お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「グローブ」と「手袋」の違いを解説!実は意外な差があった!

更新日:

 
寒い季節の必需品である「手袋」。

特に指先は冷えやすいので、重宝します…。
 
 
ところで、先日ゴルフ用の「グローブ」を見つけて、これって「手袋」とは呼ばないのか?と思ったのですが…。

「手袋」を英語にすると「グローブ」ということなのかな?と勝手に納得しました。
 
 
しかし!「手袋」と「グローブ」は全く同じ意味と思っていたら…、「実は違うらしい…」といった噂が…。

これは、調べるしかないでしょ!!
 
 
 
そんなわけで、「手袋」と「グローブ」を徹底的に調べてみました。

実は、この2つには微妙な違いがありましたよ!
 
 
本記事では、「手袋」と「グローブ」に違いについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「グローブ」と「手袋」の違いとは!

最初に、「グローブ」と「手袋」の違いを簡潔にお伝えします。

「グローブ」とは、英語で「glove」、日本語にすると「手袋」のこと。ただし、基本的に5本指が分かれたものを指す。

「手袋」とは、手の防寒や保護、装飾のためにつける袋状のもののことで、5本指が分かれたもの、指の部分が分かれていないものも全て含む。

 
短くまとめると、こういった違いです。

5本指タイプか、そうでないタイプかが違いのポイントですが、さらに詳しく解説していきますね。

ゴルフ
 

2.「グローブ」とは!

「グローブ」は「手袋」のことなのですが、基本的に5本指タイプのものだけを指します
 
 
ちなみに、5本指タイプ以外の、指の部分がつながっているタイプは「グローブ」ではなく「ミトン」

「ミトン」は英語であり、「mitten」と書きます。
 
 
 
余談ですが、このミトンは野球のキャッチャーミットの「ミット」の語源。

ボールを受けるためには、指が分かれていない方が良いということなのでしょうか??

ファーストも、多くボールを受けるため「ファーストミット」を使用。
 
 
キャッチャーとファースト以外の守備位置では、「グローブ」を使用します。

下が「ファーストミット」の画像。



 
それから、ボクシングの場合は「ボクシンググローブ」を付けますが、練習でパンチを受ける側は「ミット」を持ちますよね。

その練習を「ミット打ち」と呼びますし。

ということは、「ボクシンググローブ」って指が分かれている…?
 
 
5本指に分かれていないように見えるのですが、なぜ「ボクシンググローブ」と呼ぶのかは謎…??

「ボクシンググローブ」は下のとおり。



 
ここからは、私の推測ですが…おそらく昔のボクシンググローブは5本指タイプだったのではないかと思います。

そもそも、昔々のボクシングは「素手」でした。
 
 
やがて、危険性を軽減する意味で「グローブ」を付け始めます。

昔々のボクシング選手の写真を見ると、かなり薄い「グローブ」を付けていたのが確認されます。
 
 
つまり、徐々に「グローブ」が大きくなり現在のタイプになったのではないでしょうか。

その過程で、指の部分がつながったのではないかと…思うわけですが、これはあくまでも私個人の推測です。
 


 

3.「手袋」とは!

「手袋」は、手を覆う袋のこと。

5本指タイプも、指の部分がつながっているタイプも、全て含んで「手袋」です。

要するに「グローブ」と「ミトン」を合わせて、全てが「手袋」ということ。
 
 
「手袋」は、防寒用の他に、スポーツ用、装飾用、作業用など使い道は様々。

素材についても、布製の他、皮製、ゴム製、ビニール製など盛りだくさん。
 
 
 
現在では、下のようなヒーター内蔵型の防寒用手袋もあります。



 
少し高額ですが、冬場のバイクの運転にはピッタリですね。
 
 
それから、最近ではスマホのタッチパネル対応した手袋が人気。



 
スマホ操作のために、いちいち手袋を外す必要がありません。
 
 
 
「手袋」の歴史は古く、世界最古のものは紀元前1300年代といわれています。

馬で走る戦車に乗る時に、その手袋を使っていたらしい…。

手綱を握るためのものですね。
 
 
ちなみに、当時は5本指タイプの「グローブ」は「ミトン」に比べて高級品だったそうですよ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「手袋」と「グローブ」に違いについてでした。
 
 
「グローブ」は、手を覆う袋のことで、5本指に分かれたタイプのこと。

「手袋」は、手を覆う袋のことですが、5本指に分かれたタイプも分かれていないタイプも全て含みます。
 
 
5本指に分かれていない、つながった「手袋」は「グローブ」ではなく、「ミトン」。

鍋つかみにことを、「キッチンミトン」とか「グリルミトン」と呼びますが、この「ミトン」ですね。

「グローブ」について説明してきましたが…。

ところで、ボクシングでは「グローブ」と呼びますが、野球の場合は「グローブ」よりなぜか「グラブ」が定着しつつあります…。

なぜ野球だけ「グラブ」が定着してきたのか、不思議です?
 
 
そんなわけで、「グラブ」と「グローブ」の違いを調べた記事があります。

よかったら、下の関連記事をどうぞ。

「グラブ」と「グローブ」の違いは?徹底的に深掘りしてみた!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.