Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「乗せる」と「載せる」の違いは何?微妙な違いを明瞭に文例で解説!

      2018/07/23

Pocket
LINEで送る

「子供を車にのせる」「荷物を車にのせる」「電波にのせる」「記事にのせる」「口車にのせる」、さてこれらは「乗せる」でしょうか?それとも「載せる」?
どちらの漢字を使うか、分かりますか。
ということで、今回は「乗せる」と「載せる」の違いや使い分けをご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.「乗せる」と「載せる」の違いは何?

「乗る・乗せる」を、辞書で調べます。

【乗る・乗せる】
・乗り物の中に入れる。(電車に乗る)
・だましたり、おだてたりして、自分の思うような状態にする。(口車に乗せる)
・調子を合わせる。(リズムに乗せる)
・伝達手段を通して流す。(電波に乗せる)
・仲間に入れる。(一口だけ乗る)

 
という意味があります。

一方の「載る・載せる」は、辞書では以下とおりです。

【載る・載せる】
・ある物の上に他の物を置く。(荷物を載せる)
・記事として出す。掲載する。(記事を載せる)

 
という意味があります。

乗せる1

「乗る・乗せる」と「載る・載せる」を比べたときの違いは以下のとおりです。

【「乗る・乗せる」と「載る・載せる」の違いのポイント!】

ポイント①人がのるときは「乗せる」
「乗る・乗せる」は、本来は「車に乗せる」「船に乗せる」「飛行機に乗せる」「馬に乗せる」など、乗り物に対して人が乗る場合に使います。

ポイント②人を調子にのせるときは「乗せる」
「乗る・乗せる」は、乗り物に乗せる意味が転じて、だましたりして自分の思うような状態にする意味として「調子に乗せる」「口車に乗せる」といった使い方をします。

ポイント③電波・風・波・大台にのるときは「乗せる」
「乗る・乗せる」の方は基本は人物がのる場合なのですが、幅広く使われており「打球が風に乗る」や「花粉が風に乗る」といった人物以外でも使われます。
数値が大台にのるときも、人ではありませんが「乗せる」を使います。

ポイント④物をのせるときは「載せる」
「載る・載せる」は、ある物の上に物を積むという意味で「机の上に本を載せる」「トラックに荷物を載せる」といった人以外の物を載せる場合に使います。

ポイント⑤記事や写真などを新聞や雑誌にのせるときは「載せる」
「載る・載せる」は、「新聞に記事を載せる」「雑誌に広告を載せる」など、紙面に掲載する場合にも使います。

 
「乗る・乗せる」と「載る・載せる」は両方使える場合もあり、明確な誤用とはいえないことが多いです。
 

スポンサードリンク

 

2.「乗せる」と「載せる」の使い分けを例文で解説!

では、「乗せる」と「載せる」の使い分けを例文でご紹介します。

【「乗る・乗せる」と「載る・載せる」の使い分け!】

・車に子供を「乗せる」
乗り物に人をのせるときには「乗せる」。

・車に荷物を「載せる」
人以外の物は「載せる」。

・記事に「載せる」
記事を紙面に掲載する場合は「載せる」。

・ケーキにイチゴを「載せる/乗せる」
人ではないので「載せる」ですが、「乗せる」を使うこともあります。

・電波に「乗せる」
電波に情報をのせる場合は人物以外でも「乗せる」を使います。

・口車に「乗せる」
だましたりして自分の思うような状態にする時は「乗せる」。

・甘い話に「乗せる」
だましたりして自分の思うような状態にする時は「乗せる」。

・策略に「乗せる」
だましたりして自分の思うような状態にする時は「乗せる」。

・大台に「乗せる」
数値の場合は人物以外でも「乗せる」を使います。

 
こんな感じで使い分けます。

乗せる2

「電波に乗せる」や「大台に乗せる」は、どっちの「のせる」なのかぱっとは思いつかないかもしれませんね。

私も書きながら「どっちだっけ?」と、辞書を引きました。

こうして見ると、「乗る・乗せる」に比べて、「載る・載せる」を使うシーンは限定的ですね。

ですから、迷った際の使い分けのポイントは、限定的である「載る・載せる」を使う場面だけを覚えておくのがよいです。

「載」の字の入った単語を覚えておくと、「『乗る・乗せる』ではなく『載る・載せる』を使うシーンだ」と分かりやすいです。

「載」の漢字が入った単語がこちら。

・掲載
・記載
・積載
・搭載

「のせる」をこれらの単語に置き換えることができるときには「載せる」を使います。

例1)記事を載せる→記事を掲載する
例2)荷物を載せる→荷物を積載/搭載する
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が「乗せる」と「載せる」の違いや使い分けについてでした。

両者の違いや使い分けは曖昧な部分もありますが、とりあえずは「人については『乗せる』」「物では大体『載せる』」「記事や写真は『載せる』」と覚えておくとよいです。

「大台に乗せる」や「風に乗せる」「電波に乗せる」などでは原則や使い分けのルールからおさえるよりも「こっちの『のせる』を使うもの」とシンプルに覚えてしまった方が早いかもしれません。

ペットを車にのせるときには……人ではないので「載せる」ですが、これは私がペットを飼っていないからかも。

でも、ペットって荷物ではないですよね。

ペットの動物はやっぱり、荷物というより家族の一員ですので「乗せる」の方がしっくりくるかな。

 - 暮らし・生活・雑学