Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「下克上」と「下剋上」に違いはある?意味と違いを徹底調査!

   

私は「下剋上」と書くものだと思っていて、「下克上」の方は知らなかったのですが、最近では「下克上」と書くことが多いそうですね。
教科書でも「下克上」と表記されているとか、いないとか。
手元に現在の中学校や高校の教科書がないので確認できませんが、私が高校時代に使用していた山川出版社の日本史Bの教科書では「下剋上」になっていますね。
122ページです。
まあ、十年以上も前の教科書ですが…(笑)
「下剋上」と「下克上」、この二つには違いがあるのでしょうか。
また「下剋上・下克上」の語源は?
ということで、今回は「下剋上」と「下克上」の意味や語源などについて調べてみました。
 

スポンサードリンク

 

1.「下克上」と「下剋上」と「下尅上」の意味の違いは?

広辞苑を引いてみたところ、広辞苑には「下剋上・下克上」と二つとも同じ項目で載っていました。

一応意味を書きだします。

【下剋上・下克上】

(「下、上に剋(か)つ」の意味)下位の者が上位の者の地位や権力をおかすこと。南北朝時代からの下層階級台頭の社会風潮をいい、室町中期から戦国時代にかけて特に激しくなった。

 
意味の方は、知っていた通り「下位の者が上位の者の地位権力をおかす」という意味でした。

「下、上に剋つ」からきているのですから、元々は「下剋上」でした。

「剋」の部首は「りっとう」で、刀を意味しています。

ですから、本来の「下剋上」の意味にピッタリ当てはまるのですね。

それがなぜ「下克上」と書くようになったのかというと、これは「剋」が常用漢字表に含まれていないためです。

常用漢字表に「剋」が入っていないため、「剋」を「克」に置き換えて、「下克上」と書くようになったのですね。

新聞や様々な文書でも、通常は「下克上」と表記されています。

余談ですが、「下剋上」→「下克上」と同様、「相剋」も「相克」と表記されます。

ちなみに「相克」の意味は、「対立矛盾する二つのものが互いに相手に勝とうと争うこと。」です。

それからもう一つ、「下尅上」と書くこともありますが、この「尅」も常用漢字ではなく「剋」の異体字です。

「下尅上」の意味は「下剋上・下克上」と同じなのですが、「下剋上」と同様に普通は使われません。

「下尅上」表記は小説などで見られます。

たとえば、神西清の「雪の宿り」や谷崎潤一郎「武州公秘話」には「下尅上」という表記がみられます。

「彼がそう云う特別な地位に登ったのは、主として彼の父親の実力のお蔭で、彼自身は別段過去に花々しい武勲がある訳でもなく、専ら父が築いてくれた有利な地盤を蹈台ふみだいにして、弁舌と、機智と、世才とを以て巧みに上長に取り入りつゝ下尅上の時勢に乗じたのであるから(谷崎潤一郎『武州公秘話』より)」

 
下克上1
 

2.「下克上」の語源とは?

「下剋上」「剋」は「削りそぐ」という意味で、わかりやすくいいますと「下剋上」は「下の者が上の者を打倒、しのぐ」が由来です。

命を懸けて上位者を打倒し、上に這い上がる…、時代を感じますね。

「下剋上」は平安時代末期から使われ始めました。

「源平盛衰記」でも、実際に「下剋上」という言葉で世の中の動きを憂いています。

語源を知ると、元々は「下克上」ではなく「下剋上」だということもわかりますね。

室町時代から戦国時代と時代が進むと、下剋上の風潮がますます盛んに!

日本史の教科書で「下剋上」が出てくるのはこのあたりのページですね。

下克上2
 

まとめ

以上が、「下剋上」と「下克上」の意味や語源などについてでした。

元々は「下剋上」ですが、最近では常用漢字の「下克上」と書くことが多いです。

意味はどちらも同じです。

でも私はやっぱり「下剋上」と書くかな、せっかく覚えた漢字だしね。

高校の授業で覚えた数少ない言葉なので大切にしたいです(笑)
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学