お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「用具」と「道具」の違い!意外な差をわかりやすく解説!

投稿日:

 
「用具」と「道具」。

似ていてまぎらわしです…。

何が「用具」で何が「道具」なのか…。
 
 
たとえば、野球で使う「グローブ」や「バット」など。

これは、「野球用具」というべきか、いや「野球道具」と呼ぶべきか…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、似ていてようで、「用具」と「道具」の意味には微妙な違いがありました!
 
 
本記事では、「用具」と「道具」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「用具」と「道具」の意味の違い!

最初に、「用具」と「道具」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「用具」とは、ある事をするために使う器具などのこと。

「道具」とは、物を作ったり、何かをするために用いる器具などのこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「用具」の意味とは!

「用具」は、ある事をするために使う器具などのこと。

これは、「道具」の説明とほとんど同じなのですが、微妙に違いますよ。
 
 
それは、「ある事をするために」という部分。

「何かをする」ではなく「ある事をする」ですので、その「事」が限定的となるのです。
 
 
 
「用具」の「用」は、「塗装用」「トイレ用」「ランニング用」といった使い方をしますよね。

これは、たとえば「塗装用」となると、「塗装のために使うもの」とうこと。

また、「塗装するための専用のもの」といった言い方もできます。

つまり、「ある事をするために」という意味は「○○用の」といった意味なのですね。
 
 
 
「道具」である、「ペンチ」は「針金の切断」もできれば、「金属の折り曲げ」などができます。

要するに、様々な「事」に対応できるのがペンチという「道具」。

ですが、「野球用具」となると、野球をするためのもの、野球専用のものということになります。

「キッチン用具」であれば、台所専用のもの、ということですね。

豚汁2
 

②「道具」の意味とは!

「道具」は、物を作ったり、何かをするために用いる器具などのこと。

「何かをするために用いる器具」ということであり、何にでも用いることができるということがポイント。
 
 
ですが、「ある事をするために使う、用具」、これも「何かをする」に含まれます。

つまり、「用具」も「道具」の中の一つということ。
 
 
 
具体的には、様々な事に使える「ペンチ」は「道具」です。

そして、「野球用具」や「キッチン用具」といった「用具」も、「道具」の中の一つということ。

ですから、「野球道具」や「キッチン道具」といっても間違いではありません。
 
 
 
ちなみに、「道具」の意味は幅が広く、「顔の道具」や「取引の道具」といった使い方もできます。

「顔の道具」とは、目鼻立ちのこと。

そして、「取引の道具」は、交渉事などに使う「条件」のことですね。

これは、「カード」や「材料」といった言い方もします。

トランプ手品3
 

③「用具」と「道具」の違いを整理!

それでは、ここで一度「用具」と「道具」の違いを整理します。
 
 
ある事をするために使う器具が「用具」。

物を作ったり、何かをするために用いる器具が「道具」。
 
 
大きな「道具」の意味があり、その中で、ある事限定で使うのが「用具」です。

 


 

2.「用具」と「道具」の辞書での意味!

続いて、辞書による「用具」と「道具」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「用具」の辞書での意味!

【用具】

・ある事をするために使う道具。「筆記―」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりです。
 

②「道具」の辞書での意味!

【道具】

①物を作ったり仕事をしたりするのに用いる器具。「大工―」

②一般の器具や家具。調度。「家財―」

③能狂言や演劇の大道具・小道具。

④体に備わっている部分の称。特に、目鼻立ち。「顔の―が整っている」

⑤他の目的のために利用されるもの。手段。方便。「交渉の―に使える情報」

引用元:旺文社国語辞典

意味が5種類ありますが、意味①②③が「何かに使う器具」のことでほぼ同じ意味。

意味④と⑤は、比喩的な使い方ですね。

メイク道具
 

3.「用具」と「道具」の使い方!

次に、「用具」と「道具」の使い方を例文で紹介します。
 

①「用具」の使い方!

・全仏オープン女子ダブルス準優勝の選手と用具使用契約締結した。

・赤川氏が使用した石版、印刷用具等を展示しています。

・洗面用具の壁掛け収納。

・登山用具やごみが散乱したエベレストのキャンプ地。
 

②「道具」の使い方!

・玄関のゴミや汚れは、身近な道具や洗剤で落とすことができる。

・ステージで使われる木箱や客席用の椅子など、道具のほとんどは揃った。

・チケットはお金儲けの道具ではありません。

・結婚披露宴を盛り上げる紙吹雪などの撮影道具

花束1
 

4.「用具」や「道具」には似た意味の言葉がたくさんある!

「用具」や「道具」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「用具」と「道具」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「用具」は、ある事限定で使う器具などのこと。

「道具」は、物を作ったり、何かをするために用いる器具などのこと。
 
 
ですから、「用具」は「道具」の中の一つということです。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.