とはいいませんよね。

これは、似てはいますが、明らかに違いがあるということ。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「中止」と「廃止」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「中止」と「廃止」の意味の違い!

まずは、「中止」と「廃止」の意味の違いを端的にお伝えします。

「中止」とは、中途でやめること、また、予定されていたことをやめること。

「廃止」とは、今まであった制度や設備などをなくすこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「中止」の意味とは!

「中止」は、中途でやめること、また、予定されていたことをやめること。

「廃止」との違いは、「廃止」は「なくす」に対し、「中止」は「やめる」です。

「やめる」ということは、「終わる」または「しない」「やらない」ということ。
 
 
要するに、有る物をなくすのが「廃止」、やることをやらないのが「中止」です。

ですから、「物」と「事」の違いということもできますね。
 
 
 
「中止」は様々な使い方がありますが、たとえば「イベント」などで使います。

現在行っているイベントであれば、「本日のイベントは、機器にトラブルが発生したことから急遽中止とします」といった使い方。

また、現在進行形ではない未来の予定のイベントの場合、「来月予定しておりましたイベントは、出店企業の都合により中止することとなりました」といった使い方をします。

訓示
 

②「廃止」の意味とは!

「廃止」は、今まであった制度や設備などをなくすこと。

「中止」は様々な「事」に対し幅広く使われる言葉ですが、「廃止」は「制度」「設備」「習慣」などが対象となります。

これが、一つの特徴。

ですから、前の項目であげた「イベント行事」は「廃止」の対象にはなりません。
 
 
そして、「廃止」のもう一つの特徴は「なくす」という部分。

「なくす」ということは「無い状態にする」ことですので、捨ててしまうということもできます。

ですから、やることをしない「中止」に対して、有る物を捨ててしまうのが「廃止」ということ。
 
 
 
「廃止」は、具体的には「時代にそぐわない校則の廃止」といった使い方をします。

これは、変な校則は今の時代に合わないので捨て去ってしまうということ。

まさに、制度をなくしてしまうということですね。

講義
 

③「中止」と「廃止」の違いを整理!

それでは、ここで一度「中止」と「廃止」の違いを整理します。
 
 
中途でやめる、また、予定されていたことをやめるのが「中止」。

今まであった制度や設備などをなくすのが「廃止」。
 
 
「しない」「やらない」「終える」のが「中止」、「なくす」「捨てる」のが「廃止」です。

 


 

2.「中止」と「廃止」の辞書での意味!

続いて、辞書による「中止」と「廃止」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「中止」の辞書での意味!

【中止】

・中途でやめること。また、予定されていたことをとりやめること。「雨天―」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですね。
 

②「廃止」の辞書での意味!

【廃止】

・今まであった制度・設備などをなくすこと。「虚礼―」「在来線の―」↔存置

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

廃止路線
 

3.「中止」と「廃止」の使い方!

次に、「中止」と「廃止」の使い方を例文で紹介します。
 

①「中止」の使い方!

・ドキュメンタリー映画の上映中止が決まった。

・アジア太平洋経済協力会議の首脳会議の開催を中止した。

・委託先を選定するためのプロポーザル手続きを中止した。

・新潟シティマラソンが大会史上初めて中止となった。
 

②「廃止」の使い方!

・全国転勤を原則廃止する企業が出てきています。

・再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を廃止する検討を始めた。

・火力発電所を将来的に廃止する方向で検討している。

・ミニバンが、近年3列目シートを廃止し定員を減らしたモデルが増えている。

運転
 

4.「中止」や「廃止」には似た意味の言葉がたくさんある!

「中止」や「廃止」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「中止」と「廃止」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「中止」は、中途でやめること、また、予定されていたことをやめること。

「廃止」は、今まであった制度や設備などをなくすこと。
 
 
「中止」は「行事」「計画」「業務」などやるものが対象ですが、「廃止」は「制度」「習慣」「設備」など有る物が対象です。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.