お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「機器」と「装置」の違い!わかりやすく具体例で解説するよ!

更新日:

 
「機器」と「装置」。

似ているのですが…。

実は似ているのではなく同じ意味では?と思ってしまいます。
 
 
たとえば…。

「製造機器」

「製造装置」

というように、双方の違いはわかりません…。

これは、本当に違いがあるのかどうか、ハッキリさせなくてはいけませんね。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

微妙ではありますが、「機器」と「装置」には違いがありました!
 
 
本記事では、「機器」と「装置」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「機器」と「装置」の意味の違い!

まずは、「機器」と「装置」の意味の違いを端的にお伝えします。

「機器」とは、機械や道具などの総称。

「装置」とは、機械や道具などのこと、また機械や道具を備えつけること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「機器」の意味とは!

「機器」は、機械や道具などの総称。

ですから、「装置」にも機械や道具という意味がありますので、この部分では同じ意味ということができます。
 
 
 
具体的には、電気の力で動く「扇風機」や、電気の力で仕事をする「蛍光灯」など。

ですから、冒頭で紹介した製造するための機械は「製造機器」です。

また、人間の力で動く「自転車」や「おもちゃ」。
 
 
さらには、計測のための「メジャー」や、星座観測のための「天体望遠鏡」。

「ペンチ」や「ノコギリ」といったものも「機器」に含まれます。

こうして並べてみると、身のまわりにあるものほとんどが「機器」である、ということができますね。

巾1
 

②「装置」の意味とは!

「装置」は、機械や道具などのこと。

この部分は、「機器」と同じ意味といえます。

ですから、前の項であげたものは全て「装置」に言い換えることができるのですね。
 
 
なんとなく変ですが、「鉛筆」や「消しゴム」といったものも「道具」ですので、厳密には「装置」と呼んでも間違いではありません。

その他の「装置」としては、「安全装置」「製造装置」「処理装置」といったものも。

一般的には、こういった何かの目的を持つ機械に対して多く使われるのが「装置」です。
 
 
 
ただし、「装置」には機械や道具を備えつけること、といった意味もあります。

「装置」の「装」は、「よそおう」という意味ですが、「備えつける」といった意味もあるのです。

「装着」「武装」「舗装」といったものが「備えつける」意味の言葉。
 
 
そして、「装置」の「置」は、「置く」ということ。

要するに、「装置」は「置いて」「備えつける」ということですね。
 
 
 
備えつける「物」自体も「装置」ですが、備えつけることも「装置」といいます。

ベンダー2
 

③「機器」と「装置」の違いを整理!

それでは、ここで一度「機器」と「装置」の違いを整理します。
 
 
「機器」と「装置」は、どちらも機械や道具などのこと。

この意味は共通しています。
 
 
ただし、「装置」には機械や道具を備えつけること、という意味もあります。

 


 

2.「機器」と「装置」の辞書での意味!

続いて、辞書による「機器」と「装置」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「機器」の辞書での意味!

【機器】

・機械・器械・器具の総称。「教育―」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりです。
 

②「装置」の辞書での意味!

【装置】

・機械・道具などを備えつけること。また、そのしかけ・設備。「換気―」「舞台―」

引用元:旺文社国語辞典

こちらも、説明どおりですね。

稼働2
 

3.「機器」と「装置」の使い方!

次に、「機器」と「装置」の使い方を例文で紹介します。
 

①「機器」の使い方!

・検査機器に関する技術の向上と産業の高度化。

・医療機器の新製品情報や最新技術を伝える記事。

・新しい情報機器は非常に便利なもの。

・世界で活躍する精密測定機器の商品情報。
 

②「装置」の使い方!

・アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防ぐ安全装置を研究。

・迷惑メール対策装置でメールサーバをチェック。

・食品の異物を除去するための異物検査装置

・地震計と水圧計が一体となった観測装置を光海底ケーブルで結ぶ。

計測器
 

4.「機器」や「装置」には似た意味の言葉がたくさんある!

「機器」や「装置」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。

下の関連記事も、覗いてみてください。

 
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「機器」と「装置」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「機器」→「機械」「道具」。

「装置」→「機械」「道具」。
 
 
ただし、「装置」は、「機械」「道具」を備えつけること、という意味もあります。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.