お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「共鳴」と「共感」の違い!意外な差を徹底的に解説するよ!

投稿日:

 
「共鳴」と「共感」。

すごく似ている言葉です。
 
 
誰かが意見を言った時に、「そうだ!そのとおりだ!」といった気持ちになることだと思うのですが…。

では、「共鳴」と「共感」では具体的に何がどう違うのか??
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

微妙なのですが、違いがあります。
 
 
本記事では、「共鳴」と「共感」の意味の違いと使い分けについて、具体例でわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「共鳴」と「共感」の意味の違い!

まずは、「共鳴」と「共感」の意味の違いを端的にお伝えします。

「共鳴」とは、他人の意見や思想などに対して、自分も全く同じ意志を持つこと。

「共感」とは、他人の考えや感情などに対して、自分も全く同じように感じること。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「共鳴」の意味とは!

「共鳴」は、他人の意見や思想に対して、自分も全く同じ意志を持つこと。

「同じ感情」や「同じ考え」のウェートが大きいのが「共感」ですが、「共鳴」は「同じ意見」や「同じ思想」といったもののウェートが大きくなります。

さらに、同じものを「感じる」のが「共感」ですが、「共鳴」は感じるだけではなく「同じ意志を持つ」という部分も違いのポイント
 
 
 
たとえば、ある人が「社会を良くするためには、若者は選挙の投票に行くべきだ!」といった意見を述べたとしましょう。

そこで、あなたが「なるほど、その通り」と思うのが「感じる」こと。

ですが、「なるほど、その通り」と感じた後の先があるのが「共鳴」。

感じた後に、「次の選挙では必ず投票する」「絶対に若者は投票するべき」といった「意志」を持つまで行くのが「共鳴」です。
 
 
 
もともと「共鳴」とは、音の振動が伝わって別の物が振動して音を出すという意味。

ですから、音の振動を感じ取るだけではなく、振動して音を発しなくてはいけないのが「共鳴」です。

自ら振動して音を発すること、これが「感じた」後に「意志を持つ」ということですね。

政策2
 

②「共感」の意味とは!

「共感」は、他人の考えや感情に対して、自分も全く同じように感じること。

「考え」「感情」と、「感じる」といった部分がポイントです。

「感じる」ことなので、意志を持つまで行かなくても「共感」は成立するということ。
 
 
 
前の項目の例文のとおり、ある人が「社会を良くするためには、若者は選挙の投票に行くべきだ!」といった意見を述べたとしましょう。

その意見に対し、「なるほど、その通り」と「感じる」のが「共感」です。

その先にどういった意志を持つかどうかは関係ありません。

「感じた」時点で「共感」です。
 
 
 
あと、「感情」の例文もご紹介しますね。

たとえば、「辛い過去を包み隠さず告白した」といった場合。

その辛い感情に対して、「そんな酷いことが!」と同じように「感じる」ことが「共感」です。

病気2
 

③「共鳴」と「共感」の違いを整理!

それでは、ここで一度「共鳴」と「共感」の意味の違いを整理します。
 
 
他人の意見や思想などに対して、自分も同じ意志を持つのが「共鳴」。

他人の考えや感情などに対して、自分も同じように感じるのが「共感」。
 
 
「意見」「思想」のウェートが大きいのが「共鳴」、「考え」「感情」のウェートが大きいのが「共感」です。

また、意志を持つ「共鳴」と、感じる「共感」の違いですね。
 


 

2.「共鳴」と「共感」の辞書での意味!

続いて、辞書による「共鳴」と「共感」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「共鳴」の辞書での意味!

【共鳴】

①発音体が外部からのきた音波によって刺激され、同じ振動数で音を出す現象。

②他人の意見や思想に同感すること。「彼の意見に―する」

引用元:旺文社国語辞典

意味が2種類あり、内容も説明どおりですね。

ただし、「意志を持つ」といった表現ではありません…。
 

②「共感」の辞書での意味!

【共感】

・他人の考えや感情に対して、自分もまったく同じように感じること。同感。「―を呼ぶ」「―を覚える」「彼の考え方に―する」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容です。

共感
 

3.「共鳴」と「共感」の使い方!

最後に、「共鳴」と「共感」の使い方を例文で紹介します。
 

①「共鳴」の使い方!

・彼女の持っていた危機的思想に共鳴した。

・敵対するふたりは共鳴し惹かれ合う。

・私の考え方に非常に共鳴している方です。

・香港デモに貧困層が共鳴
 

②「共感」の使い方!

・「体育の授業が苦痛」といった共感の声が相次ぐ。

・小説「天気の子」が全年代に共感の嵐。

・「我が家も同じです」などと、世の奥さま方が共感する声も。

・等身大の子育て論が共感を呼ぶ。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「共鳴」と「共感」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「共鳴」は、他人の意見や思想などに対して、自分も同じ意志を持つこと。

何かの活動や行動の原動力となるのが「共鳴」です。
 
 
「共感」は、他人の考えや感情などに対して、自分も同じように感じること。

日常的に広く使われるのが「共感」です。

「共鳴」と「共感」の意味の違いを説明しましたが、「共感」と似た意味の言葉で「受容」があります。

「受容」と「共感」も、同じようで実は微妙に違いますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「受容」と「共感」の違い!意味を徹底的に深掘りしてみた!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.