お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

掃除・洗濯

帽子の臭いの取り方を解説!意外に簡単な方法もあったよ!

更新日:

 
頭は髪の毛があるので、どうしても臭いがするもの…。

しかも、頭を洗わずに放置すると、さらにクサくなります…。
 
 
そんな頭に着用するのが「帽子」…。

当然ですが、頭の臭いが移ってしまいます…。
 
 
しかも、暑い季節になると汗をかき、さらに臭いが強烈に…。
 
 
 
ということで、こういった臭いの取り方を徹底的に調べてみました。

本記事では、帽子の臭いの取り方を、簡単な順にわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.帽子の臭いの取り方!

最初に、帽子の臭いの取り方を、手軽な順番で説明していきます。
 

①風通しの良い場所で干す!

一番簡単なのが、「干す」こと。

風通しの良い場所であれば、さらに消臭効果が増します。
 
 
直射日光は劣化につながりますので、理想は日陰干しなのですが…。

そもそも、帽子は普段から直射日光を浴びていますよね…。

ですから、個人的には「日陰干し」をそれほど意識する必要はないのではないか?と思っています。
 
 
ただし、ただ単に干すだけなので、消臭効果には限界が…。

そういった場合は、次項の対策と併用してください。

帽子
 

②除菌消臭剤!

帽子の臭いの原因は様々。

整髪料や加齢臭もあれば、雑菌の場合もあります。
 
 
こういった臭いの原因、全てに対応したのが以下の製品。



 
これは、「ハットランドリー」。

帽子専用の除菌・消臭剤です。

しかも、抗菌効果と防カビ効果もある優れもの。
 
 
「シュッ」とスプレーするだけなので、とにかく簡単。

スプレーするだけで完了なのですが、その後に干すことで消臭効果が上がります。
 

③洗濯!

日干しやスプレーでも手に負えない臭いは洗濯しましょう。
 
 
ただし、帽子の素材も様々。

家庭で洗濯ができない製品もありますので、気をつけてください。

洗濯

もし、帽子にこのマークがあれば、家庭での洗濯はできません
 
 
このマークの「バッテン」がないものは、洗濯機での洗濯が可能。

そして、このマークの「バッテン」がなく、「手」のマークがある場合は洗濯機では洗えません。

「手」のマークの場合、家庭で洗えますが、必ず手洗いをしてください。
 

④漂白!

家庭でできる、消臭の最後の手段が「漂白」。

洗濯しても臭いがとれない場合は漂白しましょう。
 
 
まずは、漂白できない素材もありますので気をつけてください。

漂白剤

この、「三角とバッテン」マークがあれば漂白は禁止です。

漂白はあきらめてください。

漂白剤

上のマークであれば、酸素系漂白剤の使用が可能

花王であれば「ワイドハイター」などが使えます。

漂泊の際は、必ず漂白剤の説明書にある「規定量」「規定の浸けおき時間」を守ってください。
 
 
「キッチンハイター」は塩素系漂白剤なので、使ってはいけません。

漂白剤

ちなみに、上のような空白の三角形のマークの場合は、酸素系漂白剤に加え塩素系漂白剤が使用可能です。
 
 
ですが、塩素系漂白剤はかなり強力な薬剤なので、生地のいたみの原因に…。

塩素系漂白剤は、やめた方がいいでしょう…。
 

⑤クリーニング店!

洗濯や漂白ができない素材の場合は、プロであるクリーニング店に任せましょう。
 
 
キャップやニット帽などは、安くて数百円、高くても2,000円くらいですみます。
 
 
ただし、麦わら帽子やレザー帽子の場合は高額に…。

麦わら帽子で、2,000円~5,000円。

レザー帽子で、4,000円~6,000円。
 
 
ですが、価格はお店によって様々なので、出す前に料金を確認してください。
 


 

2.帽子の臭いの予防方法!

帽子は、クサくならないように予防しましょう。
 
 
雑菌の繁殖を防ぐことで、ある程度の臭いは抑えることができます。

そのためには、雨で濡れた際は水分を拭き取ってください。
 
 
そして、拭き取ったら乾かします。

最初の項目で説明したとおり、風通しの良い場所で日陰干しが理想。
 
 
 
雨に濡れる場合もありますが、汗で濡れる場合もありますよね…。

この場合も、とにかく乾かしてください。
 
 
ジメジメした場所は、雑菌が大好きな環境です。

乾燥させることが大切。
 
 
それから、汗を帽子に到達させない方法もあります。



 
これは、「アセトールサラッピィ」。
 
 
帽子に貼れば汗を吸い取りますので、帽子に汗が届きません。

紙おむつなどに使われる、吸水ポリマーを使っていますので、大量の汗を吸い取ります。

ところで、汗をかくのは頭の他に椅子に座った時のお尻も同様…。

蒸れますよね…。
 
 
そういった、椅子に座った時の蒸れを防ぐ方法を解説した記事がありますので、よかったらご覧ください。

椅子に座ると蒸れる!その対策の数々を徹底的に解説するよ!

色々な対策がありますよ。

 
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、帽子の臭いの取り方についてでした。
 
 
帽子の臭いを取るには、風通しの良い場所で干すこと。

これは、臭いを予防する効果もありますので、常に心掛けましょう。
 
 
雑菌が好む、ジメジメした環境を排除することが大切です。

ところで、帽子よりもさらにクサいのが「靴」…。

しかも、簡単に洗濯するわけにもいきません。
 
 
ということで、靴を洗わずに消臭する方法を解説した記事がありますの、下のリンクから覗いてみてください。

靴が臭いけど洗えない!そんな時の最適な手法を紹介するよ!

あと、狭いスペースでの部屋干しアイデアを紹介した記事もありますよ。

ワンルームの部屋干しの場所は?意外なところが使えるよ!

 





関連記事と広告

-掃除・洗濯

Copyright© Investigate Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.