お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「回収」と「収集」の違い!調べたら大きな差異があったよ!

更新日:

「回収」と「収集」。
 
 
普段は何も考えずに使っていますが、自分はかつて同じ意味として使っていました…。

確かに、「ゴミの回収」「ゴミの収集」両方存在します…。
 
 
ですが、「回収」と「収集」は根本的に意味が違うようです!!

ということで、「回収」と「収集」の意味を徹底的に紐解きましたよ!
 
 
本記事では、「回収」と「収集」の意味の違いと使い分けについて、徹底調査した結果をお伝えしていきます。

結構、深掘りしましたのでご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「回収」と「収集」の違い!

最初に、「回収」と「収集」の違いを簡潔にお伝えします。

「回収」とは、配った物などを集めもどすことです。

「収集」とは、集めることです。

 
なんとなく意味の違いが伝わると思いますが、さらに詳しく説明していきますね。
 

①元々の所持者は誰かがポイント!

「回収」と「収集」の違いのポイントは、「集めもどす」のか「ただ集める」のかといった部分です。

「回収」は「集めもどす」のですが、これはつまり元々は回収する側が所持していたということ。
 
 
「回収」は、一度配りそして「集めもどす」のです。

一方の「収集」は、ただ単純に「集める」ことです。
 
 
ですから「収集」の方が、意味が広くなるのですね。

場合によっては、「回収」を「収集」に置き換えても違和感なく使えることもあります。
 
 
たとえば、「ゴミの収集」と「ゴミの回収」は両者とも使われています。

「収集車」と「回収車」も、両方ありますね。
 
 
ところで、「ゴミの回収」をよく考えると、ゴミを所持していたのは回収する側ではないですよね。

ですから、「ゴミの回収」や「廃品回収」といった使い方は、誤用ではないかといった意見もあります。

ゴミ箱
 

②「収集」は趣味として集めることも含む!

「収集」は集めることなのですが、一般的には「切手収集」といったように、趣味として集めるという意味で多く使われます。
 
 
つまり、英語でいえば「コレクション」のことですね。

「美術品の収集」や「骨董品の収集」といった使い方をします。

切手
 

③「回収」は「お金」を含むが「収集」は「お金」には使わない!

「回収」は「売掛金の回収」といったように、「物」以外に「お金」に対しても使われる言葉です。

一方の「収集」は、一般的に「お金」には使いません
 
 
「お金」を集める場合は、「集金」を使うことが多いです。
 
 
ここで、疑問が1つ。

たとえば、「貨幣収集」「硬貨収集」といった言葉がありますよね。
 
 
これは、「お金」というよりも、趣味として「貨幣」や「硬貨」を集めることなので「収集」でも違和感なく使えます。

金貨
 

④「回収」と「収集」を整理!

一度、「回収」と「収集」の違いを整理します。
 
 
「回収」は、元々回収する側が所持していた物を配り、それを集めもどすこと

そして「収集」は、ただ単純に集めることです。
 
 
「集めもどす」のか「集める」のかの違いですね。
 
 
「収集」の方は、「コレクション」を意味する使い方をすることが多いです。

また、「お金」を集める場合は、一般的に「収集」は使いません。
 


 

2.「回収」と「収集」の辞書での意味!

続いて、「回収」と「収集」の意味を辞書で調べてみたいと思います。
 

①「回収」の辞書での意味!

【回収】
・配った物や散らばった物などを集めもどすこと。「資金を―する」「廃品―」

引用元:旺文社国語辞典

まさに説明したとおりの内容です。

「配った物」のほかに「散らばった物」もありますが、これは「広く拡散された物」といった意味ですね。

ペットボトル
 

②「収集」の辞書での意味!

【収集】
①集めること。「ごみの―」
②趣味や研究などのために集めまとめること。また、集めたもの。コレクション。「切手の―」

引用元:旺文社国語辞典

意味の①は、ただ単純に集めるということ。

そして意味②は趣味で集めるコレクションのことを指しています。
 


 

3.「回収」と「収集」の使い方!

今度は、「回収」と「収集」の使い方を例文でご紹介します。
 

①「回収」の使い方!

・金銭債権は全額回収できない場合もある。

・売掛金の回収でいきづまった。

・食品衛生法に反する商品の回収命令を出す。

・調査用紙を回収しにいく。

・インクカートリッジの回収に協力する。
 

②「収集」の使い方!

・トラブルに関する情報収集を行った。

・美術品の収集家に協力をお願いする。

・民事訴訟における証拠収集手続き。

・燃えないゴミの収集日は毎週決まっている。

・彼の収集品は手に入れるのが難しい物ばかり。

サングラス
 

4.「回収」や「収集」には似た意味の言葉がたくさんある!

「回収」や「収集」には、似たような意味の言葉がたくさんあります。

たとえば、「徴収」「集金」
 
 
「回収」と「収集」も意味が違いますが、「徴収」や「集金」も「回収」や「収集」とは違いがあります。

「徴収」も「集金」も、「お金を集める」という部分では共通した意味の言葉です。
 
 
しかし、「徴収」は「集金」に比べて強権的なのですね。

「徴収」は、「お金を集める」というより「お金を取り立てる」という意味になります。
 
 
詳細については、下の関連記事をご覧ください。

 

「集める」と似た意味の言葉は他にもたくさんありますよ。

もしよかったら、下の記事も覗いてみてください。

 

参考にしていただければ幸いです。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「回収」と「収集」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「回収」は、配った物を集めもどすことです。

そして「収集」は、ただ単純に集めること。
 
 
また、「コレクション」のことも「収集」といいます。

「回収」はお金を集めもどす際に使いますが、「収集」は一般的にお金には使いません。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.