お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「有志」と「一同」の違い!どちらも人を指しますが…えっ?

投稿日:

「有志」と「一同」といえば、「有志一同」といった使い方をします。

お祝いや香典などを渡す場面でよく使う言葉ですね。
 
 
そういった冠婚葬祭で使う言葉だからこそ、使い方を間違ってはいけません。

そのためには、「有志」と「一同」の言葉の意味を正確に把握しておく必要が!
 
 
ということで、本記事では「有志」と「一同」の意味の違いや使い分けについて、徹底調査した結果をお伝えしていきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「有志」と「一同」の違い!

最初に、「有志」と「一同」の違いを簡潔にお伝えします。

「有志」とは、ある物事を達成しようとする志がある人のことです。

「一同」とは、その場にいる全ての人のことです。

 
一言であらわすならば、こういうことになります。

さらに、詳しく解説していきますね。
 

①「有志」とは!

先に説明したとおり「有志」とは、ある物事を達成しようとする志のある人のことです。

また、「志があること」自体も「有志」といいます。
 
 
「有志」の「有」は、「ある」という意味。

そして「有志」の「志」は、「こころざし」という意味です。

「こころざし」とは、ある目的などを目指す気持ちのことですね。
 
 
つまり、「有」と「志」を合わせて、「ある目的などを目指す気持ちが有る」ということになります。

また、そういった気持ちが有る人のことでもあります。

やる気
 

②「一同」とは!

「一同」は、その場にいる全ての人のことです。
 
 
「一同」の「一」は、「ひとつ」という意味。

「一同」の「同」は、「おなじ」ですね。

つまり、その場にいる人たちは「一つ」であり、全て「同じ」ということ。
 
 
たとえば、「スタッフ一同お待ちしております」といった使い方をします。

これは、「スタッフ全員一丸で待っています。また、来ていただきたいと思っている気持ちは同じですよ」といったことですね。

一同
 

③「有志」と「一同」の違いを整理!

ということで、一旦「有志」と「一同」の違いを整理します。
 
 
「有志」は、ある目的などを達成しようとする志がある人のことです。

「一同」は、その場にいる全ての人のことです。
 
 
お祝いなどを贈る時、「有志一同」という言葉をよく使います。

「有志一同」とは、「お祝いしたいという気持ちを持った人たち全員ですよ」といった意味になります。
 


 

2.「有志」と「一同」の辞書での意味!

これまでの説明で、基本的な使い分けは問題ないかと思います。

ですが、公に販売されている辞書ではどういった内容になっているのか、一応ご紹介しますね。

①「有志」の辞書での意味!

【有志】
・ある物事に関心をもち、それをなしとげようとする志のあること。また、その人。「―を募る」

引用元:旺文社国語辞典

最初の項目とほぼ同じ内容ですね。
 

②「一同」の辞書での意味!

【一同】
・その場にいるすべての人。みんな。「社員―」

引用元:旺文社国語辞典

「一同」についても、最初の項目の内容と同じです。

ふくさ2
 

3.「有志」と「一同」の使い方!

続いて、「有志」と「一同」の使い方を例文でご紹介します。

①「有志」の使い方!

・反対運動に参加してくれる有志を募集する。

・年度末の打ち上げを有志だけで行った。

有志竟成(ゆうしきょうせい)とは、志を持ち信念を貫くことで必ず目的が実現できるということ。

・この場所に500人の有志が集う。

有志の皆さま方には心から感謝します。
 

②「一同」の使い方!

・親族一同、深く感謝しています。

・令和物産株式会社御一同様。

・社員一同、またのお越しをお待ちしております。

・披露宴の場で、職場一同よりお祝いを…。

一同唖然とする。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「有志」と「一同」の意味の違いや使い分けについてでした。
 
 
「有志」とは、ある目的などを成し遂げようとする志がある人のこと。

そして、「一同」はその場にいる全ての人のことです。
 
 
同じような場面で使用することが多い「有志」と「一同」ですが、意味が全く違うのですね。

冠婚葬祭でよく使用する「有志一同」ですが、葬式についての関連記事がありますよ。

もしよかったら、どうぞ。

葬式関連記事

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.