お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

掃除・洗濯

「イオン発生器」と「オゾン発生器」の違いを徹底解説!

投稿日:

 
「イオン発生器」と「オゾン発生器」。

ちまたの噂では、なんと!どちらも「ウイルス除去」の効果があるらしい…。
 
 
特に最近では、この恐ろしい「ウイルス」に対する各自の防御対策が、生活する上で欠かせないものとなりました。

ウイルスに効果があるのであれば、ぜひ取り入れたい!!
 
 
 
ということで、この2つの装置の効果を徹底的に分析してみましたよ!

本記事では、「イオン発生器」と「オゾン発生器」の違いや、メリット・デメリットなどについてわかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「イオン発生器」と「オゾン発生器」の違い!

まずは、「イオン発生器」と「オゾン発生器」の違いを端的にお伝えします。

「イオン発生器」とは、イオンを発生させて「ウイルス除去」「除菌」「消臭」「静電気抑制」をする装置。

「オゾン発生器」とは、オゾンを発生させて「ウイルス除去」「除菌」「消臭」「花粉除去」をする装置。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「イオン発生器」とは!

「イオン」は、電気を帯びた原子などのこと。
 
 
「イオン」は、プラスイオンとマイナスイオンが放出されると、まずそれぞれが水分と結びつきます。

そして、それらが今度は空気中の異物と結びつこうとするのですね。
 
 
そういった性質を利用して、イオンとウイルス・細菌・ニオイ成分を結び付ける装置が「イオン発生器」。

イオンに捕まった、ウイルス・細菌・ニオイ成分は無力化されてしまいます。

ウイルス
 

②「オゾン発生器」とは!

「オゾン」は、酸素と酸素原子で構成されています。

酸素は「O2」ですが、オゾンは「O3」。
 
 
実はこの「O3」なのですが、他の物質と結びついて、安定した「O2」に変化しようとします。

「O2」になろうとすることとは、要するに「酸化」のこと。
 
 
そして、この「O3」が結びつくものが、空気中に存在する異物です。

そういった、「オゾン(O3)」が異物と結びついて酸化しようとする性質を利用したのが「オゾン発生器」。

「オゾン」は、空気中のウイルス・細菌・ニオイ成分・花粉などと結びついて、それぞれを無力化します。
 


 

2.「イオン発生器」と「オゾン発生器」のメリット・デメリット!

「イオン発生器」と「オゾン発生器」の共通点は、「ウイルス除去」「除菌」「消臭」。

そして、どちらが優れているのかといった実証データは存在しません…。

ですから、「ウイルス除去」「除菌」「消臭」を判断基準にするならば、どちらを選ぶかは好みの問題になります。
 
 
 
「花粉除去」に期待するならば「オゾン発生器」の方

「イオン発生器」には「花粉除去」の機能はありませんが、「空気清浄機」とセットの機器であれば問題は解消されます。

シャープのプラズマクラスターと空気清浄機のセット、パナソニックのナノイーと空気清浄機のセットなどがそれ。
 
 
あと、「静電気抑制」を重要視するならば、「イオン発生器」の一択です。
 
 
 
価格的な面においても、どちらもピンキリで様々。

数千円のものもあれば、数万円のものもあります。

機器のレベルで効果にも差がある可能性もありますし、価格面での比較は困難といえます。
 
 
 
あえてあげるならば、「オゾン」は「イオン」に比べて、高濃度になると有害物質であるということ

ただし、あくまでも「高濃度」であればということです。

当然ですが、「オゾン発生器」はそういった人体への影響がないよう、機器からのオゾン濃度は調整されていますのでご安心を。
 


 

3.「イオン発生器」と「オゾン発生器」のおすすめ!

一応ですが、自分がおすすめする「イオン発生器」と「オゾン発生器」を紹介します。
 

①超小型オゾン発生器「オゾバリア」!

「オゾン発生器」の中でも超小型で持ち運びに便利なのが、この「オゾバリア」。

 
厚みは2センチ以上ありますが、縦横は10センチ×5センチとスマホより小型です。

特に最近ではウイルスがとても気になりますが、常に携帯することでそういった悩みを軽減してくれるのではないでしょうか!

「オゾバリア」を実際に使った方の評判をまとめた記事がありますよ。

最安値も調査していますので、もしよかったら覗いてみてください!

「オゾバリア」の口コミを集約してその効果を検証してみた!

 
 

②車載用イオン発生器「ナノイー発生器F-GMK01」!

「イオン発生器」のおすすめは、パナソニックの「ナノイー発生器F-GMK01」。



 
なかなかのコンパクトサイズで、直径が6.6センチで、高さが15センチ。

基本的に車載用なのですが、別売りのACアダプターを購入すれば職場や自宅でも使用可能です。
 
 
パナソニック製の「ナノイー」は、シャープの「プラズマクラスター」と並んで人気の商品ですよ!
 
 

③トイレ天井設置イオン発生器「プラズマクラスターIG-LTA20」!

「ナノイー」を紹介しましたので、同じ「イオン発生器」であるシャープの「プラズマクラスター」も紹介します。



 
「プラズマクラスターIG-LTA20」はトイレ専用。
 
 
トイレには普通、天井に照明が設置されていますが、その照明用のソケットに取り付けます。

照明の代わりに取り付けるので、もちろん本体にLEDランプがついていますよ。
 
 
当然ですが、トイレは臭い場所。

その嫌なニオイを、芳香剤ではなくイオンで根こそぎ取り除きます。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「イオン発生器」と「オゾン発生器」の違いとメリット・デメリットについてでした。
 
 
「ウイルス」への警戒心が高まっている現在においては、特に注目の製品です。

ちなみに、「ウイルス」や「細菌」などに対する効果は「イオン」「オゾン」ともにしっかりと証明されています。
 
 
その内容については、商品のリンク先である公式サイトなどをご覧ください。

特に、「オゾバリア」については実証試験のデータが掲載されていますよ!

「イオン発生器」と「オゾン発生器」の違いについて説明しましたが、「オゾン発生器」と「空気清浄機」の違いを比較した記事がありますよ。

もしよかった、下の関連記事をご覧ください。

「オゾン発生器」と「空気清浄機」の違い!徹底解説するよ!

 





関連記事と広告

-掃除・洗濯

Copyright© Investigate Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.