お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

掃除・洗濯

ハンガーで肩に跡がつかない方法!実は意外に簡単だよ!

更新日:

 
服をハンガーに掛けておくと、服のちょうど「肩」の部分がピョコっと跡がついてしまいます…。
 
 
服を掛けておく時間が短ければ比較的大丈夫なのですが…。

掛ける時間が長くなればなるほどその影響は大きく、跡の部分がより目立ってしまいます…。

さらに、服の生地が伸縮性の大きいニット系などになると、その跡はより大きく…。
 
 
そんな、衣服に結構な被害を及ぼすハンガー…。

どうにかして防ぐ方法はないものか…。
 
 
 
ということで、跡の防止対策を徹底的に深掘りしましたよ!

本記事では、ハンガーから衣類を守る方法、特に肩の部分に跡をつけない方法をわかりやすく解説していきます!

どうぞ、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.ハンガーで肩に跡がつかない方法!

肩に跡をつけないためには、跡がつく原因を理解することが大切。

肩につく跡は、ハンガーが衣類に与える「圧力」が原因です。
 
 
その圧力…、たとえば「人の肩」など衣類の生地に接している面積が大きければ、圧力が広く分散するために生地に跡はつきにくくなるのですが…。

それが「人の肩」ではなく細い「ハンガー」になると、ハンガーに接している生地の面積が小さくなりますよね…。

すると、生地の肩の部分に圧力が集中し、時間が経過することで耐えられなり徐々に伸びてしまうという仕組み
 
 
 
たとえば、注射針は先端が鋭くなっていて肌に突き刺さります…。

その理由は、肌に接する面積が小さいため、その部分に圧力が集中することで大きな力となって突き刺さるということ。

これが、面積が大きい割り箸を押し付けたとしても、肌に突き刺さりませんよね…。
 
 
 
つまり、衣類の肩に跡をつけなくするには、衣類とハンガーの接する面積をなるべく大きくすることが大切

ということで、その面積を大きくするために、ハンガーにタオルを巻きましょう!
 
ハンガー
 
上の画像のとおり、ハンガーの肩に接する部分にタオルを巻いて、輪ゴムなどで固定するだけでオッケー。

簡単ですよね。

外れるのが心配であれば、輪ゴムの数を増やしてください。
 
 
それでも心配であれば、下の画像のように洗濯バサミで留めると外れにくくなりますよ
 
ハンガー
 
ちなみに、どこの家庭にもあるタオルを使った方法を紹介しましたが…。

これは、タオルでなくても構いません。
 
 
何を使っても大丈夫です。

要は、ハンガーの肩にあたる部分をより大きくし、接する面積が広くなれば何でもいいのです。
 
 
お試しください。
 


 

2.肩に跡をつけないためのアイテム!

前項では、手っ取り早く家庭にあるものを使っての対処法を解説しましたが…。

「いちいちタオルを巻くのは面倒…」という方のために、面倒な作業を必要としない「肩に跡をつけないためのアイテム」を紹介します。
 
 
最初は、下の「ジャケット用」のハンガー。


 
ジャケットの型崩れを防ぐために、衣類に接する面積を広くつくられたハンガー。

さらに、一番肝心な肩の部分が特に広くなっています
 
 
それから、肩の部分だけを大きくしたタイプもありますよ。


 
肩の部分はしっかり広く、大きくする必要のない部分は細いままのハンガー。

その分、コストカットされていますので、ジャケット用ハンガーより若干お安く購入できます
 
セーター
 

3.肩についた跡を元通りにする方法!

最後に、肩についた跡を元通りにする方法を説明しますね。
 
 
衣類の跡は、髪の毛の寝ぐせと同じで「熱」を加えることである程度元通りになります。

「熱」だけでもかなり戻りますが、それに「水分」を加えると効果があがりますよ。

髪の毛の寝ぐせも、霧吹きで水分を与えてから熱を食えた方が効果は大きいですよね。
 
 
 
そこで、「水分」と「熱」の双方が揃ったアイテムが「スチームアイロン」「スチーマー」

スチームアイロンはセッティングが面倒ですが、スチームを吹き付けるタイプのスチーマーだと簡単ですね。

ポッコリと膨らんだ衣類の肩の部分にスチームを吹き付けることで、ある程度元通りになりますよ。
 
 
スチーマーがない場合は「ドライヤー」を代用しましょう。

霧吹きで水分を与えてからドライヤーの熱を充てるだけ。

水分があった方が効果的ですが、霧吹きがなくてもある程度戻ります。
 

ところで、本記事はハンガーに関する内容でしたが…。

ハンガーつながりで、以下の関連記事はいかがでしょうか?

ハンガーの服が滑らないようにする方法!裏技は意外に簡単!

ハンガーが風で飛ばないための工夫!動かないように固定可?

よかったら、こちらも参考にしてください。

 
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、ハンガーから衣類を守る方法、特に肩の部分に跡をつけない方法についてでした。
 
 
衣類に跡をつけないようにするには、ハンガーと衣類の接する面積をなるべく広く大きくすることがポイント。

そして、その部分を大きくするための一つの方法として、タオルを巻きつけるというものがあります。
 
 
巻きつけるものは、タオルでなくても何でも大丈夫ですよ。

どうぞ、お試しください。
 

それから、関連記事の紹介ですが…。

室内の洗濯物を干すスペースが狭くて困っている方は、下の記事をぜひご覧ください。

ワンルームの部屋干しの場所は?意外なところが使えるよ!

また、大きいシーツの部屋干し方法については、下の記事をどうぞ。

シーツを部屋干しする方法を解説!早く乾かすコツはこれだ!

意外に便利なアイテムがありますよ!

 

関連記事と広告

-掃除・洗濯

Copyright© Investigate Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.