お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「ランタン」と「ランプ」の違いとは!意外な差を徹底解説!

投稿日:

 
「ランタン」。

普段はあんまり使うものではありませんが…。

キャンプシーンでは、よく見かけます。
 
 
でも、よく考えたら「ランタン」の他に、「ランプ」というものもありますよね…。

そういわれれば、「ランタン」と「ランプ」は違うものなのだろうか…??
 
 
 
というわけで、この2つの意味などについて徹底的に調べてみましたよ。

本記事では、「ランタン」と「ランプ」の違いを実物の画像をもとに解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「ランタン」と「ランプ」の違いとは!

まずは、「ランタン」と「ランプ」の違いを簡潔にお伝えします。

「ランタン」とは、吊り下げたり手にさげて持ち歩くことができる照明器具のことで、光源は「油」「ガス」などを燃料とした「炎」や「電気式」がある。

「ランプ」とは、照明器具のことで、置いて使うタイプの他に吊り下げ・手さげタイプも含まれる。

つまり、「ランタン」は「ランプ」の中の一つといえる。

「ランプ」の光源も、「油」「ガス」などを燃料とした「炎」や「電気式」がある。

 
簡単にまとめると、こういった違いです。

それでは、双方についてさらに詳しく説明していきますね。
 

①「ランプ」とは!

 
ランプ
 
前項でもお伝えしましたが、「ランプ」は照明器具のことです。
 
 
普通「ランプ」といえば、イメージするのがガラスの中で油などを燃料にした炎の明かりですが…。

実は「ランプ」の定義は広く、一般家庭で使っている照明器具を「ランプ」と呼んでも間違いではありません。

その証拠に、「LEDランプ」「ネオンランプ」「テールランプ」「ヘッドランド」「グローランプ」という言葉があります。
 
 
しかし…。

厳密にいえば「ランプ」は照明器具のことなのですが、現実的にはガラスの中で炎が揺らめく照明器具というのが一般的。
 
 
ただし現在、そういったタイプの「ランプ」の中には、電気を使うものを多く出回っています。

ですから、「炎」以外の「電気式」も含めて全て「ランプ」ということがいえます。
 

②「ランタン」とは!

 
ランタン
 
そして「ランタン」は、「ランプ」の中の一つ。

中でも、吊り下げて使う照明器具、または手にさげて持ち歩きできる照明器具を「ランタン」といいます。
 
 
元々は、炎の光を利用した照明器具だったのですが、時代が進んで電気式のものも出回るようになりました。

現在では、「蛍光灯ランタン」や「LEDランタン」も存在します。
 


 

2.「ランタン」や「ランプ」を紹介!

それでは、実際に販売されている「ランタン」と「ランプ」を紹介していきます。

実物で、ご確認ください。
 

①ペトロマックス ランタン HK500!



 
灯油ランタンです。

機能も大切ですが、やはりオシャレな見た目は重要。
 

②コールマン LEDランタン!



 
LEDランタンです。

形状が斬新ですが、機能性を求めるならばこれ。

乾電池式で、一番明るく設定しても連続20時間も持ちますよ。
 

③アンティーク オイルランプ POL-112RD!



 
オイルランプです。

ランプ専用のオイルが燃料。

雰囲気がありますね。
 

④フランス製 オイルランプ!



 
これも、オシャレなアンティーク調のランプ。

オイル式です。
 
 
真鍮製で、独特の輝きを見せてくれています。

あえて、炎の光を楽しむのもよいかもしれませんね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「ランタン」と「ランプ」の違いについてでした。
 
 
「ランプ」は、広義では照明器具のこと。

ですが、一般的にガラスの中で炎が揺らめく照明器具を「ランプ」と呼びます。
 
 
そして、「ランタン」は「ランプ」の中の一つ。

「ランプ」の中の、吊り下げて使うもの、また手にさげて持ち運べるタイプを「ランタン」と呼びます。
 
 
「ランプ」も「ランタン」も、元々は炎が光源でしたが、現在は電気のものも多く出回っています。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.