お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

Investigate Blog

暮らし・生活・雑学

「実際」と「実態」の違いを解説!意味を徹底的に深掘り!

投稿日:

 
「実際」と「実態」。

「実」という字が共通点で、似ています…。

「実」は、「実話」「実物」といった使い方をするとおり、「本当の…」といった意味合い。

では、「実際に見る」と「実態を見る」では何がどう違うのか?
 
 
 
ということで、この2つの言葉の意味を徹底的に分析してみましたよ!

実は、全く意味が違っていました!
 
 
本記事では、「実際」と「実態」の意味の違いと使い分けについて、わかりやすく解説していきます。

かなり深掘りしましたので、ご期待ください!
 

スポンサードリンク

 

1.「実際」と「実態」の意味の違い!

まずは、「実際」と「実態」の意味の違いを端的にお伝えします。

「実際」とは、聞いた話や本や写真の情報などに対する、本当のありさまのこと。

「実態」とは、表面だけでは分かりにくいものに対する、本当のありさまのこと。

 
一言であらわすと、こういった違いです。

それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。
 

①「実際」の意味とは!

「実際」は、聞いた話や本や写真の情報などに対する、本当のありさまのこと。

「聞いた話」「本や写真の情報」といった部分がポイントです。

これはつまり、まだ実物を直接見たり触れたりしていない状態から、本物を見たり触れたりするということ。

これが、「実際に見る」であり、「実際に触れる」です。
 
 
また、その他に「想像に対する」や「頭に浮かんだものに対する」「推測に対する」といったものも含まれますよ

「頭に浮かんだこと」の場合は「実際にやってみる」「実際に行動に移す」ということになります。
 
 
 
わかりやすくするために、具体的な例で説明しますね。

たとえば、「巨大だと聞いていたが、実際に見たらそれ程でもなかった…」といった使い方をします。

これは、「聞いた話」が前提にあって、本物を目にしたら違っていたということです。
 
 
あとは、「ハワイの素晴らしさは、実際に行って感じた方がよい」といった使い方。

これは、「ハワイの良さは、言葉では伝わらない」ということが前提にあって、本当にハワイに旅行するべきといった意味ですね。

ハワイのディズニーにアトラクション2
 

②「実態」の意味とは!

「実態」は、表面だけでは分かりにくいものに対する、本当のありさまのこと。

「表面だけでは分かりにくい」という部分がポイント。

要するに、普通に見ただけではわからないような物事、真相がよくわからないような物事の本当のありさまに使うのが「実態」なのです。
 
 
 
たとえば、「闇サイトの実態を解明する」といった使い方をします。

「闇サイト」ですので、当然ですが水面下で見つかりにくい状態のサイトということ。

犯罪の温床となる「闇サイト」を調べて、本当のありさまを解明するという意味です。
 
 
 
あとは、「ギャンブル依存症の実態に迫る」といった使い方。

これも、ギャンブル依存症がどれほど広がっていて、どれほど深刻な状態なのかというのは分かりにくいですよね。

そいった、本当の姿が「実態」ということ。

過失
 

③「実際」と「実態」の違いを整理!

それでは、ここで一度「実際」と「実態」の意味の違いを整理します。
 
 
「実際」も「実態」も本当のありさまのこと。

ただ、何に対する「本当のありさま」なのかというところがポイントです。
 
 
「実際」は、聞いた話や本や写真の情報などに対する、本当のありさま。

「実態」は、表面だけでは分かりにくいものに対する、本当のありさまということです。
 


 

2.「実際」と「実態」の辞書での意味!

続いて、辞書による「実際」と「実態」の意味がどうなっているのか確認していきます。
 

①「実際」の辞書での意味!

【実際】

①物事のありのままのようす。本当のありさま。「―と話とは違う」

②実地の場合。「理論と―」

引用元:旺文社国語辞典

意味①は説明したとおりの内容ですね。

意味②は「理論」や「推測」などに対する「実際」で、意味はほぼ同じです。
 

②「実態」の辞書での意味!

【実態】

・実際の状態。実情。「―を調査する」

引用元:旺文社国語辞典

説明どおりの内容ですね。

ただし、「表面だけでは分かりにくい」といった注釈は特にありません。

調査
 

3.「実際」と「実態」の使い方!

最後に、「実際」と「実態」の使い方を例文で紹介します。
 

①「実際」の使い方!

・一緒に撮影したが、実際にUFOが出現することはなかった。

・選手のプレーを実際に見た感想は…。

実際の作業に触れて感じてもらうことが目的。

実際に現場に移動して工事の様子を見学する。
 

②「実態」の使い方!

・ポイント還元の不都合な運用実態とは。

・日本の住環境における微生物分布の実態

・上海市のとある寿司屋の実態について。

・法人組織におけるセキュリティー実態調査。
 

スポンサードリンク

 

まとめ

以上が、「実際」と「実態」の意味の違いと使い分けについてでした。
 
 
「実際」は、聞いた話や本や写真の情報などに対する、本当のありさまのこと。

聞いた話や本以外にも、「想像」「推測」「空想」「考え」に対するというものもあります。
 
 
「実態」は、表面だけでは分かりにくいものに対する、本当のありさまのこと。

なかなか見えにくいものの、本当の姿ということです。

「実際」と「実態」の意味の違いを説明しましたが、似た意味の言葉で「現状」があります。

「実態」と「現状」も、同じようで実は微妙に違いますよ!

もしよかったら、下の関連記事をご覧ください。

「現状」と「実態」の違いを解説!実は決定的な差があったよ!

 





関連記事と広告

-暮らし・生活・雑学

Copyright© Investigate Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.