お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

きゅうりの保存期間!常温と冷蔵庫に入れた時の違いは?

投稿日:

 
生鮮食料品は、購入したら早めに食べるのが鉄則です。

でも、なかなかそうもいきませんよね…。
 
 
そこで必要になる情報が、その品目の「保存期間」です。

この「保存期間」をしっかりと意識しないと…。

せっかく買った食料品が、台無しになってしまいます…。
 
 
 
そんなわけで、生鮮食料品である野菜の性質について徹底的に調べてみました。

特に本記事では、きゅうりの保存期間について詳細に解説していきます。

常温や冷蔵庫保存など、条件別に説明しますのでご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.きゅうりの保存期間!常温・冷蔵庫!

最初は、きゅうりの常温における保存期間をお伝えします。

きゅうりの常温での保存期間
10度~13度:4日~5日
上記以外の温度:1日~2日

 
上記のとおり、室温が10度~13度であれば4日~5日持つのですが…。
 
 
でも、家の中で10度~13度の部屋って、冬場以外はなかなかないですよね…。

したがって、きゅうりを常温で保存する場合は、1日~2日程しか日持ちしないといってもいいと思います。
 
 
ちなみに、きゅうりにとっての最適な保存環境は以下のとおり。

きゅうり保存時の最適環境
温度:10度~13度
湿度:90%~95%

 
気温は10度~13度となっていますが、これはアウターが必須の寒い季節の外気温です。

しかも、湿度が90%~95%とかなり高め。
 
 
なかなかこういった環境はありません…。

したがって、冬場以外であれば、きゅうりはなるべく冷蔵庫で保存しましょう。
 
 
ただし、冷蔵庫でも冷蔵室ではなく野菜室での保存がおすすめ

冷蔵室と野菜室の温度
冷蔵室:2度~5度
野菜室:3度~8度

 
上記のように、比較的野菜室の方がきゅうりの好む気温に近くなっています。

もし、温度設定を上げることが可能であれば、10度くらいに設定できればベスト。
 
 
そして、冷蔵庫での保存期間は以下のとおり。

きゅうりの冷蔵庫での保存期間
丸ごと:4日~5日
カット:1日~2日

 
カットしてしまうと、きゅうりのいたむ速度が速くなります。

切ってしまった場合は気をつけてくださいね。
 


 

2.きゅうりを長持ちさせる保存方法!

続いて、よりきゅうりを長持ちさせる方法を紹介しますね。
 
 
前項でもお伝えしましたが、きゅうりを保存するには最適な環境があります。

きゅうり保存時の最適環境
温度:10度~13度
湿度:90%~95%

 
なるべく、上記の環境に近づけることで、きゅうりは10日~2週間まで持ちます。

そのためには、以下の対策を実行してみてください。

きゅうりの長持ち対策
①保存温度:10度~13度
②きゅうりはカットしない
③1本ずつ濡れた新聞紙で包む
④通気口付きビニール袋に入れる
⑤立てて保存

 
濡れた新聞紙で包むのは、高い湿度を維持するためです。
 
 
それから、ビニール袋に入れる場合は、密閉は避けてください。

きゅうりも呼吸していますので、袋にポチポチと穴をあけるのがおすすめです。
 
 
あと、「立てて保存」とありますが、これはなるべく収穫前の自然な環境に近づけるため。

収穫前のきゅうりはぶら下がっていますので、つまりは立った状態ということです。
 
きゅうり
 
問題は、どうやって立てるのか?ですが…。

きゅうりを立てるためには、以下のようなアイテムがありますよ。


 
ちなみに、収穫前に立った状態の野菜は意外に多いもの。

そういった野菜は、全て立てて保存することで長持ちしますよ。

いも類以外は多くの野菜が当てはまりますので、他の野菜でも試してみてください。
 
 
ちなみに、立てるためには「ペンスタンド」や「箸立て」等でも代用できますし…。

500CCクラスのペットボトルを切って自作するのもありですね。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、きゅうりの保存期間についてでした。
 
 
きゅうりの常温での保存期間は、10度~13度の部屋で4日~5日程度、それ以外の部屋では1日~2日程度。

そして、冷蔵庫での保存期間は、丸ごとで4日~5日程度、カットした場合1日~2日程度です。
 
 
またきゅうりにとっては、10度~13度の気温、90%~95%の湿度が最適な環境。

こういった環境により近づけることで、10日~2週間程まで持ちますよ。





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.