お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「徴収」と「徴集」の違い!深掘りしてわかりやすく解説するよ!

更新日:

「源泉徴収」といえば毎年年末に耳にする言葉。

「源泉徴収」の「徴収」と似ている言葉が「徴集」です。
 
 
なんとなく字も似ているので、変換間違いしそうですよね…。

ビジネス文書を作成する時は気を付けなくてはいけません!
 
 
では、「徴収」と「徴集」では何が違うのか?

そこを、徹底的に紐解いてみましたよ!
 
 
ということで、本記事では「徴収」と「徴集」の意味の違いと使い分けについて、徹底調査した結果をお伝えしていきます。

かなり深掘りしましたのでご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「徴収」と「徴集」の違い!

最初に、「徴収」と「徴集」の違いについて簡潔に説明しますね。

「徴収」とは、お金や税金などを取り立てることです。

「徴集」とは、人を集めたり物を取り立てることです。

 
では、さらに詳しく説明していきます。
 

①「お金」を集めると「人」を集める!

「徴収」も「徴集」も、集めるということは共通点です。

ですが、最大のポイントは何を集めるのかというところ。
 
 
一般的に「徴収」は、税金や会費などの「お金」を集める時に使われる言葉です。

そして「徴集」は、主に「人」を集める時に使われます。

「お金」が「徴収」で、「人」が「徴集」ですね。
 
 
ですが、「徴集」は「人」以外に「物」に対しても使われます。

たとえば、「試験開始前に携帯電話を徴集する」といった使い方をします。

お金
 

②「徴収」も「徴集」も強権的!

「徴」が付く言葉は、「徴兵」のように強権的な言葉が多いです。

「徴兵」は、強制的に兵隊にされるという意味ですが、「徴収」も「徴集」も強権的です。
 
 
冒頭に、どちらの意味も「取り立てる」という言葉で説明しました。

つまり、「お願いして」や「頭を下げて」「丁重に」という言葉とは縁のないものなのですね。
 
 
「徴収」も「徴集」も、かなり強引に強権的に集めたり取り立てるということです。

ですから、「会費を徴収する」といった場合は、受け取る側にとっては不快な気持ちになる人がいてもおかしくはありません。
 
 
「徴収」や「徴集」を使う際は慎重にならなくてはいけません。

自衛隊
 

③「徴収」と「徴集」の違いを整理!

では、一度「徴収」と「徴集」の違いを整理しておきます。
 
 
「徴収」も「徴集」も、ともに集めること。

そして、「徴収」は「税金」などの「お金」を集めますが、「徴集」は主に「人」を集めるのです。
 
 
また、「徴集」は人の他に、「物」を集める時にも使われます。
 
 
「徴収」と「徴集」は、ともに強権的な言葉ですので使う際は注意が必要ですよ。
 


 

2.「徴収」と「徴集」の辞書での意味!

続いて、「徴収」と「徴集」が辞書ではどういった説明がされているのか一応みていきましょう。
 

①「徴収」の辞書での意味!

【徴収】
①一定の法規に基づいて、国や公共団体が税金や手数料を取り立てること。
②一定の範囲の人からお金を集めること。「会費を―する」

引用元:旺文社国語辞典

最初の①の内容は税金などを集めることですね。

そして②の内容は税金以外を指しています。
 
 
最初の項で説明した内容のとおりですね。

償却資産税1
 

②「徴集」の辞書での意味!

【徴集】
①国家が兵役として、人を強制的に呼び集めること。
②物や金を取り立てること。

引用元:旺文社国語辞典

最初の①は「兵役として」といった表現がありますが、基本的に「徴集」は兵役以外でも「人」を集めるという意味があります。
 
 
そして②の意味は「物」と「お金」を集めるという説明ですが、一般的に「お金」の場合は「徴収」が多く使われます。

まあ、「お金」も「物」に含まれますので、「お金」で「徴集」を使ってはいけないということではありません。
 


 

3.「徴収」と「徴集」の使い方!

今度は、「徴収」と「徴集」の実際の使い方を例文でご紹介します。
 

①「徴収」の使い方!

・法人税の徴収

・国民年金が口座から徴収されていた。

・サラリーマンの所得税は給料天引きで徴収される。

・クラブを存続するためには部費の徴収は必要。
 

②「徴集」の使い方!

・労働組合の青年部メンバーに徴集をかける。

・校則違反であるピアスを徴集された。

・災害により他県への派遣人員を徴集した。

・各支店にいる部長以上の管理職を徴集し緊急会議がひらかれた。

プレゼンテーション
 

4.「徴収」には似た意味の言葉がたくさんある!

「徴収」と「徴集」も似ているのですが、「徴収」には他にも似た意味の言葉がたくさんあります。
 
 
たとえば、「回収」

「徴収」も「回収」も集めることです。
 
 
ですが「徴収」と「回収」の違いは、元々誰が所持していたのかという部分。

「徴収」は、取り立てられる側が所持していたお金を集めます。

しかし、「回収」の場合は元々回収する側が所持していたものを一度配り、それを集めもどすという意味なのですね。
 
 
詳細については、下の関連記事をご覧ください。

 

「徴収」には、まだまだ似た意味の言葉がありますよ。

もしよかったら、下の記事も覗いてみてください。

 

参考にしていただければ幸いです。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「徴収」と「徴集」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「徴収」は、「税金」などの「お金」を集めること。

そして「徴集」は、「人」や「物」を集めることです。
 
 
ともに、集める時に使う言葉なのですが、「徴」という言葉は強権的な意味がありますので使う時は注意が必要ですよ。

できれば「集金」、人であれば「参集」「集合」、物であれば「収集」を使うのが無難です。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.