Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「地殻」と「マントル」と「プレート」の違いを解説!意味は?

      2018/09/18

Pocket
LINEで送る

地震が発生すると、「プレート」がどうのこうの「地殻」がどうした…といったことが、テレビで解説されます。
たしか、自分の認識では、地球の奥底には「マントル」といったものがあると聞いたことがあります。
そうなると、「地殻」「マントル」「プレート」の関係性がよくわかりません…。
うん、この機会に「地殻」「マントル」「プレート」の関係性を整理しよう!
ということで、今回は「地殻」と「マントル」と「プレート」の意味の違いについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「地殻」と「マントル」の意味の違いとは?

①「地殻」とは!

まずは、「地殻」から説明します。

「地殻」とは、地球の表面、つまり空気の下と海の下の部分です。

そして、地面から地下40km~50kmくらいの部分のことをいいます。

これは、場所によって深さに違いがあります。

世界の高い山でも高さが9kmもありませんので、かなり深いです。

エベレストだと、8個以上積み重なります。

「地殻」は当然ですが固体であり岩石でできています。

地球

②「マントル」とは!

そして、「地殻」の下には「マントル」があります。

ですから、地下40km~50kmの下が「マントル」ですね。

そして、「マントル」の深さは地下2900kmまでです。

これは、地球全体でみると、地球の半径の半部くらいの深さになります。

「マントル」の成分も岩石で、固体です。

地球

「地殻」と「マントル」の境の温度は数百度といわれています。

ちなみに、「マントル」の下は「外核」がありますが、「外核」からは液体になります。

「マントル」と「外核」の境の温度が3000度~5000度くらいといわれています。

ここまでを一旦まとめると、地表からだいたい50kmまでが「地殻」、そしてだいたい50kmから2900kmまでが「マントル」です。

そして、「地殻」も「マントル」も岩石であり、固体です。

「地殻」→「マントル」→「外核」で、液体の「外核」のさらに下には「内核」がありますが、「内核」は固体です。
 

スポンサードリンク

 

2.「プレート」とは?「地殻」「マントル」との意味の違いとは?

「プレート」とは、「地殻」と「マントルの最上部」をあわせた部分のことです。

「プレート」は別名「リソスフェア」といいます。

地球

そして「プレート(リソスフェア)」の成分は、岩石であり固体です。

深さは地表からだいたい100kmです。

「プレート」、つまり「リソスフェア」の下の部分は「アセノスフェア」です。

「アセノスフェア」の深さは、だいたい200~300kmです。

マントルは、岩石であり固体であると説明しましたが、アセノスフェアの部分に関しては、岩石が溶けて液状化し、流動性があるといわれています。

地球全体の「プレート」は十数枚に分かれています。

「プレート」の下の「アセノスフェア」は流動性がありますので、その上の十数枚の「プレート」は動くのです。

地球

ちなみに、プレートの動きはそのプレートごとに違いますが、1年間で数センチのレベルです。

余談ですが、動くプレートが重なり合う部分が、一方のプレートに引きずられてストレスがかかります。

その引きずられてゆがんだプレートのストレスが限界になって、跳ね上がって元に戻るのが地震です。

「リソスフェア」の下が「アセノスフェア」、その下が「メンスフェア」です。

「リソスフェア」が固体、「アセノスフェア」が液体、「メンスフェア」が固体です。

そして、「メンスフェア」の下が「外核」で液体です。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「地殻」と「マントル」と「プレート」の意味の違いについてでした。

「地殻」とは、地球の表面のこと、その下に「マントル」が存在します。

そして「プレート」とは、「地殻」と「マントル」の最上部をあわせた部分のこと。

「プレート」は年間数センチ移動します。

「プレート」、つまり「リソスフェア」の下に「アセノスフェア」がありますが、火山の噴火で噴出するマグマは「アセノスフェア」で形成されます。

 - 暮らし・生活・雑学