お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「現状」と「実態」の違いを解説!実は決定的な差があったよ!

投稿日:

 
「現状」と「実態」。

日常生活や仕事でふんだんに使う言葉です。

でも、この違い…、まぎらわしいですよね。
 
 
「現状を報告」

「実態を報告」

このように、2つ並べても同じことをいっているような…。
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、「現状」と「実態」では決定的な違いがありました!
 
 
本記事では、「現状」と「実態」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「現状」と「実態」の意味の違い!

最初に、「現状」と「実態」の意味の違いを簡潔にお伝えします。

「現状」とは、物事の現在の様子、ありさまのこと。

「実態」とは、物事のありのままの様子、ありさまのこと。

 
一言で表現すると、こういった違いです。

それでは、さらに詳細に紐解いていきますね。
 

①「現状」の意味とは!

「現状」は、物事の現在の様子、ありさまのこと。

現在の状態ということもできますね。
 
 
ポイントとなるのが「現在」という部分

これはつまり、「過去」の状態ではいけません。

現在の様子でなくてはいけないということです。
 
 
 
たとえば、仕事の外出先でトラブルが発生し、上司に相談した時に言われるのが「現状を報告しろ」「現状はどうなっている?」といった言葉。

この場合、上司が知りたいのは「現在の状態」「現在の様子」です。

そして、報告する内容は「今、お客様の怒りが収まりそうもありません」「現在は、とても話し合いができる状態ではありません」といった、現在の様子を伝えることになるのですね。

大声
 

②「実態」の意味とは!

「実態」は、物事のありのままの様子、ありさまのこと。

実際の状態ということもできますね。

そして、ポイントとなるのが「ありのまま」という部分
 
 
この「ありのまま」を強調しているのには理由があります。

たとえば、一目で理解できるような物事であれば、「状態」や前の項目の「現状」といった言葉でよいわけで。

では、「状態」や「現状」にはない「実態」の意味とは…。

それは、一目で確認できない、外からはなかなか見えないものの様子に使うのが「実態」なのです。
 
 
 
たとえば、「子供の貧困の実態を探る」といった使い方をします。

これは、なかなか知ることができない、隠れて見えにくい子供の貧困状態を探るという意味。
 
 
あとは、「外国人の不法就労の実態に迫る」といった使い方。

これも、外国人は不法の場合は隠れて仕事をしますので、なかなか見えにくいものです。
 
 
 
要するに、表面に見えない部分、そういった物事の様子に対して使うのが「実態」ということ。

「ありのまま」には、暗にそういった意味があるのです。

違法
 

③「現状」と「実態」の違いを整理!

それでは、ここで一度「現状」と「実態」の意味の違いを整理します。
 
 
物事の現在の様子、ありさまが「現状」。

「現在」が最大のポイントで、一目でわかるものか隠れているものかといったことは問いません。
 
 
物事のありのままの様子、ありさまが「実態」。

「ありのまま」という部分がポイントで、「一目でわからない」「隠れているもの」の状態のことを暗に示しています。

「実態」は「現在であるかどうか」はポイントではありませんが、あんまり古い情報だと使えないかもしれませんね。
 


 

2.「現状」と「実態」の辞書での意味!

続いて、辞書による「現状」と「実態」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「現状」の辞書での意味!

【現状】

・現在の状態。現況。「―打破」

引用元:旺文社国語辞典

説明したとおりの内容ですね。
 

②「実態」の辞書での意味!

【実態】

・実際の状態。実情。「―を調査する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりですが、「見えない部分」「隠れているもの」といった表記は特にありません。

実情2
 

3.「現状」と「実態」の使い方!

最後に、「現状」と「実態」の使い方を例文で紹介します。
 

①「現状」の使い方!

・日本銀行は金融政策の現状維持を決定しました。

・常識を覆す女性の社会進出で現状打破できるか?

・情報セキュリティ対策の現状把握を支援。

・今どきの若者の現状について詳しく聞いた。
 

②「実態」の使い方!

・キャッシュレス決済の実態調査を行う。

・勤務実態を探るため県教職員組合が行った調査。

・収支の詳細な報告がないため実態解明が進むかは不透明。

・飛行機のバードストライクの実態とは。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「現状」と「実態」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「現状」は、物事の現在の様子、ありさまのこと。

「実態」は、物事のありのままの様子、ありさまのこと。
 
 
「現在」がポイントになるのが「現状」、「ありのまま」がポイントとなるのが「実態」です。

「現状」と「実態」の意味の違いを説明しましたが、「実態」と似た意味の言葉で「実際」があります。

「実際」と「実態」の違いも意外にまぎらわしいです…。

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「実際」と「実態」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.